« 散髪の帰り道 | トップページ | 帽子をかぶって »

2006.04.03

散歩道

ああ、またキャンセル!!治療室が暇だ。 こんなとき、本当は電話予約をひたすら待ちながら、パソコンにでも向かっているのが一番効率的なのだろう。 いつもはそうしているのだが、ちょっと春の気分。外に出たくなった。 たまりかねて3時半頃、郵便局に行く用事を口実に街に飛び出した。

用事を済ませ、さらにこのまま散歩に行くかどうか迷ったあげく、北大路堀川の交差点を 4分の3回って紫明通りに向かってしまった。散歩コースである。 堀川紫明を左手、東に曲がる。 この紫明通りは、東西に走っているのだが、賀茂川に阻まれて、通り抜けの道ではない。 広いわりに交通量が少ない。 少し歩くと、線香の香り。でもそれは気のせいかもしれない。葬儀場の前を 通り過ぎるのだ。続いて、かすかに沈丁花の花の香り。どうもぼくは、秋は きんもくせい、春は沈丁花に誘われて外に出たくなるようだ。

新町通に差しかかるあたりだったか、なにかが風にはためいてカランカランと音がして いるところがある。あの音はなんだろう。誰かに聞かないと。 新町通を過ぎてもう少しいくと、いままで歩道の滑りがよかったのが急にガサガサして くる。杖が引っかかって足裏にもざらつきを感じる。ここはどうなっているんだろう。 目印にはなっていいのだが、なぜこんな足触りになっているのだろう。 一筋細い通りを過ぎて次の信号が、たぶん室町通り。その角を左手に曲がる。 北に向かう。この道は、暫く前に工事をしていた。ずいぶん長く掛かっていたようだった。

きれいに舗装され、両側の(正確には、ぼくが確認しているのは、左側だけだ) 歩道の部分にタイルが引かれているようだ。車道と歩道の境目に縁石はないが、 杖と足裏でその境目がわかる。縁石は、けつまずいたりして歩きにくいが、この感じはいい。 新しくて道が荒れていないから、歩道がわかりやすいのかもしれない。 路駐の車も1台もなかった。取り締まりの後だろうか。 おまけにこの時間帯、4時過ぎだが、北大路まで歩いている内に出会った車が2台。自転車3台という歩きやすさ。散歩道にもってこいだ。

北大路通りを家路に向かっていると後ろから声を掛ける女性がいた。 「先生どこへ行かれるんですか? 一緒に行きましょう」 自転車の女性は、以前に治療によく通っていた人だった。ああ、しまった。見つかってしまった。 「ちょっと用事で」とごまかして、雑談しながら、堀川通りまで手引きしてもらった。 絵ばっかりやっていて、治療に身が入ってないと思われたやろうな。

今日の散歩は、ぼくの携帯に組み込まれている万歩計では、やく3400歩だった。 これでこころおきなくドーナツが食べられる。 帰ってからドーナツとコーヒーで腹ごしらえして、治療に臨んだ。 じつはこのドーナツを食べるために歩いたというのが本音だったのかもしれない。

|

« 散髪の帰り道 | トップページ | 帽子をかぶって »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散歩道:

« 散髪の帰り道 | トップページ | 帽子をかぶって »