« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.25

音の作家原田和男さんの展覧会に飛び入りスケッチ

8月12日ですが、兵庫県美で公開制作をします。
ジョイントコンサートとして、エントランスホールでやるのは午後2時からですが、
それ以外にも、午前中から断続的に、原田さんの会場で描いています。
今回は、50センチ四方の正方形や円板状のパネルに、6枚ほど音のスケッチをします。
三味線・笛・鉄の響き、どんな音が聞こえてくるのか楽しみだ。どうぞお越しください。

 また会期中、2002年の「美術の中のかたち」で発表した『光のぬくもりを感じてを
1階常設展のエントランスホールに展示してもらってます。合わせてご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 コレクション展II小企画「美術の中のかたち−手で見る造形」
 <原田和男《シデロ イホス−鉄の響−》>

会期 2006年7月22日(土)〜11月19日(日)
開館時間 午前10時から午後6時まで(特別展開催中の金・土曜日は午後8時まで)
         入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌火曜日が休館)
会場 兵庫県立美術館 1階 常設展示室4


■関連事業
   ジョイントコンサート&パフォーマンス
日時:8月12日(土) 午後2時から(約60分)
場所:兵庫県立美術館 エントランスホール
出演:光島貴之氏(美術家)、五世鶴澤淺造氏(義太夫・三味線奏者)、
  後藤剛史氏(笛奏者)、原田和男氏(音響彫刻家)
   聴講無料

1989年度より開催している「美術の中のかたち−手で見る造形」展は、
作品に手で触れることで、視覚以外の感覚器官を通じた美術鑑賞のあり方を
探っていこうという企画です。
今回は、「かたちと音」を主なテーマとし、鉄の響き合いによって生まれる作品
(シデロ・イホス、ギリシャ語で「鉄の響」の意味)のシリーズを展開している鎌倉在住の
作家、原田和男(はらだ・かずお1951― )氏の作品を中心に構成します。
触り、音を出し、そして感じるという行為によってもたらされる作品鑑賞の新鮮な驚きや
発見をぜひお楽しみください。

*なお、シデロ イホスのギリシア文字の表記は「ΣΙΔΕΡΟ ΗΧΟΣ」です。


主催 兵庫県立美術館
http://www.artm.pref.hyogo.jp

後援 兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、兵庫県社会福祉協議会、神戸市社会福祉協議会
協力 横浜美術館子どものアトリエ

続きを読む "音の作家原田和男さんの展覧会に飛び入りスケッチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

身体の動き

午前で鍼の仕事を終えて立命館大学衣笠キャンパスへ行きました。
ダンスのワークショップです。ぼくがやるわけじゃありませんよ。ぼくは、参加者です。
初めてだなぁダンスのワークショップに出るのは。
以前、西村先生のワークショップに参加していた頃は、ミューズカンパニーの伊地知さんに
「体を動かす方はどうですか? 粘土だけじゃなくて、ダンスもやってみませんか?」
とよく誘われてました。当時は恐ろしくて、ダンスにまで手を出すことはできなかった。
なぜって、体を動かすのはいいけど、人の動きもわからないし、自分の動きも確認
できないのだから、やっても意味があるのって感じでした。

粘土をしたり、ラインテープで絵を描いてもそれらは自分で触って確認できます。
人の作品も触ることができます。
でもダンスというのは、ただ動いているだけになってしまう。人の動きを確認するのは
かなり難しい。

それに、ダンスにはあまりいい印象がありません。
盲学校でやったダンスと言えば、フォークダンス。
オクラホマミキサーとかマイムマイムなどです。
左足から出すとか、何歩歩いたら、どうするとか、とても決まりが大変でした。
ぼくにはラジオ体操の続きにしか思えませんでした。とても窮屈で退屈でした。

どうもそんな思いがあるらしく、ゲストトーカーの役割が与えられているからということで、
しかたなく出かけたというのが正直なところです。

ダンスをナビゲートしてくれるのは、黒子さんという女性。
30分ほど、リラクゼーションというのか、自分の体を感じ取るための動き。
後半は、体を動かしながら、自分自身に触れあったり、
外の世界に触れあっていくような動きをしました。
自分自身に触れるのは、手で身体を触っていくということですね。
触りながら動きを作っていきます。
外の世界との触れあいは、地面を触ったり、空間を触ったりということです。

黒子さんの言葉でのナビゲートは、ぼくにもすんなり入ってきました。
今回、ぼくが参加しているからそんな言い方をしているのかと、質問してみました。
「特にそんなことを意識してはいない。いつものことだ」
とのことでした。

ぼくは、いつも患者さんの体を触っている手で自分の体を触りました。
ラインテープを使っている指や手のひらで空間や床に絵を描きました。
いつのまにか床と空間は繋がってひとつの空間になりました。
ぼくの身体もその中に入り込んだようです。

いつのまにか、黒子さんの手が触れました。その手をたどりながら、もう一方の手で空間をたどりました。
自然に体が回ったり、伸びたり縮んだりしました。
そしてある瞬間お互いのてが離れました。空間に旅立つように。
また暫くしたら、今度は別の人の手が触れました。黒子さんの手とは違う感触です。
その手はだれの手だったのかわからないままです。

終わったとき、ぼくは、かなり移動していました。くるくる回ったり、ごろごろ転がっている間にすっかり居場所がわからなくなってました。
いつもは、自らの位置を失うのはとても不安なので、そういう動き方はしません。
今回は、自分の宇宙を作ってしまったようです。

人と繋がって動くときの感覚。そして離れるときの快感。
何かなつかしい気分になりました。思い出してみると、子どもの頃、弟と
プロレスごっこをした記憶。高校生の頃柔道をした記憶でした。
あんがい格闘技系が好きだったんだ。

それにしても、大きい体がごろごろ。けっして柔らかくない体。お腹がじゃまになりながらの動き。
客観的に診れば滑稽だろうな。だれもそんなことを伝えるような近しい人は参加してなかったのがせめてもの救いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.20

サマーフォーラム2006「たどる・きる・ねる」

「もうひとつの美術館」、どんなところだろうな。
8月5日・土曜に盛りだくさんのイベントが企画されています。
ロビン・ロイドさんと音をかたちにして遊んだり、
美術館の窓に公開制作したりします。
どうぞお越しください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サマーフォーラム2006「たどる・きる・ねる」

2006年6月3日(土) 9月3日(日)

もうひとつの美術館(栃木県)

創作において表現の方法は、作家の個性によってほんとうにいろいろです。

開館5周年のサマーフォーラム2006では、精力的に活動する3人の作家の表現方法にスポットを当て、

「たどる」光島貴之(京都府)、「きる」上田豊治(山口県)、「ねる」佐々木卓也(東京都)、

それぞれの独自の世界をご紹介します。

ぜひ、そっと「さわって・みて」ください。

■展示期間

2006年6月3日(土) 9月3日(日)

■開館時間

10:00 17:00

(ただし、8月4日(金)、5日(土)は20:00まで開館します)

休館日:月・火曜日(祭日の場合は開館します。)

■特別入館料

大人:600円、小中高校生・65歳以上・障害者と付添いの方:300円

団体:20名以上 10%割引(要予約)

正会員:無料

■場所

もうひとつの美術館

〒324-0618栃木県那須郡那珂川町小口1181-2

TEL&FAX 0287-92-8088

■主催
NPO法人 もうひとつの美術館
http://park.zero.ad.jp/mob/

■助成
芸術文化振興基金


◆ イベント案内 ◆

■夜の美術館
8月4日、5日は、夜8時まで開館します。
ライトアップされた美術館の館内・屋外の、夜の作品たちをご覧ください。

◇入場無料デー
8月4日(金)は開館記念日です。開館5周年を記念し、感謝をこめて終日入場無料とさせていただきます。

◇光島貴之+ミュージアムアクセスビュー
「言葉による美術鑑賞&ギャラリートーク」
日時:8月5日(土)16:00
参加申し込み・お問い合わせは電話・ファックスにて。なお、夕方より、光島貴之さんを囲んで、ささやかなパーティを開きます。

◆ 開館5周年記念関連企画(NHKハート・ラボ) ◆
「音と形の不思議な出会い さわって聴いて音で遊ぶ」
場所:もうひとつの美術館ギャラリー&カフェ
開催日:8月5日(土)

◇「光島貴之+ロビン・ロイドと一緒にワークショップ」
時間:10:30 12:30
※参加申し込み・お問い合わせは電話・ファックスにて

◇「光島貴之+ロビン・ロイドと一緒にコラボレーション」
時間:13:30 15:30
※観覧自由
主催:NHK宇都宮放送局・もうひとつの美術館

続きを読む "サマーフォーラム2006「たどる・きる・ねる」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.19

番組出演の話し

現在、もうひとつの美術館で開催中の展覧会、
「たどる・きる・ねる」の関係で、NHKから番組出演の話しが舞い込んだ。
番組は、教育テレビの夜8時からの「福祉ネットワーク」だった。
30分番組なので、少し力が入る。

このあいだの日曜、朝から、担当の吉岡さんという女性が打ち合わせに来てくれた。
9時には治療室に到着されていたので、たぶん朝一番の新幹線かな。
気合入ってるなぁ。すでにもうひとつの美術館にも行って作品を見ておられたし、
ネットを使ってかなりリサーチもしておられた。
こちらの懐に飛び込んできているなぁって感じが伝わってきて、話しもしやすかった。
以前、飯島さんにのインタビューを受けた記事、
people_vol.59 光島 貴之
http://www.log-osaka.jp/people/vol.59/ppl_vol59_1.html
は、わかりやすくて、参考になったということだった。
飯島さんに感謝です。そういうとまだ飯島さんの弾くギターを聴いたことがない。急に聴きたくなってきた。

8月5日のイベントを取材してもらい、その後、インタビューを受けるというかたちで番組になりそうだ。
ということは、5日の盛りだくさんのイベントを成功させなければならないということで、ますます力が入る。
まずは体力ということで、最近、ダンベル体操を復活している。でもまだ3日ぐらい。続けなくては!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

大善院・宵山ライブ

先日、舟橋さんと二人展でお世話になったおてらハウスから、こんな案内が届いています。
よかったら覗いてみてください。ぼくは、どうかなぁ。いけるかなぁ??

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて来る7月16日(日)の祇園祭宵山の夜、
大善院及びおてらハウスにおいて、下記の催しを開催いたします。
ご都合つきましたら、ぜひお越しください。

内容 ライブ&オープンガーデン(ビール他)

日時 7月16日(日)
  ・オープンガーデン(境内一円) PM6時〜PM10時頃
  ・ライブ PM7時〜PM8時(於、本堂、チャージ1000円)
       出演 リサ・ガーシュテン (日本の童謡を唄う)

その他、掘り出し物の浴衣販売などもあります。
祇園祭の人ごみに疲れたら、ちょっと休憩にお越しください。

京都市下京区高倉仏光寺下る新開町397−9
 大善院 & おてらハウス  075−351−5156
 佐々木まさよし・みやこ

大善院・宵山ライブ他のお知らせ大善院・宵山ライブ他のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

楽しい夏休み

8月1日から6日まで夏休みです。
夏休みと言っても、これは患者さん向けの発表です。
1日から3日までは、「お知らせ」にも書いているミューズカンパニーのワークショップに参加します。
ぼくの作品も持ち込んで、ワークショップにも協力させてもらうことになりそうです。
4日には、栃木入りして、明くる日の「もうひとつの美術館」でのイベントに備えます。
NHKの取材も本格的に入りそうなので、ますます忙しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.05

動くアート(座談会+ワークショップ)

今年2月から連続しておこなわれている、座談会&ワークショップの第3回です。
実際に体を動かしてみましょうって書いてありますね。
ぼくは、身体表現とか、ダンスは避けてきたんだけどな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
座談会+ワークショップ
動くアート

今年2月に立命館大学で開催された座談会「アートでつなぐ」でひとつの切り口として
見えてきたのが「身体性」というキーワードでした。
今回の座談会では、コンテンポラリーダンサーとしてはばひろく活躍している黒子さなえ
さんを招いて、身体を通じた表現について話し合ってみます。
話し合うだけではなくて、実際に身体を動かして、体験してみましょう。
語り手として「触る絵画」を制作している光島貴之さんにも入ってもらうことで、
「表現すること」「つながること」「身体性」といったテーマを掘り下げていきたいと
思います。
ぜひともご参加ください。

語り手 黒子 さなえ(ダンサー)
     光島貴之(造形作家)
聴き手 假家 素子(臨床心理士)
日時 2006年7月22日(土)午後1時30分〜3時30分まで
場所 立命館大学衣笠キャンパス創思館2階トレーニングルーム2
定員 20名(先着順)
申し込み 立命館大学人間科学研究所(担当荒堀・榎本)
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
tel > 075-465-8358
E-mail > ningen@st.ritsumei.ac.jp

参加 無料
*動きやすい服装でお越し下さい。

主催 立命館大学応用人間科学研究科 立命館大学人間科学研究所  
共催 立命館大学心理・教育相談センター

| | コメント (4) | トラックバック (0)

視覚障害者が参加しておもしろそうなワークショップ

ミューズカンパニーのワークショップです。
 西村 陽平先生のワークショップ、いままでと少し雰囲気が違いそうなのでぜひ参加してみたいのですが、
そうなるとぼくの予定は、引き続き栃木の「もうひとつの美術館に行かなければならないので、
一週間も鍼の仕事を休んでしまうことになる。どうしようかな。


=============================
2006サマー・アート・スクール・パフォーマンス&展覧会

●手で見る造形&鑑賞術ワークショップ
講師:西村陽平

「手で見る」ということはどのようなことなのでしょうか。
これまでこのワークショップでは視覚に頼らず造形の作品をつくることにフォーカスしてきましたが、今年は「手で
見る」という体験をもう少し深めていきたいと考えています。触覚を通すことにより私達は作品の鑑賞をより深める
ことができるのでしょうか? 触覚やそれ以外の感覚にも耳を澄ますワークも体験しながら、また、作品を創作する
プロセスも織り込みつつ、鑑賞することの本質を探るワークショップです。また、今回は体験を深めるために動く点
字ディスプレイなどのテクノロジーを生かした作品を創られたアーティストや身体感覚ワークの専門家の方々と協働
していきます。

■日時 8月1日(火)〜8月3日(木) 3日間 13:00-16:00
■会場 東京都庭園美術館 小ホール(JR「目黒駅」徒歩7分)

■対象者・定員
視覚障害のある方、及び障害のない方 30名

■参加費(2日間 材料費込み)
視覚障害のある方 3,500円
視覚障害のない方 15,500円


=============================
●ナンセンス発想術&劇場型リズム・ワークショップ
講師:明和電機 土佐信道

発明やアイデアはある日、天啓のようにやってくるのではなく、自分自身の発想の次元をいかに広げることができる
かによって思いもかけないアイデアが生まれてきます。さまざまなユニークな作品を生み出し続ける明和電機の独創
性と技術力を身を持って体験し、あなた自身の独創性を磨くワークショップです。
ものづくりの発想術シートから頭の柔軟体操を始め、まわりの壁や物から音を発見し、リズムをつくっていくだけで
なく、明和電機的工作術による自動リズム装置を会場に取り付けることによって会場全体を劇場化していきます。ま
た、柔軟な頭脳によるオリジナルな打楽器づくりも行い、最後にパフォーマンスを行います。自らが創造的である体
験が、他者のアイデアを育み、広げていくことにつながります。
視覚障害のある方でリズムや楽器づくりに関心のある方にはぜひ参加して頂きたいワークショップです。

■日程 7月30日(日)〜7月31日(月) 2日間
■時間 30日 10:00-17:00、31日 13:00-18:00
■会場 芸能花伝舎 教室にて (地下鉄「西新宿駅」徒歩8分)
■対象者・定員 視覚障害のある方、障害のない方 30名

■参加費(2日間 材料費込み)
視覚障害のある方 2,000円
視覚障害のない方 15,000円

※ワークショップ終了後、講師の土佐さんと、科学者の清水博さんとの対談も予定しています。(対談 7月30
日(月)19:00-20:30)

■お問合せ、お申込先
クリエイティブ・アート実行委員会
TEL 03-3479-8535
E-mail MuseKK@aol.com
住所 東京都港区南青山4-6-10-101

================================
主催 クリエイティブ・アート実行委員会
共催 東京都教育委員会
後援 社団法人東京都盲人福祉協会

続きを読む "視覚障害者が参加しておもしろそうなワークショップ"

| | コメント (1)

2006.07.04

触覚連画のみなさまへ

公募展といえばこんな情報が舞い込んできました。
触覚連画のみなさん、どうですか。なんかおもしろいことできないかな!?
でも、安斎さんや中村さんは、展覧会ってあまりやらないんでしたね。

滋賀県近江八幡にあるボーダレス・アートギャラリーNO-MAが
展覧会の企画応募をしています。
250万円ぐらいの展覧会予算が使えるようです。
内容的には、「ボーダレス」つまり、障害の有無をこえていく企画が求められています。
詳しくは、
http://no-ma.jp/kikaku/index.html
 をご覧ください。締切は今月末だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.03

CSデザイン賞 奨励賞

奨励賞って何だ!!
そんな賞は用意されていなかったはず。
CSデザイン賞2006
http://www.design-awards.jp/2006/cs_design.ai

ぼくが、いつも使っているカッティングシートのメーカーが、2年ごとに実施している
公募展の入賞通知が封書で届いた。いくつかの作品を応募していたのだ……。

早速、封書の中身をスキャナに乗せ、活字OCRソフトで読み取ってみた。
「ご入賞おめでとうございます。」
という文章は読み取れたが、「部門」とか、「賞」という文字はあっても
、何部門で、どんな賞に入賞したのか読み取れない。
結局、中川ケミカルに電話で問い合わすことにした。

コンピュータが読めなかった文字は、「奨励賞」だった。
文字がかすれていたとか、にじんでいたとかで読めなかったのかなぁ。謎だ。
聞きにくかったが、賞金のことにも触れてみた。
向こうも言いにくそうに、
「賞状は間違いなく出ますよ」
ということだった。
なーんや。50万ぐらい稼ぐつもりでいたのに。
当てはまる部門がないから、特に今回だけ作られた賞だったのだ。
審査員の間でも話題にはなったことは間違いないらしい。
でもなぁ。これでは、見えへんのにがんばってるから「励ましにあげま賞」だ
喜んでいいのか、悲しんでいいのかわからない。
たくさんの作品の中で、審査員のめに触れただけでもいいことにするか。

気分を変えるために、ブログのデザインを変更してみた。
大賞でも取れれば、花火にでもするのだが、ダークなイメージにした。
特に文字が読みにくいとかあったらご意見ください。

| | コメント (4)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »