« 光島貴之collection Vol.3 | トップページ | アルバムを作ってみました »

2008.03.07

カンボジアから帰国

カンボジアから無事帰ってきました。
知り合いの人が偶然同じ時期にプノンペンにいるというので、旅先での再会をもくろみましたが、見事失敗。
最大の原因は、宿泊先のホテルが、到着直後変更になってしまったからです。

なせ変更になったのかは最後まで不明。一応、ぼくが出品したり、ライブパフォーマンスをやるガソリナという会場に近いホテルということで納得しておくことにした。
当初、連絡されてきたホテルは、インターコンチネンタルホテル。調べてみると、プノンペンで一番高級なホテルとか。恐るべし日本財団!!と喜んでいたのだが、期待はずれだったというわけだ。
このあたりからけちのつき始め。
インターコンチなら、おいしいコーヒーが飲めたのにというのが、一番のねたみである。

まあ、ぐちはこれぐらいにして、改めて報告を書きます。
写真も舟橋さんから提供してもらうのを待って掲載します。

今は、とにかく待ってくれていた鍼の患者さんに精一杯の治療を試みているところです。
来週になると、少し余裕ができそうです。
とにかく熱さと、これぞアジアというカンボジアに圧倒されて帰ってきました。
今は、いつものコーヒーとウォッシュレットに感動しつつ、毎日を送っています。

いつも、日本にいると、ちやほやされることが多いので、たまにはこれぐらいの扱いを受ける方が刺激になっていいのだろう!!

|

« 光島貴之collection Vol.3 | トップページ | アルバムを作ってみました »

日記」カテゴリの記事

コメント

たねさん始め、みなさまにご心配お掛けしています。
 普通にうろうろしたり、観光する上では、地雷の心配はないようです。でもいろいろ日本語の通訳もしてくれたトックトックのドライバーのパンさんの話しを聞いていると、兄弟の中には、ポルポト時代に行方不明になっている人もいるとか。
とにかく、恐ろしい時代を通り抜けてきているようでした。

投稿: 光島 | 2008.03.11 12:08

おかえりなさい。ご無事で何よりです。外務省の渡航情報を見ておりました(カンボジアといえば内戦後の不発弾がまだ埋まっているところ、らしい)。
コメントなど読ませていただいていると、なんというか、しょうがいに対する認識が日本と違うような気がします(出すぎた発言失礼ですね、すみません)。
想像ですが、内戦でしょうがいを持ってしまった親戚とかいるわけでしょうし、その方々の苦労を知ってるわけですから、「日本から招待されるような目の見えない画家」って、ちょっと不思議じゃないかしら?
そういう意味では新しい可能性を示せた訳で、白人が金を出そうと良いではないかと思うたねでした。

投稿: たね | 2008.03.11 01:33

遅くなって、チョッと2日間のびてました。
私のいったときは現地のCAREというNGOの方たちがお世話してくれたのですが、現地スッタフと日本人でしたので、でも私はクメール語はわからないのでみな英語と、日本語でやってもらいました。でも授業のワークショップは直接こどもたちなので、3ヶ月はクメール語勉強していったのですがまあ、自己紹介とワークのとき使う単語は少し役に立ったようでした。やはり、現地の人と接するときは少しでもその土地の言葉を使うとコミュ二ケーションはとれますね。私はほとんど現地の方しか接触なかったので、その障害者団体が外国の運営だけでなされていたのでしょうか?

投稿: ノブコ・ウエダ | 2008.03.09 12:57

ぼくは、あの猥雑な感じ無理かもしれないなぁ。
とても一人では、街を歩けそうにない。日本の街が整備されすぎて、それに慣れてしまってるからかも知れないけど。
一昔前なら、日本でも、点字ブロックや音響信号機もなかったのだから……。
トックトックのドライバーで日本語のできるパンさんは、親切だったけど、街の人はとても遠慮がちで障害者にも慣れていないようでしたね。

投稿: 光島 | 2008.03.07 23:41

そうでしたね。TUK・TUKはぼくも好きです。
ぼくは、かなりカンボジアが好きになりました。
あの、猥雑な感じがとてもぴったりで、くせになりそう。あのよそよそしい、インターコンチに泊まらなくてよかったかも。

投稿: フナハシエイジ | 2008.03.07 23:00

ノブコ・ウエダさん、コメントありがとうございます。
 ぼくもトックトックという乗り物に感激しました。バイクの後ろに幌付きの車が繋がれたものです。
街の匂いや音を感じられるからです。昔懐かしい街の賑わいでした。こどもの頃の匂いかなぁ。

違和感があったのは、今回のアジアの障害者のアートフェスティバルを仕切っていたのが、白人の英語を話す人たちばかりだったことです。
クメール語を話す人たちはどうしているんだろう。ノブコ・ウエダさんは、そういうこと感じる場面はなかったですか?

投稿: 光島 | 2008.03.07 18:17

そうか、カンボジアだったのですね。私は数年前までカンボジアには5回ほどいっていて、田舎の学校で絵画のワークショップなどしてきました。
本当に暑いですよね。バイクの後ろにのって町を走ったこと思い出します。コーヒーはコンデンスミルクみたいなのいれてたような。でも私は食事はとてもあっていたのでカンボジア大好きです。

投稿: ノブコ・ウエダ | 2008.03.07 10:40

お疲れ様でした!
お身体ゆっくり休めてくださいね。

投稿: よいち | 2008.03.07 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアから帰国:

« 光島貴之collection Vol.3 | トップページ | アルバムを作ってみました »