« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.14

脚を語る

久しぶりでNHK大阪放送局に行ってきました。
18日・日曜の放送予定です。ただしラジオ第2放送ですのでお間違いなく。

「ともに生きる〜この人に聞く・光島貴之さん・女性の脚を語る」
こんなタイトルだとみんな聞いてくれそうですよね。NHKでは無理な話ですが。本当は、
「ともに生きる〜この人に聞く・光島貴之さん・言葉で紡ぐアート」です。

放送日 2009年1月18日・朝8時〜8時30分(NHKラジオ第2放送)
再放送  〃   1月18日・夜7時〜7時30分(NHKラジオ第2放送)

昨年11月30日に京都国立近代美術館で行われたビューツアー
「現代美術への視点―エモーショナル・ドローイング」展の様子が、録音で
紹介されます。『親切な人』というタイトルの絵を前にしてのやりとりが興味深いです。
どれぐらい取り上げてもらえるか分かりませんが、グループによっての鑑賞の違いがおもしろいと思いました。

それと、改めて不思議に思ったのは、どちらのグループもこの絵の脚は、女性だと言って
いるところでした。ぼくなんか、鍼するときに男性、女性問わず脚をさわりますが、
この脚は女性らしい何て思ったことないんですよ。そういう脚に遭遇してないだけでしょうか。
もちろん、太いのもあれば、細いのもある。筋肉がしっかり付いているのも脂肪ばかりのもある。
むくんでいるのも、骨ばかりのもある。毛むくじゃらも、ツルンとしたのもある。

さらに部分的に観察するのは、
膝や足首の腫れや、間接の変形だとか、押さえていたいところとかに注目しています。
いかにぼくが治療に専念して観察しているかということでしょうか?!
今度から少し女性らしいところとか、男性らしいところとかに注目してさわることにしてみようか?
いやらしい先生という評判が広まってもこまるんだけど(笑)

でも本当は、見える人!! 思いこみで脚を見てませんか?
女性らしい脚は、ほっそりしているとか、すらっとしているとか。
女性でも力強い脚も、毛むくじゃらもあるんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

布のアート、みんなで服作り

今回は、最近ビューメンバーに加わってくれた中山さんの企画です。
布は、ビューの創作ワークショップでは始めて使う素材です。
「見えない人の美術というと粘土」という既成概念を打ち破りたいという思いから
あえて平面や色にこだわって企画を続けてきました。布もちょっと扱いにくい素材かもしれませんが、服作りに囚われず、
手触りや色を楽しみながら見たことないような服ができればいいですね。

お絵描きワークショップ 第13弾
 『布のアート、みんなで服作り』

■日時  2009年1月25日(日曜日)
     午後1時30分〜4時半

■講師  中山登美子

■場所  京都市山科身体障害者福祉会館 1階食堂
     〒607-8086 京都市山科区竹鼻4丁野町34-1
     (TEL 075-591-8821)

■行き方 JR・京阪・地下鉄東西線 山科駅より徒歩10分(駐車場あり)

■集合場所
 1、直接会場 
2、JR山科駅改札(1時)

■参加費 1000円

■募集 
見えない人/見えにくい人:10名
     サポーター(見える人) :20名
*サポーターさんの参加費は無料です。見えない方/見えにくい方と
グループになって色や形の相談、素材の使い方のお手伝いをしてもらいます。


■ワークショップ内容
ファッションはとても楽しい生活の一部で服選びや服を着ることは自分を知ること、
自分のスタイルを探すこと、自分を考え ることです。
そして、服に使う布地は、24色クレヨンのような色彩、水玉やチエックや動植物などの
柄、絹や木綿やウールなどの素材感&肌触り感などのいろんな要素を持ち合わせてます。
最近は、アジア・アフリカの古布や日本の古い着物地からの服作りもブームで、布たちは
わたしたちの心を揺さぶる愛すべき大切なものです。
今回のワークショップはこんなあらゆる種類の布から一枚 のポンチョふう服を遊び&
アート感覚で自由に作っていきます。
      ポンチョは誰でもがもっとも簡単に身にまとってはおれる 服です。
表と裏の2つの面をはぎれ布一枚一枚でキャンバスに描い ていくように楽しめるでしょう。
      最後は出来上がった衣装を着てどんなふうに変身できたか、どんなふうに
見られるかなどの意見感想会を開きます。

■申し込み/問い合わせ
「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで
 1お名前 、2連絡先、3障害の有無、4同伴者の有無、5集
合場所をお知らせください。

●携帯番号 080ー5352ー7005
 (留守電の場合はこちらから連絡します、当日の緊急番号もこの番号へ)
●メールアドレス
museum_access_view@yahoo.co.jp

■会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地図」はこちら
http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_5.html

続きを読む "布のアート、みんなで服作り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
年賀状に浮き出し印刷した原画です。
印刷に回してから知ったのですが、乳牛の角は、小さいうちに切り取られて伸びない
ように処置されてしまうらしいですね。喧嘩して傷付かないためだそうですが……。

気分が乗らないと更新できない気紛れなブログですが、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »