« 香港タイフーン1 | トップページ | 香港タイフーン3 »

2008.08.21

香港タイフーン2

■21日(2日目)

朝食は、昨夜と同じチャイニーズレストランで中華粥。けっこうボリュームがある。ピータンも入っていて栄養満点。

11時頃、ADAのワークショップルームで取材を受ける。
工場跡の建物の一室をADAHKが借りているらしい。
通訳のジェリーさんとも初顔合わせ。
インタビューで困ったのは、何か絵を描いてほしいというリクエスト。
ときどき言われることなので、ある程度予想していた。まあ、喜んでもらえるならと描く。
適当に描いたかたちは、ナスに見えたらしい。
カッティングシートを適当に切り、ラインテープを手の動くままに引いていっただけだ。
「なぜナスなのか?」 「何か深い意味があれば教えてほしい」
と、真剣に聞かれても困る。
後になって、通訳の人の限界を知ってからは、もう少し食い下がって質問の意味を問い詰めた方がよかったと思った。
あんがい、簡単な質問だったのかも知れない。
でも、その場では、きっと物語を必要とされているのかと思い、もう一度描き終えた絵をさわりなおした。
鋭く尖った部分と緩やかな曲線。ワークショップを前にしての緊張感と、
何のトラブルもなくすんなりと終わってほしいというメッセージとした。
とりあえずそれで納得してもらった。本当は、何も考えてなかったのだけれど。

ADAHKのもう1人のスタッフ、ブライアン(男性)と画材を調達に。プラダンとラインテープを買う。

いよいよ台風が近づいている。直撃間違いなしとのこと。
まず、明日は、朝からはワークショップはできないだろうとのこと。
午後からとか、丸1日キャンセルになることも想定してほしいと言われる。
香港では、台風情報でレベル8以上が出ると、会社や学校もお店もすべて休みになる。
ワークショップも中止になるとその分の講師料もカットされるのだ。
思わず減収の計算をしてみた。

夕食は、ホテルの近くの狭いスープヌードルのお店。
ワンタン麺と野菜炒めを食べた。
スープはあっさりしていて、麺が細い。ワンタンにはしっかり味が付いている。そしてでっかい。4つも入っていた。

|

« 香港タイフーン1 | トップページ | 香港タイフーン3 »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港タイフーン2:

« 香港タイフーン1 | トップページ | 香港タイフーン3 »