« 違っているからこそおもしろい──でも、伝えあうって難しい? | トップページ | 手の中の記憶には限界がある »

2002.11.30

光島貴之がみる近代彫刻 出品リスト

美術の中のかたち~手で見る造形~

光島貴之がみる近代彫刻
兵庫県立美術館

出品リスト

1. 手と顔の対話シリーズより 立体コピー(サイズ未定)
→●オーギュスト・ロダン 痙攣する大きな手 1889 ブロンズ 46.5×27×20.5
→●高田博厚 ポール・シニャック像 1961 ブロンズ 54.0×22.5×33.0

2. ミロのかたち ラインテープ、塩ビシート・アクリル板 89.0×69.0
→●ジョアン・ミロ 人物 1974 ブロンズ 51.0×47.0×38.0

3. 光のぬくもりを感じて ラインテープ、塩ビシート・板 240.0×480.0
→●11.柳原義達 道標 1968 ブロンズ 136.5×128.0×50.0

4. 暗黒への出発II ラインテープ、塩ビシート・アクリル板 100.0×200.0
→●オシップ・ザッキン 破壊された街 1947 ブロンズ 126.0×57.0×50.0

5. フォートリエのトルソを触る ラインテープ、塩ビシート・紙 53.0×45.5
→●ジャン・フォートリエ トルソ 1928 ブロンズ 65.0×30.0×22.0

6. ムーアの母子像を触る ラインテープ、塩ビシート・紙 53.0×45.5
→●ヘンリー・ムーア 母子像 1978 ブロンズ 58.0×35.2×22.0

7. メビウスの環から 立体コピー
→●関根伸夫 メビウスの環 1979 ブロンズ 64.0×31.0×18.0

サイズの表記は、平面は(縦)×(横)cm、立体は(高さ)×(横幅)×(奥行)cmとした。

|

« 違っているからこそおもしろい──でも、伝えあうって難しい? | トップページ | 手の中の記憶には限界がある »

作品・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光島貴之がみる近代彫刻 出品リスト:

« 違っているからこそおもしろい──でも、伝えあうって難しい? | トップページ | 手の中の記憶には限界がある »