« 鍼灸院のコマーシャル | トップページ | 作品の返却 »

2006.09.07

NHKラジオに出演

水戸芸での公開制作とワークショップの様子を、NHKラジオ第1で取り上げてもらいます。
放送日は9月9日の土曜日、
 NHKのラジオ第一放送で午前8時10分頃からの放送予定です。
番組名は、「ラジオあさいちばん」
10分ぐらいですが、どうぞお聴きください。

取材に来ていたのはディレクターだけ。アナウンサーではないから、声は出せないとのこと。
代わりに公開制作の様子などを水戸芸の学芸員の高橋さんが実況中継してくれてました。
ぼくへのインタビューはわずかでした。どんな内容に鳴っているんだろう?

|

« 鍼灸院のコマーシャル | トップページ | 作品の返却 »

取材」カテゴリの記事

コメント

よいちさん、
 テレビで「京阪天満橋」が紹介されてしまったので、ワークショップのねたがばれてしまいました。
いままで、あまりオープンにすると、おもしろさが半減するかと
心配していましたが、たぶんアイマスクをして触るとまた感じ方が違って、それなりのおもしろさを感じてもらえるだろうと思い始めていたので、テレビで公開してしまいました。
もっとおもしろいものを作りたいので、よいちさんのような感想はありがたいです。

投稿: 光島 | 2006.09.28 19:22

御無沙汰です。お返事遅れてすみません。
アイマスクしてあの作品を触って、「何だと思ったか」ということに関して言えば、「何か、ということはわからなかった」というのが正直なところです。
ただ、よく触っていけば規則的なところ─リズミカルともいえるかもしれません─は認識できたと思いますが。

膨らんでいる平面を指で触れて、形をたどってそこから連想する、ということには慣れていません。形を追うのに必死になってしまうのが精一杯だったりします。なかなかそういう経験ができなくて残念な気がします。
「たどる・きる・ねる」展は拝見して感銘を受けましたが、触れるコーナーがあったので、時間があればもっとゆっくり触ってみたかったです。
水戸芸術館のツアーで行ったのですが、個人で行くチャンスはありませんでした。

投稿: よいち | 2006.09.28 17:09

よいちさんは、山道と思ってましたか?
どんなものを触ってもらうかを、最初に伝えておく方が入りやすいかと思い、そんなタイトルを口走ってしまいました。
後で種明かしをするつもりが、休憩のときに、質問に来られた方がいて、その人に種明かしをしてしまって、みんなに伝えるのを忘れてしまったというわけです。

それにしても、みなさん絵がないと眠たくなるんですね。ぼくの場合は、講演などで画像が使われて、退屈になるとすぐに眠たくなりますが。

投稿: 光島 | 2006.09.18 20:41

う…嘘だったんですか…(苦笑)>ジグザグ山道
ちなみに私も、ラジオで4人目くらいのインタビューを聞いた時点で寝入ってしまい、気付いた時には違う番組になっていました。情けない。

投稿: よいち | 2006.09.16 20:21

あめたろうさん、いつもコメントありがとうございます。
 世間では、すっかり土曜日は休みですね。
ぼくの治療院は土曜日もやってますよ。休みじゃないので、ひげを剃りながらラジオを聞いてました。
http://mitsushima.txt-nifty.com/hari/
これは、鍼灸院のページです。よかったら一度覗いてみてください。
おっちゃんの感想を聞きたいですね。
19日のテレビは夜ですからお楽しみに。

投稿: 光島 | 2006.09.11 21:50

8時に眠気眼であわてて、テレビをつけ時間を確認。先に起きてごそごそしていたおっちゃんが「おっと、もう時間や」と、ラジオセット!よし、これでOK。安心して、そのわずかな時間にまたうつらうつら・・・。光島さんの声が子守歌のように聞こえる・・・。このブログで写真入り解説を読んでいるので、イメージはわかるので、なるほど・・・と思いながら寝入ってしまった。すみません。不真面目なことで。おっちゃんはしっかり座って聞いていましたが、私が寝てしまったので、感想も言わずに出かけていきました。休みの日も回遊魚です。でも、どうしてこんなに早朝なんでしょう・・・。

投稿: アメタロウ | 2006.09.10 15:35

自分でコメント付けるのも、何だかなぁと思いながら書いてます。
 ワークショップの様子を伝えるのは難しいですね。聞いている人は、サッパリだったと思います。
「ラジオを聴いてみたら、いつも視覚情報に頼っているのだと実感した」
という感想がメールで届いています。ようするに音声で聞いてもわからなかったということですね。そうだろうと思います。
公開制作の絵については、ある程度想像してもらえたかもしれませんが、ワークショップの様子は無理ですね。
そもそも10分で2つの情報を盛り込むのに無理がある。
視覚情報なしで、場面を理解していくには、時間が掛かるんだという基本的なところを押さえて編集してほしいものです。
ぼくは、学芸員の高橋さんの実況を楽しみにしていたのですが、まったくその場面はなかったです。残念。

1つ訂正です。
立体コピーの絵、『ジグザグ山道』を山登りの体験を描いているとナレーションしてましたが、
全くのうそ。ロビンさんのカリンバの音のイメージから出発した絵です。
もう一枚使った『京阪天満橋』は、駅を歩く実体験からできたものですが。

投稿: 光島 | 2006.09.09 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKラジオに出演:

« 鍼灸院のコマーシャル | トップページ | 作品の返却 »