« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.30

靴下がわからなくて恥ずかしかった

「3331アーツ千代田」でのワークショップ終わりました。
見えない人も3人、総勢25人の参加となりました。
上海から6人、ソウルから3人。とても国際色豊かなワークショップになりました。
スタッフ・ボランティアのみなさま、お疲れ様でした。
船井さんも、体調の優れない中、他に展覧会も抱えながら、
連日の準備作業大変だったと思います。どうもありがとうございました。

今回、「視覚と触覚の交差点」を巡回させていただいたり、ワークショップで船井さんの最近作の一部を、板パネルでさわらせてもらったりする内に、改めて船井さんの作品が理解できていなかったことに気が付きました。
というか、分からないところがどこなのかが感じられてきたというのが正確ですね。
船井さんの作品には、たぶんグラデーションはない。
影も含めてかもしれないが、輪郭がはっきりしている。
だから、立体コピーにするにしても、言葉で説明してもらうにも取っつきやすい。
さらに船井さんは、聡明で、概念的な話し方ができる。
聞いているとついわかったような気になってしまってました。
似て否なるものとは、こういうものを言うのですね。
船井さんの絵は、misa funai 船井美佐
http://misafunai.com/

絵のやりとりをすると、その相手の人の絵が深くぼくの中に関わってくる。
例えば、1999年に「触覚連画」を始めたときには、
ぼくは、描かれているものの形が何であるかに注目してばかりいた。
靴下が描かれていても、それは、足に履くものであり、平面に置き換えられる画像としての予測すら不可能であった。
そして絵の靴下が認識できなかったことが恥ずかしくて仕方なかった。
確かあれは、ギャラリーTOMの近くにある松濤公園での昼下がりのことだったと思う。
中村理恵子さんから手渡された「触覚連画」のデータ(カッティングシートと立体コピー)は、何度さわり直しても靴下と言い当てることができなかった。

あの頃のぼくは、「触って理解できないものは、存在してはいけない」と思っていたのかもしれない。
そういう頭の固いぼくを解きほぐしていってくれたのが、「触覚連画」の人々だった。

それでもなかなか執着の強いぼくは、いつまでもそのものの形のおもしろさよりも、それが何であるかの謎解きに夢中だった。
2005年に船井さんから申し出のあった「視覚と触覚の交差点」においてもまだまだそのことを引きずっていたようだ。

結局謎解きではなく、そのものの持つ形のおもしろさや、風合いというようなものにも注目ができるようになったのは、
2002年あたりから始めたミュージアム・アクセス・ビューの言葉での鑑賞での熟成を待たなければならなかった。
世の中には、触れないものが氾濫していて、それらをいくら触れるレプリカにしてもすべてが指先から伝わっては来ないのだということに観念したとき、新たな地平が開けたような気がする。

そして今回船井さんの絵に改めて接してみて本当の船井さんの絵のおもしろさはまだぼくには感じ取れていないのだと気がついたのだった。
見える世界と見えない世界の共有は難しい。だからこそおもしろいのだ。
ますます船井さんの絵が好きになっている。
違いは違いのままおもしろさを感じとろう。
無闇な歩み寄りは危険だという予感がある。

安斎さんが書いている次のページの内容が、いまさらながらに腑に落ちた。
「触覚連画」発見の喜び
http://www.renga.com/anzai/netagora.htm

ぜひご一読いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.08

「3331アーツ千代田──POCORARTオープニング企画展」

「3331アーツ千代田──POCORARTオープニング企画展」
  展覧会とワークショップ・アーティストトークのお知らせ

展覧会タイトル:
「光島貴之×船井美佐 〜image〜 触覚と視覚の交差点」
  見るとは? 二人の画家から考える

光島貴之は全盲の画家です。ラインテープやカッティングシートを使った絵画制作に取り組み、アーティストとして美術館やギャラリーにおいて作家活動を行っています。
船井美佐は、2次元の平面空間やイメージを問題とした絵画作品やインスタレーションを制作する現代美術作家です。
両者には平面的な線と面で描くと言う表現上の共通点がありますが、船井は視覚にこだわり、光島は視覚を用いず触覚によるという、真逆の方法でイメージが描かれています。
そこで、2005年に2人でイメージのやりとりによる作品制作を試み「触覚と視覚の交差点」というコラボレーションを行いました。
同じイメージを描いてもその表現や捉え方は全く異なります。そこでは、人が認識しているイメージとは一体何か、絵画とは何か、記憶の共有とは、など様々な事柄が浮かび上がり、既成概念が問い直される場となりました。多くの人は目で見てすべてを知っていると思っているけれど、実はそうではないかもしれません。見るとは・・・?
今回は「〜image〜触覚と視覚の交差点」として、両者の 2005年と近作の作品を展示する展覧会を開催し、一般の方が触覚と視覚の交差点を体験できるワークショップを行います。

会期: 2010年3月14日(日)〜3月31日(水)
会場: 3331 Arts Chiyoda 地階B105
開館時間: 10:00〜21:00(入場は閉館の30分前まで)
入場料: 無料

■ワークショップ・アーティストトーク■
触る/見る/想像する/作る 体験してみよう!
見えない人と見える人がグループになり、一つのモチーフを選びお互いの感覚を伝え合って共同で一つのイメージをつくります。様々な手触りの素材を使って、切ったり貼ったりコラージュをして、触っても見ても楽しめる絵に仕上げます。
導入では、光島の代表作品より「天満橋を歩く」と、船井のvoca展2010出品作品「hole」を触って鑑賞します。
見た時や触った時の印象を言葉で話してみましょう。
2次元のやりとりを通して、お互いがいつもと違う世界にふれるワークショップです。
どなたでもお気軽にご参加ください。
アーティストトークでは、光島と船井がそれぞれの作品制作について語ります。

講師・アーティスト:光島 貴之×船井美佐
日時: 2010年3月28日(日)10:00〜15:00(14:30よりアーティストトーク)
会場: 3331 Arts Chiyoda 地階B105
集合: 9:40 東京メトロ銀座線末広町駅改札(2つある改札のどちらでも可)
     ※集合場所からスタッフが誘導します。詳細はお申し込み時にご連絡致します。
定員: ワークショップ…視覚障害のある方10名 / 一般20名 。要予約
     アーティストトーク…トークのみの参加も可。予約不要
参加費: 無料
持ち物: 昼食、手触りのおもしろい廃材(あれば。布、紙など。)

お申込みは、
http://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dEVqYi12dmczVTVKTm1BS2tocW9oQkE6MA
からお願いします。

メールでのお申し込みの場合は、必要事項を記入の上、件名を「ワークショップ応募」として、
pocorart@commanda.info
までお送りください。

必要事項:
1.お名前(ふりがな)
2.当日連絡のとれる電話番号
3.メールアドレス
4.ご住所
5.障害の有無(一般、全盲、弱視)
6.性別、ご職業、介助状態(盲導犬・ヘルパー同伴など)
7.当日配慮する事や必要な事

お問い合わせ:
電話 (Chiyoda 3331事務局代表):03-6803-2441
FAX:03-6803-2442

主催: 千代田区
企画・制作: 3331 Arts Chiyoda

続きを読む "「3331アーツ千代田──POCORARTオープニング企画展」"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2010.03.05

M.C.エッシャー展

いつものことながら、見える人の参加が少ないようです。
お知り合いなどお誘いください。お申し込みをお待ちしています。
なお、見えない人の参加はすでに締切となりました。

        第25回 鑑賞ツアー「M.C.エッシャー展」のご案内
       2010年3月21日(日)/奈良県立美術館
3月は謎なぞのエッシャー(オランダ出身の版画家、1898年ー1972年)です。エッシャーがアメリカをはじめとして幅広い人気を集めだしたのは、1960年代末から70年にかけてです。
ベトナム戦争がもたらした当時の屈折した価値観のもとで、アメリカのヒッピーたちはエッシャーの世界に描かれた相対的空間や無限循環の構造などに、心理的な共鳴を覚え、その後もエッシャーファンは世界中に広がっています。
エッシャーが創る作品はとても不可解で、見えない位置のものを見る、2次元の中に3次元世界を表現する、不思議なだまし絵(トロンプ・ルイユ)。
鑑賞者は魔術師のトリックにひっかかり、平面とは信じられないほどの遊びのための遊びを愉しめ、知的好奇心をそそられ、世界の見方が変わるかもしれません。
今回の展覧会ではハウステンボス美術館所蔵の代表作80点が観られます。
もっとも評判になった作品「昼と夜」も展示。ツアー開催日の3月21日は昼夜の長さが同じ春分の日。一日だけでも、あり得ない世界にだまされてみましょう。
    (コーディネーター:中山登美子、鳥養庸子)
■日時   3月21日(日)1時40分~5時まで
■会場 奈良県立美術館(近鉄奈良駅1番出口から徒歩約5分、JR奈良駅から
    奈良交通バス[県庁前]下車)
■集合場所 1、1時30分 近鉄奈良駅の東改札口
      2、1時40分 奈良県立美術館前 

■参加費  800円

続きを読む "M.C.エッシャー展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »