« 1年を振り返る (2) | トップページ | 今年の後半 »

2004.01.25

1年を振り返る (1)

 いま、手元に2つの賞状がある。
1枚は、英文で書かれているサンフランシスコの市長からの表彰状。
もう1枚は、和紙に飾られた兵庫県立美術館長からの感謝状
 さて、どちらがぼくにとって価値あるものなのか。
それはハッキリしている。

昨年の9月、サンフランシスコの Eleonore Austerer Gallery で個展をした
ときに、オープニングレセプションでもらった表彰状は、いまだになぜもらった
のかその理由がわからないからだ。
「あなたは、その道を極め、日米友好に寄与した」というようなことが書いてあ
るらしい。
しかし、ぼくは、市長にも会っていないし、作品を見てもらった覚えもない。
先頃、送り返されてきたサンフランシスコからの荷物の中には、なぜか市長にプ
レゼントしたはずの作品が入っていた。
いったいあのレセプションはなんだったんだろう。
言葉の壁とか、行き違い以上の、なにかアートに対する価値観の違いのようなも
のがあったように思う。

 一方、兵庫県美の感謝状は、
『光のぬくもりを感じて』という作品を寄贈いただきありがとう、というものだ。
新聞や雑誌などでも取り上げてもらった展覧会だし、企画をしてくれた学芸員の
服部さんともかなりのやりとりをさせてもらって、実現した展覧会だったので、
思い入れもひとしおだ。作品の新しい展開にも繋がる有意義な展覧会だった。
従ってこの2つの紙切れは、明らかに重みが違う。

昨年は、かなり展覧会をこなした。
展覧会に出品しただけで、12回。
もちろんそれらの中には、グループ展で2、3点出したのもあれば、学芸員にお
任せのものもあれば、現地制作までしてかなり入れ込んだものもある。
兵庫県美で始まり、ウッドノートで終わった1年だった。

それ以外に、ワークショップや講演が13回ある。
年に25回もなんらかのかたちで、人前で表現の場を持っているといろんな経験をするものだ。
こんなところでやっていいのかなあと思いながら、出品した展覧会。
不安に思いながらも、終わってみたら納得していた展覧会。
おもしろそうな人から頼まれたので、ついその気になって引き受けたもの。
どうしても判断できず、お断りしたもの。
いろんなことがあった。

|

« 1年を振り返る (2) | トップページ | 今年の後半 »

作品・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1年を振り返る (1):

« 1年を振り返る (2) | トップページ | 今年の後半 »