« ワークショップ 触れて感じて確かめる | トップページ | 48時間デザインマラソン »

2006.10.10

10月15日 ビュー鑑賞ツアー

ビュー鑑賞ツアーのご案内です。
見える人の申込が少ないようです。
ぜひご参加ください。
(尚、見えにくい/見えない方の参加申し込みは、定員に達したので締切になっています)

*ミュージアム・アクセス・ビュー 鑑賞ツアーのご案内*
『プライスコレクションー若冲と江戸絵画展』
日程:2006年10月15日(日) 午後1時 30分〜4時ぐらいまで
展覧会会場: 京都国立近代美術館        (岡崎公園内/Tel 075-761-4111 )
参加費: 500円
参加募集人数: 視覚に障害のある人 10名。           障害のない人 20名
申込閉切り: 10月7日(日)まで
集合場所: 京都国立近代美術館 入り口(チケット売り場前)
集合時間: 午後1時20分
※ 美術館への最寄り駅の集合をご希望される方は、申し込み時にお 伝えください。

<申し込み/問い合わせ>
  ミュージアム・アクセス・ビュー まで
  携帯電話: 080-5352-7005 
  (留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡も
この番号へ)
  メールアドレス:access_view@yahoo.co.jp(受付確認の
メールします。)

『プライスコレクションー若冲と江戸絵画展』

アメリカ・カリフォルニアのプライスコレクションは、魅力に満ちた江戸絵画のコレクションとして世界的に知られています。
半世紀前、ジョー・プライス氏は当時美術史家にも見過ごされていた江戸時代の個性的な画家たちの作品に目を奪われ収集を始めました。
プライス氏の財団の名前として用いられている「心遠館(しんえんかん)」が、
近年注目を集めている伊藤若冲の堂号「心遠館」に由来していることからもわかるように、コレクションの中心は若冲の作品です。また
円山応挙、長沢芦雪、森狙仙といった上方の画家や、酒井抱一、鈴木
其一などの江戸琳派の画家たち、あるいは肉筆浮世絵など、近年になって大きな関心が寄せられるようになったジャンルの優れた作品が数
多くコレクションされています。 本展は、プライスコレクションの
約600点の絵画作品の中から、選りすぐりの109点で構成さ れます。創造性に富んだ江戸絵画の新たな魅力をお楽しみ頂きます。

当日スケジュール:13:30集合・組分け・説明など
         14:00~15:30 鑑賞
         15:30~16:00ぐらいまで 感想会

<集合場所までのアクセス>
  地下鉄東西線「東山駅」 徒歩5分
  京都駅より 市バス5/57/100系統
「京都会館美術館前」下車すぐ
  阪急烏丸・河原町駅・京阪三条より 市バス5/57系統「京都会館美術館前」
  阪急烏丸/河原町/京阪四条駅より 市バス46系統「京都会館美術館前」

※ 地下鉄「東山」駅からまたは、市バス「東山二条」からのアクセス
    マップはビューのHPで案内しています。
     http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_2.html


ミュージアム・アクセス・ビューとは・・・
私たちは、見えない人、見えにくい人とともに、気軽に美術鑑賞を楽しむ
グループです。言葉による鑑賞を通し、美術の鑑賞のあり方や新しいコ
ミュ
ニケーションの形を提案します。
また、見えない人見えにくい人を対象とした「お絵かきワークショッ プ」を
行っています。これまで絵を描いたことがないという人、見えなくなる まで
は描くのが好きだったという人、鑑賞をさらに深めたいという人の、1日体験教室
(ワークショップ)です。表現する喜び、創造する楽しさを発見 します。

|

« ワークショップ 触れて感じて確かめる | トップページ | 48時間デザインマラソン »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月15日 ビュー鑑賞ツアー:

« ワークショップ 触れて感じて確かめる | トップページ | 48時間デザインマラソン »