« 作品No.20 | トップページ | 年を取ると »

2007.05.24

歯茎が腫れている

何か書こうとすると、厳密に調べて書かなければと思ってしまう。
ネットでいろんなことを調べている内にめんどうになる。
暫く散文は諦めて詩的なリズムで書いてみよう。

展覧会が終わると、歯茎が腫れてきた。
こんなに腫れるのは、初めてだ
腫れている内は、歯医者にいっても何もできないというようなことを聞いた憶えがある。
化膿止めと鎮痛剤を処方されるのか? それとも少し切って膿を出すのか?

ならば、鎮痛剤と鍼でなんとかしてみよう。
鎮痛剤が効いてくると、鍼をしてもほとんど痛みがない。
皮膚知覚は見事に鈍感になっている。
深いところで感じる鈍い響きだけだ。
手がうまく届かなくて、鍼がうまく刺せなくても痛くない。

円皮鍼を貼り、ケーキを買ったときに入っている保冷剤で冷やしながら寝ている。
3日目ぐらいで峠は過ぎたが、まだ完治せず。

以前、日比野克彦のワークショップに参加したとき、自分の口の中を粘土で作ろうというのがあった。
今なら、おもしろいものが作れそうだ。

|

« 作品No.20 | トップページ | 年を取ると »

日記」カテゴリの記事

コメント

よいちさん、アドバイスありがとうございます。
おかげさまで峠を過ぎて、痛みはなくなりました。せっせと教えていただいたような歯ブラシの使い方と鍼でケアしています。
本当に一度歯医者さんに行った方がいいんですよね。

患者さんで、歯茎が腫れてという同じような人を治療することもあるのですが、
「とりあえず、肩凝りからきているものなら、鍼したら少しましになりますが、根本的には鍼では無理なので、歯医者さんに行って下さい」
と言っています。でもなかなか自分のこととなると、つい先送りにしてしまいます。これこそ医者の不養生なんですよね。

投稿: 光島 | 2007.05.29 00:33

歯肉炎とか、歯周病とかいう言葉がありますが。
歯茎が腫れるのはちゃんとした病気だし、塗る薬もあります。ただ、あまりたびたび塗るもんじゃないので、最低限だそうです。

私は以前、水に触れただけでとびあがるほど痛みがあったことがあって、なんか急に虫歯になったのかと思って歯医者に行きました。
知覚過敏というやつでした。歯肉炎でした。
それで上記の説明をされ、歯ブラシ指導をしてもらい、薬は一週おきに3回くらい塗りに行ったような記憶があります。
基本的には歯肉炎は歯磨きが大事です。歯を磨くというより、歯茎をマッサージします。そのことがあって以来、私は歯ブラシを二本いつも置いています。一本は普段使いの、固さは普通の小ぶりの歯ブラシです。もう一本はたまに歯茎のケアをするための、毛先が超極細毛になっているもので、固さはやわらかめです。コレを歯茎にななめにあてて細かく動かします。
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間にはまる感覚は、覚えてしまうと快感ですよ。

歯肉炎で腫れている間は、これやってるとしばらくは出血したり痛かったりありますけど、じきに腫れが沈静化してきます。

まずは歯医者さん行ったほうがいいですよー。

投稿: よいち | 2007.05.28 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品No.20 | トップページ | 年を取ると »