« 武久 源造 | トップページ | 「フンデルトヴァッサー展−人と自然:ある芸術家の理想と挑戦」 »

2006.04.17

「読売ウィークリー」4月10日発売号

京都市立弥栄中学校の弓下さんからの情報です。  ぼくのメールの読み落としです。もう次の号が発売になっていますね。 もし先週号で記事を読んだ人がありましたら、どんな内容か教えてもらえるとうれしいです。 以下、弓下さんのメールから一部引用です。

「先日「読売ウィークリー」に記事を書いたとの報せが届きました。 川越市立美術館の取組や光島さんの作品も取り上げてありました。 美術というものを五感全体でとらえるという視点からの記事で非常に興味ある内容でした。」

|

« 武久 源造 | トップページ | 「フンデルトヴァッサー展−人と自然:ある芸術家の理想と挑戦」 »

取材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「読売ウィークリー」4月10日発売号:

« 武久 源造 | トップページ | 「フンデルトヴァッサー展−人と自然:ある芸術家の理想と挑戦」 »