« 本日、23日NHK「プレマップ」でちょっとだけ | トップページ | ぼくのおもちゃ箱 »

2007.01.11

小学校でワークショップ

市内の葛野小学校に行ってきました。
トーク&ワークショップという感じです。
総合の時間での取り組みですね。
英語の授業が小学校でも本格的に始まると縮小されそうな総合の時間です。

4年生、3クラス、100人が対象でした。
今回は、阿部さんが手伝ってくれました。
まず、全員揃ってビデオ「きらっといきる」を見てもらいながらぼくのアート活動について話しました。
けっこう、のりのいいクラスでした。

続いて阿部さんにポスター『ウルムの大聖堂』を使っての鑑賞ワークショップをやってもらいました。
同じ絵を見ても、いろんな見え方があるということを伝えたかったのです。

「青いラインは何に見えますか?」
という阿部さんの質問に対して
「風が吹いている」 「水が流れている」 「雨も降っている」
などの反応がありました。

「では、この真ん中の尖ったのは何に見える?」
という阿部さんの質問に対して、
「タワーだと思う」という意見。
すると、堰を切ったように手が上がります。
「ゾウの鼻のように見える」 「雷が落ちるところ」 「蛇のようだ」 「道が続いている」
などなど本当にいろんな見え方が、次から次へと飛び出しました。
横で聞いていても、とても刺激的でした。
もっと聞いていたい感じでしたが、時間が押しているので、10分ぐらいで中断して、
話しをぼくに振ってもらいました。

点字が下に書いてあるので、興味ある人は、読んでみてほしいこと。
こんな風に描きたかったという思いはあるが、みんながいろんな見え方を教えてくれたのがとてもよかったと伝えました。
1つの絵がいろんな風に見えていいのだということを伝えたつもりです。

後半は、50人ずつ二クラスに別れて『京阪天満橋』の立体コピーの絵を触ってもらいました。
50人となると、やっぱり迷う人も多くて、少し時間が掛かりすぎました。
でも事前にいろいろ学習していたのか、点字ブロックという言葉がすぐに出てきたのには驚きでした。
階段のイメージもすぐに理解してくれました。子どもの方が感がいいのかなあ。


Photo_16

|

« 本日、23日NHK「プレマップ」でちょっとだけ | トップページ | ぼくのおもちゃ箱 »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校でワークショップ:

« 本日、23日NHK「プレマップ」でちょっとだけ | トップページ | ぼくのおもちゃ箱 »