« アトリエ・サジの展覧会 | トップページ | ロビンさん »

2006.03.23

あおぞらに抜ける道

19日・日曜と、21日火曜日、集中して作品を2つ完成しました。
1枚は、透明のアクリル板。厚さ5ミリ、縦69センチ、横89センチです。
タイトルは、『あおぞらに抜ける道II.』です。
なぜII.かというと、今年1月に同じテーマでスケッチブックに描いているから2枚目になるわけです。

 5月におてらハウスで、二人展をやることは以前に書きましたが、その相手方、舟橋さんの自宅に向かう道のイメージなんです。
今出川通りから思文閣美術館のところの路地を抜けて行くのですが、その路地がとても気に入っています。
たぶん途中までは、ビルに囲まれているのでしょう。ある地点までくると、急激に空が広がって、頭の上が軽く感じる場所があるのです。
風も漂ってくるし、天気のいい日なら日差しも感じるし、鳥もさえずっていたりします。
とても開放感のある瞬間なのです。そのイメージをずいぶん前から絵にしたいと暖めていたのですが、なかなかいい描き方が見つかりませんでした。

昨年、ジョルジョ・デ・キリコの展覧会に行ったときに絵を説明してもらっていて、ハット閃いた瞬間がありました。
こういう遠近法で描けば、あの抜ける感じが描けるのではないかと。
でも数ヶ月後、そのイメージを描いてみようと思ったときには、そのひらめきの感覚だけは残っているのに、肝腎な構図がよみがえってこない。
あれだけしっかり頭にたたき込んでいたつもりで、それからも何回か復誦していたつもりなのに。どうしたことか。困った!!
悪戦苦闘しておぼろげな記憶の欠片を1つだけ呼び出せたので、それを頼りに描き始めたところで、新しいカッティングシートの使い方を思い付いた。

まず、カッティングシートを使いたいイメージに切り抜きます。
それをさらに分解するように切り取りながら、切り抜きの断片を少しずつ間を空けて、しかも全体のイメージを壊してしまわないように注意深く再現していくのです。
隙間を作りながら貼っていくので、あたりまえですが、ずれたり、ひずみができたりします。
そのゆがみ具合がとてもおもしろいなあと思っています。

今回使っているカッティングシートの色は、空色(サックスブルー)と濃い青(コバルトブルー)です。ラインテープは、ライトグレーと、イエローオレンジです。
言葉で説明していてもピントこないと思います。ぜひおてらハウスに見に来てくださいね。

なお、この作品ともう1つ、20センチ四方ぐらいのアクリルボックスに描いた作品を公募展に出すつもりです。
カッティングシートのメーカーがやっている公募展なのですが、ある人に勧められて出してみる気になりました。公募展というのは、発表があるまでドキドキで精神的にはあまりよくないんですよね。
それに、選に洩れてもまたいろいろ考えてしまうし。あまりショックを受けないような結果ならいいんだけどなあ。

|

« アトリエ・サジの展覧会 | トップページ | ロビンさん »

作品・展覧会」カテゴリの記事

コメント

おしょうさん、コメントありがとうございます。
 25日・土曜日、西陣ほんやら洞で舟橋さんと打ち合わせをしました。
阿部さんにも加わってもらい、DMのデザインや文字要素を話し合いました。
なんとタイトルは、「街のエロティシズム」に決定。舟橋さんは、視覚的なエロティシズムを、ぼくは触覚的なエロティシズムを描くことになるのかなあ。

投稿: 光島 | 2006.03.27 21:27

着々と制作が進んでいるようで何よりです。楽しみにしています。思文閣美術館の近くへはよく行くので、是非今度試しに抜けてみたいと思います。

投稿: おしょう@おてらハウス | 2006.03.25 23:44

舟橋さん、コメントありがとうございます。
 あの道には、そんな苦い経験があったんですね。
すばらしい道なのに……。酔っぱらってるとスローモーションが見られるんですか。それもおもしろいなあ。ぼくには経験がないです。道が揺れてなかなか前に進めない経験はありますが……。

投稿: 光島 | 2006.03.24 22:03

noppoさん、コメントありがとうございます。
 ジグソーパズルですか。やったことないので、そんな風には考えてませんでした。なるほどそんな感じですね。でもかなり乱れたパズルです。
なぜこんな貼り方を考え出したかというと、どうもカッティングシートを面として大きく貼ろうとすると、気泡が入ったり、紙との伸縮率の違いで後からしわになったりするので、なんかいい方法がないかと思っていたからです。
また実際の作品を見て、いろいろ感想を聞かせてもらうのが楽しみです。

投稿: 光島 | 2006.03.24 21:58

ジグゾーパズルのような絵が出来たのですね。

隙間をあけると 隙間からアクリル板と
アクリル板の下の何かも覗きます。
うーんどんな絵になったかな楽しみにしておきます。

娘達が子供の頃 丸いえびせんべいをいくつかに割って元の形にするジグゾー遊びをしてましたね~~~

投稿: noppo | 2006.03.24 21:13

あの道のことですね。
うちの近くの側に、以前は車が入れないようにチェーン
が張ってあって、駐車場に入る車はいちいちチェーンをはずして入らなければならなかったのです。
ある日の夜中、ぼくは酒を呑んで酔っ払ってタクシーを降りました。タクシーに乗っているときからトイレに行きたかって、近道をしようとしてあの路地を走っていました。すっかりチェーンがあることを忘れて。。
後はどうなったかお分かりでしょう。
酔っていたので、地面がスローモーションで近づいてくるのを見ていました。
痛みで現実に戻りました。
という、あの道には苦い思い出があります。

投稿: ふなはしえいじ | 2006.03.24 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あおぞらに抜ける道:

« アトリエ・サジの展覧会 | トップページ | ロビンさん »