« ソウルからの取材 | トップページ | 復活ピッグノーズ »

2007.08.29

紫式部のお墓で展覧会

朝から、ソウルの難波さんが、番組制作会社の人を連れてやって来た。
鍼灸院は休みにして、全面協力。

話しをしている内に、ドンドン取材内容が変わっていくという柔軟なやり方だ。
本来ぼくは、そういうやり方を嫌っている。でも難波さんの意気込みにいつも負けてしまう。今回もそのパターンである。

まず、何かをさわって描いてほしいというリクエスト。
おもてなしに用意していた缶コーヒーや、紅茶・水の中から選ぶことになった。
手渡されたのは、水のペットボトル。
さて、これ何の水だかわかりますか?
下の方がくびれていてその部分に白いラインを引いているのですが、写真では見えないだろうな。

F1000007


やっと描きおわったと思ったら、またまたリクエスト。外で作品を並べてみたいとのこと。
木があるようなところがいいと言う。船岡公園までは作品を持って行くには遠いし、
表通りでは味気ない。そこで思い付いたのが、近くにある紫式部の墓。小野篁の墓もあって最近は整備されて、観光案内にも載っている。
えらく気に入ってくれたのはいいのだが、実際に敷石の上に作品を並べてみたいと言う。
パネルに描いてラミネート加工している『わがままな記憶をかたちにしてさかのぼる』なので、まあいいかと、速実行。
一枚ずつ並べながら、インタビューを受けるという念の入れよう。
お墓で展覧会やるとは思ってもみなかった。
すっかり墓地を占領してしまった。

F1000002


F1000005

|

« ソウルからの取材 | トップページ | 復活ピッグノーズ »

取材」カテゴリの記事

作品・展覧会」カテゴリの記事

写真あり」カテゴリの記事

コメント

きっと中村さんが、コメント付けてくれるだろうと、取材の終わりに携帯で撮ってもらいました。
しかめっ面してましたか? かなり疲れてた師なぁ。やっぱり現れるんやなぁ。

投稿: 光島 | 2007.08.30 16:50

光島さん、
この日記にはおもわずコメントせずにはいられません(笑)。
すごいねー1000年前のご近所さん紫式部と並んで記念撮影になってますよ。
きっと式部さんもびっくり。
歴史の教科書の中に、今の生活が進行しているとうな京都にお住まいならではの、エピソードじゃん。
そんなしかめっ面しないで。

投稿: なかむらりえこ | 2007.08.30 06:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫式部のお墓で展覧会:

« ソウルからの取材 | トップページ | 復活ピッグノーズ »