« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.24

ハートマークのワークショップ

今週の火曜、水曜と大阪市の青少年センターの企画でワークショップをやってました。
 子育て中の親を対象にするということで、どんな参加者になるのか、少し心配しながら会場に向かいました。
1日目は、日之出青少年会館でした。一時保育もあるというので、参加しやすい条件下と思ってましたが、人数が少なくて拍子抜け。
呼びかけ文の中には、次のようなやたらと長い、わかりにくいだろうなあと思われる一文がありました。
「目が見えないこどもの世界を知る手がかりとして、記憶や音、指先の感覚を活かした「触る絵画」のワークショップを通じて、目が見えないこどもたちの世界を体験、共有、交流する中から、目が見えないこどもも、見えるこどもも、ともに豊かに暮らしていける子育てを考えます。」
たぶん、企画者の意図としては、目の見えない子どもを持つ親だけでなく、見える子を持つ親にも参加してほしいという思いがあったのでしょう。
地域で障害児を受け止めていこうという姿勢は理解できます。でも、表現がとてもわかりにくい。子育てで忙しい親にこのようなメッセージが伝わるとは思えない。さらに言えば、企画者の意気込みが感じられなかったという印象もあります。

 2日目は、場所を上新庄の大阪市立盲学校に移して、視覚障害児を持つ親を対象にしたワークショップでした。
ここでは、盲学校の協力もあったのでしょう。14人の参加があり、いつものように活発なワークショップとなりました。
やっぱり、ある程度人数が集まっていろんな個性が集団を作っていた方が、賑やかで大胆な作品も生まれてくるように思いました。
もう1つ、活発になった原因は、自分の子どものためになにかを吸収してやるぞという気構えでしょうか。そういう気迫みたいなものも感じました。

 こちらの反省点としては、福祉という枠組みに乗せられてしまって、自由さに欠ける内容になってしまったかなあと思っています。
なぜなら、今回の子育てというテーマを意識し過ぎて、描くテーマを「育てる」にしてしまったことです。
なかなかいいテーマを思いついたとやり始めたのですが、よくよく考えてみると、子育て真っ最中のときに、改めて「育てる」なんて言われても、おもしろくないやろなあと思ったのです。
で、結果として育てるという言葉のイメージからやたらと「ハートマーク」がたくさん描かれました。
携帯世代の、絵文字文化の現れかとも思うのですが、それにしても毛糸でハートをかたちどる人が多いことには、ビックリでした。
子育てはしなくてはならないものだ! イヤイヤではなく、楽しくやらなければならない! むりやりハートマークで自分の気持ちを鼓舞しているようにさえ思えました。
子育てに疲れて、もうそんな場所から逃げたいと思っている人も居ていいわけで、もっと自由に気持ちを表現できるテーマを選ぶべきでした。

 それにしても、ぼくは目の見えない子どもとして、なにか特別な子育てをしてもらったのだろうか? 目の見えない親として、特別な子育てをしてきたのだろうか? そして、そのどちらからも遠ざかりつつあるということで、改めて年齢を感じたワークショップだった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.02.21

報告 「アートでつなぐ表現のための居場所つくり」

先週土曜日(18日)午後、立命館大学衣笠キャンパス創思館で、「アートでつなぐ表現のための居場所つくり」というテーマで座談会が開かれました。
話題提供者は、ぼく以外に、山本雅俊さん(額匠 雅土呂)と、市川信也さん(写真家・精神科医)でした。
参加者もたぶん定員20名を越えていたのではないかな。3人だけが話すのではなくて、かなり会場からも興味深い意見が出ていました。

 山本さんは、額を作っている人。伝統的な職人さんの枠を1つ飛び越えた感じの人でした。声には、けっこう迫力があって、ゴツゴツした感じて、ぼくには少し怖い人です。
額は境界線であり、境界線は、分割するものでもあるが、繋ぐものでもあるというのが印象的でした。

 市川さんは、精神科医だけれども、写真の魅力にとりつかれて、医学生として留学していたパリ時代にも写真で個展を開いてしまったという人。
医療に携わりながら、アートをやっているというあたり、ぼくとの共通性を感じました。少し、神経質そうだけれども、柔らかい感じの人でした。
デジタルではなくて、アナログであるほど、人とカメラとの関係が近くなって、よりおもしろいものが撮れると主張されてました。

 さて、ぼくは、この集まりにおいてなにができるのだろう。なにを求めていけばいいのだろう。
いま社会的な面でぼくが欲しているのは、ビューの活動(鑑賞や創作)における居場所がほしいということだろうか。
作家としてやっていけるかもしれないと思っているのは、アートを通して、障害者と健常者が繋がったり切れたりする境界線上に立つことだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

お金がものをいいます(その2)

 昨日、お昼過ぎに電話が掛かってきた。
患者さんからの電話かなと思って、はりきって電話口に、
 「そちらに、光島貴之さんという陶芸などやっておられる方がおられましたでしょうか? こちら、美術画報という雑誌を出版しているアートコミュニケーションともうします」
という女性の声だった。
文字にしてしまうと伝わらないが、よくある電話料が安くなるとか、そのたぐいのセールスマニュアに従った話し方だ。
でも、『美術画報』という名前が出てきたので、これはまた、ぼくの作品集でも出してくれるおいしい話しかと少し身構えて、点字メモの用意をして、点筆を握りしめた。

「今回は、半ページの誌面ではありますが、この本は、美術館や図書館に所蔵されていて、……」
「はい。そうですか」
「いま、川越市立美術館に出品されている作品を見られた美術評論家の先生が、特にご推薦で、色遣いも美しいし、空間の配置も例を見ない独自なものだといわれていました。どんなことを意識しながら、制作されているのですか?」
ううん。これはかなりリサーチもしているなあ。評論家の先生の一言も付けてもらえるらしい。

でも、どうも口調がおかしい。と思っていると、向こうから、
「私どもの雑誌は、変なコマーシャルは入れないので、この誌面には、11万なにがしかのご負担をお願いしています。」
という話しを持ち出してきた。なーんや、やっぱりそうか。このたぐいの話は、3度目かな。

「お金の掛かる話しなので、少し考えさせてください」と、電話を切った。
少しはこういうところにも金を掛けて、有名にならないとだめなのかなあ。有名になれば、向こうから無料で企画を載せてくれるようになるのかなあ。
みんなどうしているんだろう。こんなけちなことをいっているから、美術手帳にも取り上げられないし、作品集も出せないのかなあ。

 ぼくは、『美術画報』という本を手にしたこともない。早速、インターネットで検索した。
本格的な美術雑誌らしい。
読んだことある人、そのあたりの事情に詳しい人、どんな雑誌か教えてください。
「無理をしてでも、この雑誌から声を掛けられたら、グズグズいわずにお金を用意して、載せてもらいなさい。きっといいことあるよ」っていうようなアドバイスもあれば、そっと個人メールで教えてね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.02.14

お金がものをいいます

ブログを公開して1週間になります。
個人メールでもいろいろ感想をいただきました。ありがとうございます。
その中に次のようなものがありました。

「文字が細いので、晴眼者には少し読みにくいのです。
特に、最初の黄色い文字は、読むのが困難です。
もう少し太い字体にするか、背景の色とのコントラストを考えた方がよいと思います。
勝手なことを言いますが、ぜひ読みたいので、ご検討ください」

 文字が小さいらしいということは、少し聞いていたので心配していたのです。
しかし、弱視の人の意見を聞くと、黒バックに白い文字というのがけっこう読みやすいというのです。
わざわざ反転させて読むとも聞きました。
ところが、普通に読み書きしている人には、そのあたりがいまいちわからないようです。
しかし、どちらにせよ文字を大きくしないとだめなようです。
それでいろいろ調べてみた結果、やっぱりお金が掛かることが判明!!

 @niftyの「ここログ」というブログを使っているのですが、ぼくは、@niftyの会員なので、無料でブログを1つ持てるのです。
ところが、文字を大きくしたり、行間を空けて読みやすくするには、さらに月額450円を支払わなければならないというのです。
 昨夜その変更手続きをしました。
後はいつもお願いしている向平さんに設定を調整してもらうことになっています。
まもなく読みやすくなるはずですので、お楽しみに。

 ぼくも、ぶろぐのオーナーですから、ここでお金をけちっては、東横インの社長と同じだと自分を納得させてお金を掛けることにしました。なんだかよくわからない理由ですが……。

| | コメント (40) | トラックバック (0)

2006.02.10

雪はくすぐったい

 ブログ公開のメールを発信したのですが、トップの記事がちょっと堅苦しい文章でした。コメントも付けてもらいにくいようなので、少し話題を変えます。
 「雪が降ってるかどうかわかるんですか?」
というような質問を患者さんから受けることがある。
質問の意図は、みえない人は、雪はどんな風に感じているのだろうということらしい。

 改めて雪をどんな風に感じているのか、ぼくは、はたと考えてみた。
雪が足下に積もっていたら、もちろん踏みしめる感じでわかる。
家の中にいてもチェーンを付けた車の音とか、なんとなく音が違う。外に出ると雪の積もっているまちは、とても静かだ。広々と感じる。雪に音が吸収されているからだろう。
そのかわり、点字ブロックも歩道の段差もわけがわからなくなってとても歩きにくい。

 問題は、雪の降り始めとか、ちらついているときに、それが雪なのか、みぞれなのか、雨なのか区別ができるかという問題だ。
傘を差していれば、傘に当たる音で区別できる。
ぼくのように傘の嫌いな人間はどうだろう。
顔に粉雪のようなさらさらした雪が当たると、肌の上で雪が溶けていく感触がたまらなくくすぐったい。
雪は、そのようにして感じている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.07

制作ノート

この文章は、「タッチ、アート!体感する美術展」の図録に掲載するために書いたものです。
図録には、作品の写真もありますので、合わせてご覧ください。

■制作ノート
 『わがままな記憶をかたちにしてさかのぼる』

講演など頼まれると、どうしても話のとっかかりの部分で、自分自身の生い立ちをしゃべることになる。
何度も同じことを話していると、内容が色あせて感じてくる。
それならば、賞味期限の切れた記憶を、もう一度絵によって鮮やかによみがえらせてみようかというのが、今回の思いつきだ。
ひょっとしたらぼくは、人生で何度目かの転機を迎えているのかもしれない。
いままで引きずってきたものを断ち切って、新しい一歩を踏み出す準備をしているのだろうか。

作品の設置場所は、タッチ・コーナーにさせてもらった。
ギャラリーTOMの展示台を参考にして作られたという、壁面に沿って連なる木製の台は、作品をたどっていくのにもってこいの空間だ。
いつもは、壁面に垂直に並べている触覚絵画だが、全長10メートル以上にも及ぶと、触って鑑賞する人からは、手がだるくなったと言われたことが何度かあった。
日頃から、もう少し、いい条件で触ってほしいなあと思っていたので、このコーナーを下見してすぐに飛びついた。
部屋の3辺に連なる展示台は、点字ブロックなどの誘導がなくても、見えない人が1人でその展示台をたどって、行ったり来たりできる。
自分のペースで作品が触れるのである。
手引きの人に遠慮しながら作品を触る必要はない。そういった意味でもこの空間はとても自由だ。

「大きな作品は描かないのですか」とある展覧会場で聞かれたのは、描き出して、3年目ぐらいだっただろうか。
それならということで、A3サイズの立体コピーをいろんな方向に繋げて大きな絵にしてみた。
それが、1999年に発表した『指先で街を歩く──京都からギャラリイKまで』だ。
以後、大きな作品の魅力にとりつかれたぼくは、美術館やギャラリーの壁面・ガラス窓・造作してもらったパネルなど、いろんなところで横幅と高さに挑戦してきた。
いつのまにか、大きな画面にも直接描けるようになった。

立体コピーでの作品もたくさん制作してきたが、一番の難点は、色の表現が使えないことだ。
初めて、色つきの作品にウレタン塗装して触れる作品にしたのが、昨年サンディエゴ
美術館に出品した『Walking in the Town by Touch - from the acupuncturist's
studio』だ。
続いて今年ギャラリーはねうさぎで発表した『なにかがやってくる』には、ラミネート加工を施している。
これでやっと、カラーの作品を自由に触ってもらえるようになった。

今回、新しい試みとして、キューブ状の立体に描くことにした。
これこそ、「平面が立体に出会う」瞬間だと思っている。
今後、このようなかたちで、立体を制作していくつもりだ。

最後に、いろいろ新しい実験に快く技術と労を惜しまず提供してくださっている、伏見工芸の和田雅弘さんに感謝の意を記しておきたい。

2005年11月25日

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.02.06

アートでつなぐ表現のための居場所つくり

 以下のような座談会が、立命館大学でおこなわれます。
語り手は、始めてお会いする方ばかりです。
どんな話しになるのか楽しみです。

■座談会
アートでつなぐ表現のための居場所つくり

人と人がつながろうとするとき、そこに<表現>が生まれます。出会いの場で、互いに“わかる”、“つながる”ための表現は、言葉にとどまりません。むしろ表現やコミュニケーションは、身体深くに根ざしているのではないでしょうか。アートを通じたさまざまな表現は、個人の身体感覚や内的世界に根ざしていると同時に、他者や世界にひらかれ、つながるためのチャンネルになる可能性をもっています。
今回の座談会では、多様な現場で活動しているアーティストたちを招いて、“アート”や“表現”について語り合ってみたいと考えています。この座談会が、わたしたちの最初のつながりとなり、今後の活動に展開していくことを期待しています。
また、表現する主体としての“人”の身の置き所としての居場所=フリースペースつくりへとつなげていきたいと考えています。

語り手:
光島貴之(造形作家)  
山本雅俊(額匠 雅土呂) 
市川信也(写真家・精神科医) 
聴き手:假家素子

日時:2006年2月18日(土)午後2時〜4時
場所:立命館大学衣笠キャンパス創思館2階トレーニングルーム3
申込み:立命館大学人間科学研究所(担当荒堀・春田)
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
tel > 075-465-8358
E-mail > ningen@st.ritsumei.ac.jp
<定員20名・参加無料>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

点字用紙リサイクルコンペ

加藤わこ三度笠書簡にトラックバックしているはずです。
しているはずですというのは、まだぼくがブログになれてないものですから、トラックバックの試しで送らせてもらいます。テストに使ってもうしわけありません。
 加藤さんには、先日「点字用紙リサイクルコンペ」の作品審査でお会いしました。
最近は、府民新聞や市民新聞、各種広報などかなり点字板が配布されるようになってきました。ぼくが大学生の頃、もう30年近く前のことになりますが、その頃は、英語のテキストなど、点訳サークルのボランティア学生にとにかく授業に間に合うようにと点訳してもらってました。点字で書かれたものは、貴重品だったわけです。
しかし、最近では、パソコンによる点訳も普及し、行政による点訳もかなり進んできました。ということは、点字使用者の家庭には、点字用紙があふれるようになってきたわけです。そしてそれらはごみにもなります。点字用紙もリサイクルする必要が出てきたわけですね。
 それで、点字用紙のリサイクル、アイディア商品の開発と、点字用紙を使ったアートな作品の公募がおこなわれました。
http://www.sccj.com
その公募展の仕事に携わっておられたのが、加藤さんだったわけです。
ぼくは、この審査委員のひとりとしてかとうさんにお会いしました。
ぼくがブログを始めたことを伝えると、どうも加藤さんはパソコンにかなり詳しいらしいということがわかりました。以前にぼくの作品も見てもらっていて、コメントを寄せてもらっていたことも判明。それでぼくは、親しみを感じてしまい、ブログについていろいろ教えてもらおうと思っているところなのです。
いまのところ、人のブログにはいると、うろうろするばかりで、なかなか目的の記事が見つけられない状態です。音声化して聞きやすいブログというのがどういうものなのか、自分でやっていてもまだわからないことが多いです。今後ともよろしく。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.02.03

ビュー鑑賞ツアー

*鑑賞ツアーのご案内*

『ひと・アート・まち滋賀 アートリンクプロジェクト』

「ひと・アート・まち」は、アートでまちを人間的で豊かな美しい空間にしようという市民による実験的なプロジェクトです。毎年、近畿の各都市で開催されてきました。
そして今年は滋賀・浜大津のナカマチ商店街を中心に、いくつかの会場を使い、障害のある人の表現や市民や学生の感性が交錯するさまざまな展覧会イベントが行われます。
今回ビューでは、このプロジェクトの1つ、「アートリンク・プロジェクト」の作品展示を鑑賞にいきます。「アートリンク」とは、創造性を持つ障害のある人と、これから新しい世界を切り拓こうとするアーティストとが組となり、お互いの完成や、創造性を刺激しながら、共同で作品を制作していくというもの。8組のペアの作品とそのプロセスの写真などが、3つの会場で展示されます。2人の異なる個性がどのようにリンクされ表現としてあらわれるのか、大津の街の一角を楽しみながら、鑑賞します。
またこの、アートリンクには、ビューのワークショップに参加してくださっている視覚障害のある白井翔さんが、アマカワユイさんというアーティストとペアになり制作、出展しています。2人の繊細で大胆な感性が、作品に織り込まれています。乞ご期待!

