« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.30

光島貴之展ー確かなものと不確かなもの─

久しぶりの個展だ。
ロート製薬の木津研究所で現地制作した大きな作品を、廃棄処分せずに、多くの人に見てもらうことができるようになった。
突然の企画を、快く実現いただいたたんぽぽの家のみなさん、どうもありがとうございます。

40号のキャンバス1枚と10号のキャンバス4枚を購入。
現在、10号を3枚描いた。
その他、黒だけで描いたものも5点ほど出品予定。
10日の初日には、公開制作も予定しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

光島貴之展
ー確かなものと不確かなもの─

6月10日(水)〜7月4日(土)
11:00〜17:00 
日・月曜日休館
作家在廊日/6月10日(水)7月4日(土)13:00〜17:00 

たんぽぽの家アートセンター HANAギャラリー
〒630-8044奈良市六条西3-25-4
TEL 0742-43-7055(代表)FAX 0742-49-5501
URL http://popo.or.jp/ E-mail tanpopo@popo.or.jp


光島にとっての確かな街は、
話し声 足音 点字ブロック 段差 音響式信号機である。
風切る自転車と車の音には、不安を感じる。
不確かなものは、自転車に乗っている人や、足音の持ち主である。
歩き続け、街に近づこうとすると、不確かなものがその姿を、あらわにし始める。

光島にとっての確かなものと不確かなものをテーマに、近作を展示します。
併せて、2009年5月、ロートリサーチビレッジ京都で現地制作した
6メートルの壁画を、ロート製薬のご好意により一般公開します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.17

こんな展示になりました

17日・日曜午前10時30分ぐらいから描き始めた。
柱を取り囲んだ壁面。長い方が、180センチ。短い面が、120センチ。
ぐるっと一周してみると、思ったより小さな感じ。
ところが侮ってはいけない。四つのコーなを使いこなすのには、かなり苦労した。

まず、前日に用意した、空色のカッティングシート約8メートルで壁面を取り囲む
ように、下から上へ斜めに貼っていった。
スタッフ総動員して、何とか一周。少しの皺は我慢してもらうことにして思い通りに貼り終わる。

木を描き、自転車を描き、ハイヒールの人を描いた。
しかし何か余白が気になる。
4時頃、コーヒーをごちそうになりながら雑談。
そこで閃いたのが、ハイヒールの足音を描くことだった。これで命拾い。
その後、展示台として作ってもらった直方体の箱にも一つ描いて、
7時頃終了。
これは、今回ロート製薬のプロジェクトでお世話になった江頭さんと采女さんのイメージだ。

作品タイトルは、『確かなものと不確かなもの』。
制作風景を記録して、10分ぐらいのビデオに編集してもらっている。
これも、見てもらう機会があればいいのだが……。


Img_0814_2

Img_0817

Img_0851


Img_0867

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

大きな直方体に描く

ロート製薬の木津研究所で、現地制作します。明日、17日です。 先週、下見をしたら、直径120糎の大きな柱があったので、それを取り囲むようにパネルを立ててもらうことにしました。 高さは、210糎。幅は、120センチの面と180センチの面があります。 その真ん中に柱が立っているという感じです。 早速、紙で縮尺模型を作りました。 かなり描きごたえがありそうです。 時間も限られているので、少し仕込みをしておこう。 8メートルの青色カッティングシートを買ったので、この造作パネルをぐるっと取り囲むようなラインを切り取った。 明日一番にこのラインを貼り付けることになるだろう。 明日は、阿部さんと高内さんに手伝ってもらうことになっている。よろしくお願いします。 うまくいけば、巡回展の話もまとまりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.08

60人のワークショップ

相模原の女子美でワークショップをしました。 視覚障害者7人ほどを含む60人。 こんな大勢は初めて。 何とかなるものですね。 今回は、立体コピーの新作の絵を触ってもらいました。 名作? 「天満橋」を越える絵がなかなかできなかったのですが、 5作目にして少し納得できる作品化もしれません。 「天満橋」が、直線で構成されていて、駅の具象なのに比べると、 新作は、曲線を多用した抽象度のあるものです。 何回か繰り返して使うと良さが実感できるかもしれません。 詳しくは、ビューのブログでご覧ください。 http://mitsushima.txt-nifty.com/view/2009/05/post-31e5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »