« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.28

銅版画ワークショップのお知らせ

昨年秋に今回お世話になる岸中さんのアトリエにおじゃまして、銅版画を体験させて
もらいました。ドライポイントというやり方でなら見えなくてもけっこうやれそう
です。

-------
お絵描きワークショップ第16弾

「引っかいて、インクのせて、さぁプレス!?銅版画で楽しむ?」

◆日時  2010年2月14日(日) 午後1時30分?5時

◆講師  岸中延年(版画工房ENNEN FACTORY主宰)
◆場所  版画工房ENNEN FACTORY
〒606-0916 京都市左京区松ヶ崎三反長町16
TEL 075-781-4228

◆行き方
京都市営地下鉄烏丸線松ヶ崎駅(2番出口)より松ヶ崎通を南へ徒歩
5分 西側(簡易保険事務センタ?の前/駐車場無し)
http://web.mac.com/ennenfactory/iWeb/Site/access.html

◆集合場所
1.直接会場 (1時30分)
2.地下鉄烏丸線 「松ヶ崎駅」改札(1時20分)

◆参加費  1000円(見えない人/見えにくい人のみ)

◆募集  見えない人/見えにくい人:5名
サポーター(見える人):5名

◆内容

この銅版画ワークショップでは、製版と刷りの両方の工程を楽しんで
頂きたいと思います。

銅版画は版面にインキの詰まる溝を作り、その溝に詰めたインキを銅版
画用プレス機で紙に刷ります。
ドライポイント技法で、ニードル(針)を使って版面を引っ掻いて絵を
描きます。線の濃淡は、引っ掻く力の強弱で作ります。

絵を描く題材は、何処でも見つけることが出来ます。
今回は、ワークショップの会場を描きましょう。
見えない人と見えにくい人は、見える人と会場内外の情景を話し合い、
回ってみて、触ってみて、頭に描いたイメージを絵にして下さい。

続きを読む "銅版画ワークショップのお知らせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.23

ウッドノートのドアを開くと

Dm1_2

久しぶりで、左京区一乗寺の喫茶店「ウッドノート」で個展をします。
音をテーマにして作品を制作中です。
ギャラリーと違って夜の11時までやっているお店ですので、お気軽にお立ち寄りください。

「光島貴之展──ウッドノートのドアを開くと」

会期:
2010年2月3日(水)〜15日(月)
12:30〜23:00(最終日は18:00まで)
火曜 定休

作家在廊日:
2/7(日)14時〜
2/11(木/祝)14時〜
2/14(日)18時〜
その他の日程は、追ってこのブログで告知します。


場所:
ウッドノート(WOOD NOTE)
(京都市左京区一乗寺大原田町23-3)
TEL075-722-9302
高野の交差点を東へ、叡電の踏切の手前を北へ約100m。東側。
叡山電車「一乗寺駅」から西へ。2筋目を南へ。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.10

折れました

7日から、鍼の仕事始めてます。
初日の出来事です。折れてしまいました。
ぼくの心ではありません。白杖です。
久しぶりだなぁ。あのポキッという感触!!

いつものパンやさんで、ベーグルを買っての帰り道。
雨が降り出した。傘を持ってなかったので、ジャンパーのフードをかぶった。
耳が隠れるので、当然街の音が聞こえにくくなる。
暖かいときなら少々濡れても平気だけれど、あまりに寒いのですっぽりかぶっていた。
歩道だが、おもしろいことに、左手が車道なので、右へ右へと寄っていく。
電柱にぶつかっては、左に方向修正しながら歩いていた。
小降りなので、雨音に邪魔されているわけではない。
杖を突く音や、街の反射音を聞きながら微妙に方向修正しながら、歩いているのだろう。

思うように歩けないので、つい杖を大きく振る。
いつもは、肩幅ぐらいに振っているのだが、たぶん右側を意識してそちらに大きく振り回す。
そんなとき、自転車に見事はねられた。

「あ、やられた」
すばやく杖をたぐり寄せると一番先の折りたたみのところで折れていた。

ひき逃げではなかった。
若い女性、大学生ぐらいだろうか。戻って来て、
「だいじょうぶですか?」と声を掛けてくれた。
杖を見せて、折れてしまいました。と言うが、「すみません」と言うばかり。
「杖が見えませんでしたか?」とぼく。

「避けたつもりだけど、杖を横に出されたので……」
「前を確かめるために、たえず杖は動かしているんですよ。気を着けてくださいね」
それで終わり。弁償してほしいところだったが、いつもより杖を振り回して歩いていたという意識がこちらにもあったからか、それとも若いときのようには、喧嘩腰になれないのか。

さて、まだうちまでは遠い。500メートル以上。ブラブラした杖で歩けるの? 相手が去ってから不安になった。
まだ雨は、降り続いていたが、フードを脱いで、いつもの半分のスピードで、ブラブラ杖をスライドさせながら何とかたどり着いた。
歩きなれているところでよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »