« 幾何学教材と視覚障害者の立体認識 | トップページ | アクセスアーツ フォーラム »

2007.01.29

立命館で座談会

昨年は、立命館に行くことが何度かありました。
今回も座談会でおじゃまします。
「アート」を切り口にして、いろんな人に出会えるのも楽しいものです。
興味ある人は、ぜひご参加下さい。

■座談会

 今年度、立命館大学心理・教育相談センターでは、「アート」をテーマにいくつかのワークショップを開催してきました。
 この座談会では、「アート」をキーワードに、「表現」「居場所」「つながり」といったテーマについて語り合ってみたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

語り手  塚崎 直樹(つかさき医院院長、精神科医、芸術療法士)
     光島 貴之(造形作家)
聴き手  假家 素子(立命館大学心理・教育相談センター・カウンセラー)

日 時  2007年2月17日(土) 午後2時〜4時
場所  立命館大学創思館2階 トレーニングルーム3

*参加無料、申込み不要

問い合わせ先
立命館大学心理・教育相談センター
〒603-8577 京都市北区等持院北町56−1
Tel > 075-466-3430

主催 立命館大学心理・教育相談センター  
共催 立命館大学応用人間科学研究科 立命館大学人間科学研究所

|

« 幾何学教材と視覚障害者の立体認識 | トップページ | アクセスアーツ フォーラム »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立命館で座談会:

« 幾何学教材と視覚障害者の立体認識 | トップページ | アクセスアーツ フォーラム »