« 復活ピッグノーズ | トップページ | 個展の準備進んでます »

2007.09.04

ちかづくとビートルズ 遠ざかるとノイズ

一昨日のビュー鑑賞ツアーに参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。
当初の募集締切時点での見える人の参加が極端に少なかったので、急遽このブログや「みつしま通信」で緊急募集させていただきました。
おかげさまで、見えない人、見えにくい人一人に対して、見える人が3人という贅沢な鑑賞ツアーが実現できました。どうもありがとうございました。

ぼくの楽しみにしていた藤本由紀夫さんの『+/-』は、ビートルズの曲をすべて集めてボーズのスピーカーで同時に鳴らすというものでした。
横幅7、8メートル。高さ3メートルの大型の本棚(1つ1つの棚が横長)というか、蓋のない昔ながらの下駄箱の中に、スピーカーが埋め込まれていて、ビートルズの曲が一斉に鳴っています。
近づいて聴くと、それぞれの楽曲が聴きわけられるのですが、少しずつ遠ざかっていくと、個別の音は消滅して、何か街の騒音のようになって聞こえますす。
換気扇の音のようにも、滝のようにも、新幹線や飛行機に乗っているときの騒音のようにも聞こえてきます。
いろんな音を合わせて鳴らすと、あるいは聞くと、こんなノイズになってしまうんですね。

ぼくは、以前に街の音を取りたくてカセットレコーダーを家の前に1時間ほど録音状態で放置しておいたことがあります。
交差点の近くなので、ピヨピヨ野音響信号機や車の走行音はもちろんなのですが、何か絶えずうなっているような騒音が録音されていました。
何の音とは聞き分けられないような騒音がけっこううるさく入っているのです。
それで改めて、街の音に耳を澄ませてみたら、録音されているようなわけのわからない騒音が聞こえてくるではありませんか。
いつもは、不要な音として、自分でフィルタを掛けているのでしょうね。
音を足し算引き算している内にこういうノイズが環境音のように広がっている街。
深夜や早朝だとかなりそういうノイズは、少なくなります。

藤本さんの作品を聴いて、改めて街の騒音は、いろんな音の合成音であったのだと気付かされました。
街中にはあまりにも多くの音があふれている。街の中にいるとわかりにくいけれど、少し離れたところから耳を澄ますと、そのような音を、ハッキリ感じることができます。

10年ほど前にドイツ旅行したときのことでした。
カールスルーエのお城(館内は、美術館になっている)の屋上には、テラスがあって、そこから聞いた街の音にゾクッときた。
http://homepage3.nifty.com/mitsushima/text_2.htmlぼくは、高いところに登って聴く街の音が、なぜか好きなんですが、特にカールスルーエのお城の上から聞いた街と森の音のコントラストは今でも忘れられません。

テラスを歩いていくと、一方からは、街の音。もう一方からは、森の気のざわめきが聞こえてくるのです。
その音のコントラストが見事で、テラスをグルグル歩き回りました。

音の中に鋳ると意識しにくいけれど、少し離れて街の音を静かなところから聴くと音風景もすばらしいのだと思います。
音はそんなに遠くまで聞こえてこないので、高さや風の状態は重要です。同じくドイツのウルムの街で登った教会は高すぎました。そして強風でした。そうなると音が風に遮られてしまいます。
街も静かなところだったのかなぁ。低いところまで降りてきても、あまり街の音を楽しむということにはなりませんでした。
すばらしい風景画あるように、すばらしい音風景もあるのだろうと思っています。

藤本さんは、今回文字にも注目されているようで、アクリル板に穴を空けて光の屈折具合で影を作るようなものも出品されていました。
この技法、ぜひ作家にお会いして詳しく聞いてみたいと思いました。そして作品そのものに触らせてもらえればなおさらうれしいな。
最近は言葉による鑑賞にも慣れてきて、作品に手を出したいという衝動はあまりなかったのだが、どうも藤本さんの作品には手が伸びていく。きっとすばらしい作品なんだろう。

|

« 復活ピッグノーズ | トップページ | 個展の準備進んでます »

日記」カテゴリの記事

コメント

たねさん、ついそこまで来ていたんですね。残念でした。
大変な思いをされたこと、ビューのコメントで読みました。ぼくも少し思うところあるのでビューの方に書き込んでおきます。

投稿: 光島 | 2007.09.05 23:11

ども、大阪で道に迷ってツアーをすっぽかしたたねです。
(シリアスな記録はビューのコメントをよんでね・はぁと)
ほんまに、ほんまに、道に迷うのは目が見える/みえない「だけ」じゃないですから。

おかげで暑い大阪をホームレスのおじいさんと日陰を分けあって(取り合って)満喫してきました。夏はホームレスをしていても荷物が少なくてすむのかみんな軽装備で、そしてみな黒の傘を日よけにされてました。クリスト大阪バージョン+紫外線カットです。

結局は自分でどうするかの世界ですから、楽しんだもの勝ちというもんです。

ツアー盛況で何よりでした。

投稿: たね | 2007.09.05 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちかづくとビートルズ 遠ざかるとノイズ:

« 復活ピッグノーズ | トップページ | 個展の準備進んでます »