« 声の第一印象 | トップページ | ワークショップ 触れて感じて確かめる »

2006.09.23

色を使いたいから使います

番組終了後に、掛かってきた電話に触発されていろいろ考えたことを書いています。
その感想の要約は次の通りです。

「作品にいたいたしさを感じる」
「粘土なんかを使って、もっとさわる世界をやった方がいいんじゃないか」

ここでは、「さわる世界をやった方がいいんじゃないか」ということについて書きます。
「いたいたしい」というのもこの触ることを追求しろという裏返しではないかという推論をしています。

ぼくなりに考え直してみると、
「見えないからこそ、粘土でさわる世界を表現してほしいのに、なぜ見える人のまねをして
絵を描こうとするのか」という疑問があるのだと思えてきました。
この疑問は、前からときどき耳にしてきました。
ぼくの答えは、
「粘土に不自由を感じるから、ラインテープやカッティングシートを使い始めた」です。

無理をして色を使っているのではという疑問もあるのだと思います。
答えは、「色を使いたいから使います」です。

ところで、人それぞれに障害者感を持ってますよね。一番多いのは、
「障害者は、純粋で、素直で、正直だ」というものではないでしょうか。
次によく耳にするのは、
「独自の世界を持っていて、健常者からは計り知れないすばらしいものを持っている」
というものでしょう。そして、みえないぼくの場合は、
「触ることで、見える人には計り知れないすばらしい世界を感じているはずだから、
色を使おうとしたり、絵を描くという無理なことはしないでいいんだよ。
見える人のことは意識せずにやりなさい」ということになります。

ぼくは、これらの意見に反発を感じます。同じ世界に存在している限り、
お互い影響を受けているはずです。もちろん、文化の違いはありますが……。

ぼくは見えないから、自分の描いた絵がどんな風に見えますか、と問いかけます。
見える画家ならあまり聞かないでしょう。自分で見えるわけですから。
ぼくは、それを聞いてしまう。そしてその見え方を聞くことで次の絵が想像できる。
そんな書き方をだれもしてないから、見える人を気にし過ぎると言われるのでしょう。
そこにいたいたしさを感じているのかな。
それに対する答えは、
「見える世界を知りたいから。そして見えない世界を伝えたいから」です。

と、ここまで書き進めてくると、ぼくはかなり困難な、人に理解しにくいやり方で
作品を発表してきているんだなと気づきました。
かなり険しいジグザグ山道に分け入ってしまってるようです。

|

« 声の第一印象 | トップページ | ワークショップ 触れて感じて確かめる »

作品・展覧会」カテゴリの記事

コメント

たとさん、コメントありがとうございます。
 いろんな人からコメントもらえるのはうれしいことです。
これからもいろいろ書いてくださいね。
粘土で作品を作っていたときにも、素焼のままでいいという人と、やっぱり色があると違うと言ってくれる人がありました。
ぼくなりの色を付けたかったけれども、なかなかその方法が思い浮かばないまま、いわゆるブロンズ色を付けたりしてましたね。
手を汚さずに色が付けられる画材がほしいな。

投稿: 光島 | 2006.09.28 19:10

初めてブログというものにコメントさせていたたきます。失礼があればご容赦ください。
「色」を使わないというのは実際問題として不可能なのではないでしょうか?というのが私の意見です。土を使った作品であっても視覚がある人はその色に反応を示しますから。
「色を使わない」というのはモノクロということなんでしょうか?しかし、白も黒も色ですよ。(若いころ黒にこだわったルドンの色彩開眼を連想します)
私は毎年ミニコミを作るのに参加するのですが、文字の「黒」の種類だけでメンバーと延々話しますから。

ブログを読ませていただいて、「使いたいから使う」のはまったく普通だと思います。
あとはセンスなんだろうなあ。

投稿: たと | 2006.09.27 00:45

あめたろうさん、
 いつも好き勝手なことばかり書き連ねているのに、丁寧なコメントをありがとうございます。
少しずつでも書いていると、気持ちや考えが整理されてくるようです。

投稿: 光島 | 2006.09.23 18:20

拍手を送ります、送りたいです。私もその通りだと思います。もっともっと自由な発想がアートの持つ可能性だと思っています。何故、思いこみや、見えないからと言うところに戻るのか・・・と思います。「見える世界を知りたいから。そして見えない世界を伝えたいから」このことばに光島さんの制作のセンスが凝縮しているように思いました。アートだけでなく、いろいろな場面でこのテのことは、障害があるばっかりに言われることが多いです。障害があってもなくてもやりたいことは自分がやりたいと言うことです。なんかあまりうまく言えませんでしたが・・・。

投稿: アメタロウ | 2006.09.23 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色を使いたいから使います:

« 声の第一印象 | トップページ | ワークショップ 触れて感じて確かめる »