« 飛び入りスケッチ | トップページ | 最新在廊予定 »

2006.05.16

おてらハウスの初日

午前11時過ぎ。一番目のお客さんは、鍼の患者さんでもあり、このブログでもときどきコメントしてくれるnoppoさんでした。
午後から朝日新聞の取材を受けました。

ちょっと反省は、タイトルの「街のエロティシズム」をうまく説明できないこと。
舟橋さんの作品との絡みがいまいち見えにくいことです。
取材を受けてみてハッキリしてきたことです。

おてらハウスを出て舟橋さんとまほろばへ。
飲みながら、いろいろ話していてわかってきたのは、
ぼくのエロティシズムは、まだまだ未成熟だということです。
舟橋さんの絵の説明を聞いていると、かなり鮮烈。
根源的ですね。
ぼくはやっぱりそこまでさらけ出せない。

|

« 飛び入りスケッチ | トップページ | 最新在廊予定 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おてらハウスの初日:

« 飛び入りスケッチ | トップページ | 最新在廊予定 »