« カンボジアへ(2/22) | トップページ | はねうさぎでさわって楽しめるグループ展 »

2008.03.20

ゴルディアナホテル(2/22)

さて、20分遅れで出発したプノンペン行きの飛行機だが、空港には、約束通りハンナが迎えに来ていた。
持ち込んだパネル6枚(作品だが)とスーツケースをピックアップ。
迎えに着ていたのは、トックトック(バイクの後ろに幌付きの2輪車が連結されたもの)
プノンペンの空気を味わいながらホテルに向かう。
Img_1767_6


日本では、車に乗せてもらっても、窓を全開にすることはないし、スピードも速い。
トックトックは、時速30キロも出ないぐらいのスピードだ。
バイクや車にドンドン追い抜かれる。しかし、街の匂いや賑わいが伝わってくる。
ほこりっぽくて、煙の匂いや煮炊きも野の匂いが漂う。
何かを焼いている匂い。警笛、人の話し声。
何かなつかしい街の感じだ。後から舟橋さんと話してわかったのだが、日本の昭和20〜30年代の雰囲気らしい。

ぼくは、生まれつきの視力が弱かったので、景色というものを鮮やかには覚えていない。
匂いや音がなつかしさを呼び起こしてくれるのだろう。

さて、到着したホテルは、聞いていたところとは違っていた。
とりあえずの打ち合わせの場所かと思っていると、部屋の鍵を渡される。
出発前日に知らされたのは、プノンペンで一番いいホテルと言われているインターコンチネンタルだったのだが……。
変更になったとも、何の断りもなく、ハンナとの打ち合わせはドンドン進んでいく。

後に判明したのは、インターコンチネンタルには、日本の別のグループが泊まっているということだった。
このいきさつは最後まで謎のままだった。

暫くすると、ぼくたちに450ドルガ渡された。何度も確認したが、昼食と夕食代にするようにとのことだった。
これは、滞在中のパーディアム(パフォーマンス系のアーティストに支払われることの多いらしい日当)だったのだ。
始めにも最後にもこれだけ。しつこいが、作品借用量とか制作費、ワークショップの謝礼というようなものは、一切なし。
それでも飛行機代と宿泊費はもらっているわけだから、契約書とか、説明さえあれば何の不安も持たないのだか。
契約書は、明日渡すと言われたが、最後までお目に掛からなかった。
今から考えてみると、1月中頃から、ずっとらいしゅうには契約書を送るという返事が何度も送られてきていたのだ。
この国には、──障害者に対してはかもしれないが──契約書なんて存在しないらしい。

とはいえ、ぼくたちは、物価の安いカンボジアで大金を手にして優雅な食事を楽しむことができた。
2人でネパールの料理を腹いっぱい食べても15ドル程度で治まる。デザートとチャイ付きだ。
宿泊先のホテルで一人でビールと何か1品、例えば、グリーンカレーなど食べても5ドルぐらい。

ホテル周辺には、カンボジア料理はもちろん、インド料理屋フランス料理(なぜかこの店ではパスタを食べたが)や、ネパール料理の店などがあった。


Img_1760

|

« カンボジアへ(2/22) | トップページ | はねうさぎでさわって楽しめるグループ展 »

日記」カテゴリの記事

作品・展覧会」カテゴリの記事

写真あり」カテゴリの記事

コメント

インターコンチと聞いていたのに、ハンナにぼくたちはここに泊まるの?と聞いたら「そうだ」という。「あれ!どうなってるの?」と思いましたけど、ハンナはどうも経緯は知らないようでしたね。誰がyuyaにインターコンチと言ったのか謎ですね。
スポットライトは、あの少人数であのような大規模なイベントをするには無理があるように感じました。
契約書にしても、主宰者側のスポットライトの開催する意義のほうに目が向いていて、そういう細かな配慮の余裕がないように思いました。カンボジアだということには、あまり関係なくて実際にやっていたメンバーは、外国人(白人)ですものね。今回のイベントは何か打ち上げ花火のような効果はあったと思います。
ぼくが感じたところでは、カンボジアの大衆というか、プノンペン市民の生活とは無縁のところでやっているイベントのような気がしました。
プノンペンの大きなホールで開催されていたダンスパーフォーマンスのイベントは市民も来ていたように思いましたが、そこに来られる人たちは限られているように思います。ぼくが見たのは、ヴェトナムとカンボジアのグループでしたが、(カンボジアのグループは光島さんも行きましたね)そのパーフォマンスはともにテーマは共通していて、HIVと売春など、今の現状がテーマのようでした。ヴェトナムのグループはそれに加えて、同性愛のことと死についてのことまで表現していました。そこがカンボジアのグループとの違いで、カンボジアのグループは「コンドーム」の啓蒙の要素が大きく、そのあたりがヴェトナムのグループとの違いのように思いました。この違いは大きいと思います。

投稿: フナハシエイジ | 2008.03.20 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルディアナホテル(2/22):

« カンボジアへ(2/22) | トップページ | はねうさぎでさわって楽しめるグループ展 »