« 曇り空 | トップページ | 「読売ウィークリー」4月10日発売号 »

2006.04.15

武久 源造

金曜日の午前NHKラジオ第1放送に武久源造が出ていた。 http://www.avanti.gr.jp/players/takehisa.html 全盲の鍵盤奏者だ。

視覚障害者の音楽家は日本でもたくさんいるし、クラシックの方面でも多数活躍されている。 でもなぜか武久源造は、ちょっと異質な感じがする。 目指しているところが他のアーティストとは少し違うのだろう。 そんなにもてはやされることもなく、しかし、地道に音楽活動を続けているようだ。 古楽器という分野だからなのかもしれない。

ぼくも3枚ほどCDを持っている。 改めて調べてみると、定期的に録音を積み重ねてCDもたくさん発売されていた。 ぼくの好きなバッハ「ゴールドベルク変奏曲」も録音している。早速購入するつもりだ。 ずっと音楽活動を継続されていたのを知らなかったのは、ぼくのリサーチ不足だったんだ。 ぼくより少し若い世代が、こういう雰囲気で活躍しているのは心強いなあ。

いま、〈新しい人は新しい音楽をする〉というエッセイを読み始めている。 ARC出版企画 http://www.arcpublishing.co.jp/news.html

点訳広場にデータがアップされていたので、すぐにパソコンで聴き始めることができた。 一度、生演奏を聴いてみたいなあ。できればフランス料理付きで。

|

« 曇り空 | トップページ | 「読売ウィークリー」4月10日発売号 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武久 源造:

« 曇り空 | トップページ | 「読売ウィークリー」4月10日発売号 »