« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.27

底のないかたち

二人展が始まって10日が過ぎる。
今回、耳にしない言葉がある。
「ピカソみたい。マチスのようだ」
そういう評価を聞かないのだ。
いろんな有名作家にたとえて言われると、うれしいような、くやしいようなふしぎな気分になる。

来場者の感想を聞いていると、どうもキューブかおもしろいらしい。
どこまでも繋がっている。
置き方によって、いろんな風に見える。
そんな風に言われているようだ。
こういうスタイルの作品は、あまり例がないのだろうか。
普段、画集を見たり、美術史を学んだりしないぼくにはよくわからないので、詳しい人がいたら教えてほしい。

粘土をやっていた頃、ワークショップで西村陽平氏が課題にしていたことがある。
それは、「底のないかたちを作りましょう」というものだ。
ぼくの粘土作品にもそういう試みのものがいくつかある。
粘土を積み上げていくには、必ず底になる部分が必要だ。
かたちを保つためにも、どうしてもしっかりした底を作ってその上に積み上げて行かなければならない。
底のないかたちを粘土で作るには、途中で適度に粘土を乾かして、横倒しにしてもかたちが変形しないようにする。
そして、さっきまで底になっていた部分に粘土を付けて、底となる部分から新たなかたちを積み上げていくのだ。

ぼくの作ったのは、球体に近いようなものと、もう1つは、ぺたんとした魚でいうとエイのようなかたちのものだった。
西村氏の話しでは、現代の彫刻は、台座と言うようなものを捨てようとしていると聞いたような覚えがある。
たぶん、額とか台座は、もう古くさいものなのだろう。
ぼくはと言えば、額に入るとよく見えるとか、台座への収まりがいいというようなことは、さわっていてもピントこないのだ。

話しを戻すと、今回のキューブ作品は、底になる部分がない。
もちろん、書き始めの場所は決まっている。
粘土のように乾くのを待たずして、次から次へと、キューブを回転させながら描けるのがスピーディーだ。
さっきまで描いていたところが、底になったり、側面になっていたりする。

キューブに描いていて、直角のラインを越えて次の平面へ差しかかるとき、思わぬ快感を感じてしまった。
新たな地平を切り開くというか、スケッチブックなら新たなページを開くときのような快感に似ているかもしれない。
キューブを転がすごとに、そういう新鮮さを感じるのだ。
けっして色あせない新たな地平が待っていてくれる。
飽きっぽいぼくにはもってこいだ。
どうだろう。見ている人もそんな快感を道連れに鑑賞しているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.23

二人展の感想

また雨ですね。5月の後半はきっと晴天続きだと思って、
この時期に二人展を予定したのにまったく外れです。

 舟橋さんのウェブの「日記」に、今回の二人展についてのすてきな感想がアップされました。
舟橋さんの絵の謎を解く意味でもどうぞご覧ください。
 http://www.pat.hi-ho.ne.jp/funya/eiji2/top.html

メールではいろいろ感想いただいてます。このブログにもぜひ直接コメント書き込んでください。
お待ちしてます。暫くブログにアクセスしにくい状態が続いていたことも影響しているかなあ。
昼間はいいのですが、夜の混雑する時間帯になると、極端に接続に時間が掛かって
フリーズしたような状態になってました。少し改善されて来たようですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.20

さらさで4枚描きました

木曜は、飛び入りスケッチでした。
 7時45分頃スタート。すでに客席は満席だったように思います。

1曲目が終わったところで、ロビンさんに飛び入りスケッチをやっていることを紹介してもらいました。
たぶんその時点では、スタッフも、お客さんも何のことだわからなかったと思います。
前半のステージが、40分ぐらい。
すでにCDで聴いていた曲もあり、サウンドのイメージとボーカルは、予想通り。
さわやかな声で風を歌っていた。やっぱり飯塚あかねさんの声は、青色だ!! と思った。

予習効果もあって、休憩に入るまでに2枚ができあがった。
ほっと一息。書き終えたものを壁に貼ってもらった。
これでロビンさんも安心してくれたかな。
聴きに来た人にも、何をやっているのかが伝わっただろう。

ぼくの周辺には、大阪方面から駆けつけてくれた人ぼ含めて、知り合いが3人。
心強かった。
阿部さんには制作のアシスタントをお願いしていた。
すばやく描かなければならない。
青色を引いている内に次の色を決めて阿部さんにオーダーを出す。
頭はフル回転。感性も全開。
ところが予想外の事態。
ライブ空間なので証明が暗い。
黄色と白など阿部さんのめには区別がつかなくなった
でも、ラインテープのケースには、点字で色名を書いていたので命拾い。

後半は、まずロビンさんの登場。
カリンバの音をかたちにしようとしている内に、ボーカルが加わり、
アフリカ音楽の子守歌など始まった。イメージが次から次へと変わっていくので、
少しとまどいながらも、カリンバと声のイメージで1枚描き終えた。

最後のステージは、全員でのセッション。
いろんな音の工作する様子を描き留めようと悪戦苦闘
サウンドも体になじんできたので、ゆったりとした気分で描いていたら、あっという間にラストの曲が始まっていた。
アンコール曲を聴きながら、4枚目が完成。

壁に貼って鑑賞してもらった。
音は、その場で消えていく。音をかたちにして見てもらう、触ってもらうと、その余韻を楽しんでもらえたのではないだろうか。
と、かってに思っているのだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.17

最新在廊予定

在廊予定をお知らせしておきます。
もしこれ以外の日でも、鍼の予約が空いていれば駆けつけますので、お越しの日時をお知らせください。

18日・木曜(午後5時~6時)
19日・(12時30分から2時30分)
20日・土曜(午後5時から)
21日・日曜(終日)
27日・土曜(午後2時から)
28日・日曜(終日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.16

おてらハウスの初日

午前11時過ぎ。一番目のお客さんは、鍼の患者さんでもあり、このブログでもときどきコメントしてくれるnoppoさんでした。
午後から朝日新聞の取材を受けました。

ちょっと反省は、タイトルの「街のエロティシズム」をうまく説明できないこと。
舟橋さんの作品との絡みがいまいち見えにくいことです。
取材を受けてみてハッキリしてきたことです。

おてらハウスを出て舟橋さんとまほろばへ。
飲みながら、いろいろ話していてわかってきたのは、
ぼくのエロティシズムは、まだまだ未成熟だということです。
舟橋さんの絵の説明を聞いていると、かなり鮮烈。
根源的ですね。
ぼくはやっぱりそこまでさらけ出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び入りスケッチ

18日、7時半スタートのライブが、さらさ富小路であります。
参加ミュージシャンは、「Westerners」+ロビン・ロイド。
ぼくは、ロビンさんの紹介でスケッチブックを持って飛び入りです。
音をかたちにしてみたいと思ってます。
チャージ料金が必要ですが、ぜひお越しください。
ビールも飲めるし、エスニックな料理もおいしいし、食後のチャイもなかなかでした。

WesternersのCDを聴いていますが、透明感のある女性ボーカルで、おしゃれなサウンドです。
どんな色で表現しようかなあ。

■Westerners atさらさ

場所 さらさ富小路
 (京都市中京区富小路三条下ル東側 WOOD-INN 2F)

MUSICIANS ARE:
飯塚あかね(Vocal)長谷川敬倫(Guitar)
featuring Robbin Lloyd (Kalimba & percussion)

日時 5月18日(木曜)

oepn 18:00
start 19:30

前売り 2,000円
当日 2,300円

お問い合わせは
さらさ 075-212-2310

Westerners E-mail:hasepy@cameo.plala.or.jp
URL:http://www12.plala.or.jp/westerners/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「タッチ、アート展」での公開制作見てもらえます

待ちかねていた河原さんの映像作品が、アップされました。
http://www.ourplanet-tv.org/main/contents/planeteyes.html
で見て聞いてもらえます。
川越市立美術館での公開制作を交え、その作品の制作過程に密着取材してもらいました。
原田和男さんの楽器の音や声も入ってます。
以下、河原さんのメールから引用させていただきました。

-------ここから--------
さて、私が制作した映像作品「わがままな記憶をかたちにしてさかのぼる」
が、ようやくNPO法人OurPlanetTV(http://www.ourplanet-tv.org/)の
WEB上で公開されました。

PlanetEyesというコーナーで、無料で見ることができるようになっています。
ぜひ、関係者の方にご紹介いただけたらと思います。
また、ご感想などありましたら、お聞かせください。

■「わがままな記憶をかたちにしてさかのぼる」作品紹介
「わがままな記憶をかたちにしてさかのぼる」をテーマに 創作された造形作品の数々
。展示された作品を鑑賞していくと、制作者である光島貴之さんの 半生を辿れるよう
になっている。
先天性緑内障のため10歳のころ失明した光島さんの 「記憶」は、どのようにしてかた
ちになっていったのか。創作の模様を追いかけた(13分)。

●企画・制作:河原由香里 出演:光島貴之、原田和男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

90センチは大きいよ!!

11時過ぎ、すでに伏見工芸の和田さんが大型キューブを持っておてらハウスで待っていてくれた。
和田さんが作ってくれたのは、強化ダンボールで作った90センチ四方の板を、マジックテープで組み立てられるようになっているものだった。
これなら分解して、家にも持って帰れる。
しかし、思ったより大きい!!

ぼくがこのキューブに取りかかったのは、昼食を済ませて、午後2時過ぎだ。
あまりの存在感に手も足も出なくて、1時間ほどは、その周りをグルグル回っていた。
少し描いては、キューブを裏向けたり回転させてはすでに描いたかたちを確認するのだが、描いても描いてもまた新たな空間が現れてくる。
キューブを回しているつもりが、自分の頭がその回転についていけず、やたらと疲労ばかりが蓄積してしまったようだ。

『宇宙を楽しむキューブ』というタイトルを先に付けてしまったが、なんとなくそういうイメージに仕上がっただろうか。
終わったのは、午後9時半頃。予定では、7時頃には完成予定だったのだが、ちょっと壁面のようなわけにはいかなかった。
展示台に置いた30センチのキューブをさわると、なんとなつかしいことか。
軽く持ち上げられるし、くるくる回して鑑賞できる。かわいいよ!!
90センチに挑戦は、少し無理をし過ぎたかなあ。疲労困憊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.15

キューブ10個完成

4月30日から作り始めていた、30センチ四方のキューブ10個が、今日完成した。
ちょうど2週間掛かってしまった。
フンデルトヴァッサーが悪いのだ。彼のグルグルをビューのツアーでみて(言葉で鑑賞)してしまったからだ。
やっぱり、制作中に心を動かされるものを体感すると、それを消化するまでに時間が必要になる。
自分の世界に戻って来られないのだ。それだけ彼のグルグルのエネルギーは大きかった。
でも、とにかく究極のグルグルを描いて、なんとかこの危機を乗り越えたつもりだ。

今回のキューブ作品には、底というものがない。どういう方向に置いてもいい。
というか、6面全部に描いているので、持ち上げて回転させないと全体が見えないようになっている。
無重力状態で空間に浮かして鑑賞してもらうのがベストだ。

タイトルだけを列挙してみる。
『渦巻きの表裏』
『渦巻きの行方』
『究極のグルグル』
『アトリエ・マウルへ』
『注いで注がれて』
『白い顔』
『鼻孔』
『うずくまる』
『抱き合う樹1』
『抱き合う樹2』

明日、会場で描く90センチ四方の大きなキューブにも名前だけ付けてしまった。
キャプションを、早くプリントアウトしてしまいたいという要望に、応えなければならなかったからだ。
そのタイトルは、
『宇宙を楽しむキューブ』である。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.09

二人展/「街のエロティシズム」

昨夜、久しぶりの「みつしま通信」を送信しましたところ、たくさんの返信をいただきました。
どうもありがとうございます。
このブログにも通信の内容を貼り付けさせていただきます。
繰り返しになるところは、「本文続き」にさせてもらってます。


二人展/「街のエロティシズム」
 「みつしま通信」2006/05/08

今回は、来週の火曜・16日から始まる二人展の案内です。
その他、いろんな情報をブログで紹介していますので、一度覗いてみてください。

タイトルを「街のエロティシズム」にしました。
ちまたでは、「エロかっこいい」なんて言葉が流行ってたりするようですが、
それらを意識したわけではありません。

舟橋さんの提案にまんまと乗ってしまったわけなんですが、
いずれなんらかのかたちで、“さわるエロティシズム”について反応しなければならないと思っていました。
というのは、何人かの人に
「粘土作品はエロティックだ」 「『背中』という絵は、とてもセクシーだ」
と言われたことがあります。ところが、そう言われてもぼくにはピンと来ないんです。
どこがエロティックなんだろうと考え込んでしまいます。

無意識にそういうものを作り出しているのは少し気持ちが悪い。
だから今回は、ぼくの中にあるエロティックなものを、あえて引っ張り出してみたつもりです。
『めっちゃいやらしいよ!』と言われてしまった絵もあるのですが、
立体コピーにしてさわってみるとぜんぜんいやらしくない。
どうしたもんだか。

以下、案内です。

続きを読む "二人展/「街のエロティシズム」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フンデルトヴァッサーのグルグル

一昨日、お知らせにも書いていたフンデルトヴァッサー展に行ってきました。
あいにくの雨だったが、東京のMARのメンバーの飛び入り、神戸や香川からの参加もあり、30人以上の大所帯となった。
やっと、ぼくたちの活動も、美術館に理解してもらえてきたようだ。
今回は、会議室も提供していただき、お昼ご飯を食べながら感想も話し合うことができた。
ゆったりしたツアーになったと思う。

ぼくはビューメンバーなので、本来なら参加者をもてなす側なのだが、いつもツアーでは、一参加者になり切って楽しませてもらっている。
3、4人が1つのチームで回るのだが、その組み合わせによってずいぶん雰囲気が変わる。
いい感じで進むかどうかは、組み合わせだけではない。その日の気分、作品によっても変わる。
ようするにやってみないとわからないのだ。
でも今回はなかなかすばらしい鑑賞ができたと思う。

Iさんは、元編集者の男性。
Hさんは、初参加の女性。

Iさんは、文章を扱うように、作品を前にしてどこから切り込んでやろうかと一言一言言葉を選ぶ。
Hさんは、感覚的な言葉を操って、鋭い切り口で作品の印象を伝えてくる。

ぼくも気合いが入っていた。
なぜかというと、フンデルトヴァッサーは、直線を嫌う。そしてグルグルの渦巻きを描くという情報を事前に得ていたからだ。
ぼくは、直線用のラインテープを使っても、いつもラインはフラフラ歪んでいく。
行き詰まるといつもグルグルを描いて切り抜ける。
しかし、グルグル渦巻きを描いているとなぜか元気が出てくる。

今回はこの渦巻きにこだわって作品を鑑賞しようと始めから決めていたのだ。
彼の若い頃の作品と建築模型をみた後、
いよいよグルグルの作品にたどり着いた。
なんと、ビューメンバーの大向さんが作ってくれた点図の1枚にも、渦巻きがあるではないか。
これで、言葉と照らし合わせながら、かたちもたどりながら鑑賞できるのだ。すばらしい。

ぼくは、渦巻きを描こうとするとき、なるべく均質に描こうとしている。
実際には均質にならないところがおもしろいのだろうが、本人としては、きれいな円を描こうとしている。
フンデルトヴァッサーは、わざとひずましている。円ではなくて、四角いのや楕円の渦巻きもあった。
ぼくが注目したのは、グルグルのたどり着く集約点だ。外から描き始めて中心に向かう
こともあるが、逆に外に広がっていく動きもあると思う。
しかし、それらの最後をどのように終わらせるかでぼくは、いつも悩む。
この終わらせ方には、大いにヒントをもらった。
次のぼくの作品でそのあたりを表現できればと思うのだが、いまは彼のパワーにやられてしまってまだ描き始められないでいる。

最後に、彼のインタビューのビデオを上映しているコーナーがあった。
字幕をIさんに読んでもらいながら、Hさんに画像の説明をしてもらった。
ステレオ放送だ。
あまり時間がなくて15分ぐらいだったが、彼の発言を直接聞けてよかった。
そこでは、やはり渦巻きに触れていた。
生命力とか根源的なものを表しているというようなメッセージがあった。
ぼくがグルグルを描いて元気になるのもそういうことなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歩くエロティシズム』その2

次に描いたのは、赤いハイヒールと白い杖。
ハイヒールと杖だけが歩いている。シュールでしょう!!

ハイヒールがなぜエロイの? と思われるかもしれません。
ハイヒールには少し特別な意味がある。
ヒールの音だ。ぼくにはヒールの音が女性を暗示させるし、
そのコツコツの音とコロンの香りが、ぼくを追い抜いていく。

最近は、追い抜かれてもなんとも思わなくなったが、
若い頃は、男らしさのジェンダーを刺激されてふしぎな感覚に陥っていた。
見えないから歩いていてもいろんな人に追い抜かれる。それはけっこう屈辱的だ。
女性に追い抜かれるとなおさら悔しいのだ。
いつの頃からか、そんな悔しさはどこかへいってしまった。
しかし、コツコツを追いかけ、その音を目印にして歩く。
そんなゲーム感覚だけは、いまでも残っている。

ヒールの音は、音源がクリアなので、追いかけやすい。
適度な距離、7、8メートルを保ちながら追いかける。
音を頼りに歩くのはらくちんなのだ。

まあ痴漢と間違えられることはないだろうと思っているのだが……あまいかなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.06

右脳万歳!アート体験

はた よしこさんのワークショップが、立命館大学でおこなわれます。
 ぼくも参加したいのですが、この18日の夜にさらさ富小路で公開制作なんです。
Westerners+ロビンさんのライブに飛び入りです。
詳しくは、別の記事でご覧ください。

■右脳万歳!アート体験

写実画でも抽象画でも絵を描くというのは、まず構想(下描き)がきっちりとできていて、全体のバランスや配色を良く考慮して描き進めて行く。そういうふうに思いこんでいませんか? 
絵は、そういう方法でしか形にできないのでしょうか?
そういう方法でしか、表現する喜びや快感は得られないのでしょうか?
私は、長年主に知的障害者の方々との絵画表現活動をしてきましたが、彼らの持つ方法はまるで違っています。私は彼らの方法から多くの示唆をもらいました。そこからは私の気づいていなかった別の新しい景色が見えたのです。このワークショップでは、今までと少し違った入り口から「自分の中にある、絵を描く楽しさや衝動」を発見していただきたいと思います。考える(構想する)以前に有る、自分の中の表現の形を体験するワークショップです。
(はた よしこ)

講 師 はた よしこ
日 時 2006年5月18日(木)午後1時から3時
場 所 立命館大学創思館2階トレーニングルーム
定 員 20名(先着順)
料 金 3000円(材料費含む)
申込み 立命館大学心理・教育相談センター
TEL>075−466−3430
* 汚れてもよい服装でいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »