« 岡山県立美術館で鑑賞のためのワークショップ | トップページ | ソウルからの取材 »

2007.08.25

「藤本由紀夫展+/−」

9月2日の鑑賞ツアーのご案内です。
 慢性的に、見える人の参加が不足しています。
8月26日締切となっていますが、見える人の参加は、まだまだだいじょうぶです。というか、かなり不足してます。
見えない人、見えにくい人も後1名いけますよ。

ビューでは、今年から年間のスケジュールを決めてツアーやワークショップを企画しました。見えない人、見えにくい人に関しては、この作戦は成功でした。
ガイドヘルパーなどを早くから予約しておく必要があるから、スケジュールが早くからわかっているのは助かると喜んでもらってます。

ところが、見える人の参加がいつも少なめなので、コーディネイトしてくれる人は、いつも間際まで組み合わせで悩んでいます。
なんとかビューのスタッフも交えて当日に間に合わせているような状態です。
何かいい方法ないですかねぇ?

「藤本由紀夫展+/−」個人的にはすごく楽しみにしています。
(案内は、本文続きを)

ミュージアム・アクセス・ビュー 第17回 鑑賞ツアー

「藤本由紀夫展 +/−」(大阪中之島 国立国際美術館)

―― 「音楽」と「ノイズ」、「集合」と「分裂」、「差異」と「混淆」の音場空間 ――

今回は、京都の参加者にとっては久々の遠征ツアーです!
鑑賞する作品も、おそらく未体験のものですが、美術館自体もちょっと
変わってます。地上に見えるのは、竹の生命力と現代美術の発展・成長を
イメージしたという巨大なオブジェ(ジャングルジムから泡立て器が二個
突き出ているように見えますが…)のみ。建物はすべて地下に潜っています。

藤本由紀夫展については、「楽曲と音響再生装置を用いた巨大な新作、
その他…」とだけ言っておきましょう。美術館HPの説明には、「鑑賞者を
未知の世界へ誘う…」とあります。が、またそれは、日常にあふれている
世界でもあるような… そんな不思議な藤本ワールドをお楽しみ下さい。

藤本由紀夫展が開催されている地下2階では、「藤本由紀夫展」にちなみ
「芸術と言葉」に関連する作品を集めた「コレクション2」という展覧会も
開かれています。合わせてご鑑賞下さい。

日程: 2007年9月2日(日) 午後1時〜4時ぐらいまで
集合:
 (1) 12:40 京阪淀屋橋駅 中央改札口を出たところ
(2) 12:45 地下鉄四つ橋線肥後橋駅2番出口を出たところ(地上)
 [盲人情報文化センター(現在工事中)前]
(3) 13:00  国立国際美術館1階入り口入ったところ

参加費: 500円
参加募集人数: 見えない人/見えにくい人 10名
見える人         20名
申込み締切り: 8月26日(日)まで (定員になり次第締め切ります。)

※ 参加される方は、お名前、連絡先、ひとり参加、同伴参加、
交通手段を申込み時にお知らせください。

■当日スケジュール
1:00〜1:30  挨拶、スケジュール説明、グループ分け(地下1階ロビー)
1:30〜3:00  鑑賞
3:00〜4:00 感想を語り合いましょう

■ 交通案内
□ 地下鉄四つ橋線肥後橋駅(3番出口)より西へ徒歩約10分
現在、3番出口が工事中により閉鎖中のため、2番出口をご利用ください。)

□ JR大阪環状線福島駅、東西線新福島駅(2番出口)より南へ徒歩約10分

□ 阪神電車福島駅より徒歩約10分

□ 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅、京阪電車淀屋橋駅より西へ徒歩約15分

□ JR大阪駅前より、市バス53号系統で、「田蓑橋」下車、南西へ徒歩約3分、
または88号系統「土佐堀一丁目」下車、 北へ徒歩約4分

※美術館には駐車場はありません。ご来館は、電車・バス等をご利用ください。

<申し込み/問い合わせ>
ミュージアム・アクセス・ビュー まで
携帯電話: 080-5352-7005
(留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)
メールアドレス:access_view@yahoo.co.jp(受付確認のメールします。)

ミュージアム・アクセス・ビューとは・・・
私たちは、見えない人、見えにくい人とともに、気軽に美術鑑賞を楽しむグループです。
言葉による鑑賞を通し、美術の鑑賞のあり方や新しいコ ミュニケーションの形を提案します。

また、見えない人見えにくい人を対象とした「お絵かきワークショップ」を行っています。
これまで絵を描いたことがないという人、見えなくなるまでは描くのが好きだったという人、鑑賞をさらに深めたいという人の、1日体験教室(ワークショップ)です。
表現する喜び、創造する楽しさを発見します。

-------------------------------------------------------------------------------------
ミュージアム・アクセス・ビュー
阿部こずえ
E-mail: access_view@yahoo.co.jp
URL: http://www.nextftp.com/museum-access-view/

|

« 岡山県立美術館で鑑賞のためのワークショップ | トップページ | ソウルからの取材 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

なぜ現代アートはいつも大阪なのか@ワーキングプアたねです。
今日メール来てたのはこれの案内なんでしたか。ビューからの案内が全て文字化けしていてなにがなんだかわかりませんの(なんとかして・はあと)。
他の人はどうかわかりませんが、たねが今迷っているのは、1.ひと月の生活費が家賃こみで9万円なのに大阪まで行ける費用を捻出できるか? 2.31日にならないと9月の勤務シフトが決まらない。3.わがままである。4.目的地に到達できないかもしれないほど方向音痴&触られるのがやだ。
どうしたものでしょうかねー?

投稿: たね | 2007.08.26 03:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「藤本由紀夫展+/−」:

« 岡山県立美術館で鑑賞のためのワークショップ | トップページ | ソウルからの取材 »