----------------------------------------------------------------------------

日程:     2月11日(土) 午後1時30分~午後5時ぐらいまで

展覧会会場:  大津・ナカマチ商店街を中心とする8会場
参加費:  無料

参加募集人数: 視覚に障害のある人 5名
           障害のない人 10名

集合場所:   1 京阪浜大津駅  改札口出たところ(改札は1カ所です)
        2 JR大津駅    北改札口出たところ(湖側)

集合時間:   ともに午後1時30分

当日スケジュール:13:30 駅に集合、
         13:50 会場の1つ、大津祭曳山展示館まで移動
         13:50 あいさつなど
         14:00 グループごとにわかれて鑑賞
              (会場へはそれぞれ相談して行ってください)
         16:00 浜大津アーカス集合
                お茶を飲みながらおしゃべりタイム(個人負担)
         17:00 解散


<申し込み/問い合わせ>
  ミュージアム・アクセス・ビュー (阿部)まで
  携帯電話: 080-5352-7005 
  (留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)
  メールアドレス: access_view@yahoo.co.jp

(受付確認のメールをします。)
**ツアー日まで日にちがせまっております。お申し込みはどうぞお早めに!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.02.02

『目が見えないこどもの世界に触れる~アートワークショップ

 このワークショップは、目のみえない子どもを持つ親の子育て支援を目的にして、おこなわれるものらしいです。ぼくになにができるのかよくわかりませんが、触覚のおもしろさを伝えられたらいいなあと思っています。

『目が見えないこどもの世界に触れる~アートワークショップ
「触る絵画」』

目が見えないこどもたちにとって世界はどのようにひろがっているのでしょうか
?目が見えないこどもの世界を知る手がかりとして、記憶や音、指先の感覚を活かした「触る絵画」のワークショップを通じて、目が見えないこどもたちの世界を体験、共有、交流する中から、目が見えないこどもも、見えるこどもも、ともに豊かに暮らしていける子育てを考えます。

講師:光島貴之さん(美術作家)
★2月21日(火)14:00~16:30 日之出青少年会館
★2月22日(水)9:30~12:00 大阪市立盲学校
締切 2月10日(金)
※参加者多数の場合は30分程度延長になることがあります。
※一時保育を希望される方は青少年会館で実施される回にお申込ください。
問合せ申し込み先
大阪市立日之出青少年会館 〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1-4-18
TEL.06-6323-0003
FAX.06-6323-5563


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.01

29日、川越市美で作品対決

1月29日、日曜は、川越市美で作品対決!!原田和男VS光島貴之という公開制作でした。というよりライブだったかな。
 午前中1回。午後から2回。それぞれ1時間ずつ、計3時間かけて制作しました。
原田さんの作品、音具「シデロイホス」の音をききながら、ぼくが壁面(コーナーを挟んで、14メートルほど)にラインテープで描いていきます。
ぼくは、事前に原田さんのCDを聞きながら、音のイメージをカッティングシートで切り抜いていました。それらを当日着ていた黄色の防寒具に貼り付けて登場です。ここぞと思うところに、切り抜きをはがしてはぺたぺた貼っていきました。
少し行き詰まると、ぼくも、原田さんの鉄の楽器を叩いたりして、気分転換。イメージをため込んで、さらに描き進めます。
とても緊張感のある時間を過ごしました。

脚立に登り、壁面に取り付けられた原田さんの作品にも絡むように描きました。床面にもかなりはみ出しています。
さらに、ぼくは勢い余って予定外の裏側の壁面にまで描き進めてしまいました。
終わりに近づいた頃、ぼくは、どのようにしてこのライブのエンディングを決めようかと悩んでいました。
そしたら、原田さんが自作の金属の円盤を持って登場。これぞと思われる場所に打ち付けてくれました。ぎゅっと作品が引き締まったところで、終わりを迎えることができました。

共演してくれた篠笛の後藤剛史さん、制作のアシスタントをしてくれた阿部こずえさん、どうもありがとうございました。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »