« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.18

新しいビューツアー

見えない人が、積極的にリードする新しいビューツアーです。

4月24日(土)「舞台裏─物語へようこそ─」
ミュージアム・アクセス・ビューとめぐるツアーのお知らせ

2001年、京都芸術センターで、鑑賞ツアーを行ったことがきっかけと
なり、ビューははじまりました。なんと9年ぶり・・京都芸術
センターで、ツアーがあります!
当時、アートなんて初めて!と言っていた見えない人も、自分の好みの
作品やアーティストが増えてきたようです。今回はそんな1人、人と
知り合い、語るのがとっても好きな山川秀樹さんと一緒に作品を
めぐります。彼のナビゲートにより、作品を伝え合い、彼の興味を刺激すること
で、作品のイメージが広がり、そして作品の真髄にたどりつくことがで
きます。

展覧会は「舞台裏─物語へようこそ─」。なんと舞台と舞台裏に入る
ことができます。舞台美術が静かに語る声を拾い上げ、そこから
生まれる物語を見つけましょう。見える人も見えない人も、ぜひご参加下さい。

----

「舞台裏─物語へようこそ─」
http://www.kac.or.jp/bi/289

■ミュージアム・アクセス・ビューとめぐるツアー
視覚に障がいのある人たちと一緒に会話をしながら美術作品を鑑賞して
いるミュー ジアム・アクセス・ビューと展示会場を巡るツアー
です。
日時:4月24日(土)14:00-
会場:ギャラリー北・南
申込不要・無料

※視覚に障がいのある人で会場のわからない方は、京都芸術センターま
でお問合せ下さい。
最寄り駅(四条烏丸)から会場までの手引きを致します。


京都芸術センター
〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下ル
山伏山町 546-2
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
http://www.kac.or.jp/

--------------------------------------


| | コメント (0)

2010.04.15

4月30日女子美でワークショップ

昨年に引き続き、女子美でワークショップをさせていただきます。
一般募集は、見えない人、見えにくい人と若干のサポーターです。
以下、教員の柴崎さんからの案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みえないひと・みえにくいひと・みえるひと
ともにつくるワークショップ開催のご案内

こんにちは。女子美術大学芸術学科の教員の柴崎由美子と申します。
このたび、女子美術大学では、「ユニバーサルアート研究」の授業において、視覚に障害のある人とない人が一緒に創作するワークショップを行うことになりました。
この授業では、アートを従来よりも広い視点でとらえ、学生が将来、アートを通して社会とさまざまな接点を持つことを目指しています。
そこで私たちは、視覚に障害のある方で、本学の学生と一緒に作品を制作してくださる方を探しています。今まで、作品制作の経験がない方にもご参加いただけるワークショップです。ぜひご協力ください。
日時などの詳細を以下にご案内します。大変急なお願いで恐縮ですが、皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

●日にち 2010年4月30日(金)
●時間 13時20分~16時30分
●場所 女子美アートミュージアム 1011スタジオ
(〒228-8538 神奈川県相模原市麻溝台1900 女子美術大学相模原キャンパス内。
小田急線相模大野駅またはJR横浜線古淵駅からバスを利用。)
※アクセス方法は後半でご案内します。
●募集人数 みえない人・みえにくい人 15人

みえるひと(プログラムに興味があって運営をサポートしてくださる方 若干名)

●集合時間 13時10分
●集合場所 女子美アートミュージアム・ロビー
●費用 参加費は無料ですが、会場までの交通費は、自己負担となります。
●創作ワークショップについて
ワークショップは、京都を拠点に活動する「ミュージアム・アクセス・ビュー」の光島貴之さんと阿部こずえさんをお招きして開催します。みえない人・みえにくい人と、サポーター役のみえる人とがチームになり、テーマを決めて制作します。みえない人は表現したいことを伝え、素材選びや色選びなど、刺激しあいながら創作していきます。これまで絵を描いたことがないという人、みえなくなるまでは描くのが好きだったという人、何かつくるのが好きな人、アートでわくわくしたい人、どなたでも参加が可能です。
また、学生にとっては、みえない人・みえにくい人と共に作品を制作するという経験を通して、創造とはなにか、さまざまな背景をもつ方たちとアートをたのしむとはなにかを考える、新たな学びの時間にしたいと考えています。


なお、京都から「ミュージアム・アクセス・ビュー」の光島さんと阿部さんを招いて開催するワークショップは昨年にひきつづき2回目になります。昨年の
テーマは「音の街・さわる街・見る街」でした。今年はどのようなテーマになるかご期待ください!

※ このワークショップは、「ミュージアム・アクセス・ビュー」のご協力を得て、女子美術大学芸術学科が授業の一環として行うものです。

●お申し込み先・お申し込み方法
以下の項目を、女子美術大学芸術学科研究室(助手:小野)宛にメールでお送りください。
メールのタイトル(件名)は「ワークショップ参加申込」としてください。
メールアドレス 芸術学部芸術学科
arts@venus.joshibi.jp

1)お名前
2)当日の連絡先電話番号
3)メールアドレス
4)同伴者の有無
5)盲導犬同伴の有無

6)最寄り駅改札までのお迎えが必要な方はご相談ください。

●お申し込み締め切り:4月28日(水)

●お問い合わせ先
女子美術大学芸術学科(担当:柴崎由美子、助手:小野)
E-mail:
arts@venus.joshibi.jp
受付後、折り返し確認メールを送ります)

電話:042-778-6646(10時から17時に受話可能です。ただし不在のときもありますので、お手数ですが、おかけなおしください)
柴崎携帯:
090-4036-6068(留守電の場合はこちらから連絡します。
当日の緊急連絡先もこの番号へお願いします)

続きを読む "4月30日女子美でワークショップ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.04.14

二条城・ふすま絵めぐり

第26回美術鑑賞ツアー
~ 二条城・ふすま絵めぐり~

2010年5月16日(日) 午後1時~4時30分

 昨年は新型インフルエンザのため、涙を呑んで
中止の決断をしたこの企画でしたが、ご要望にお応えし、
昨年と同じ時期に実施することになりました。今年こそは、
うぐいす張りの床をキュッキュッと踏み鳴らしつつ、数々の
華やかなふすま絵、表と裏で柄が違う豪華な欄間の彫刻、
お城の建築の面白さなどを、存分にお楽しみ下さい。
 今回の鑑賞で回って頂くのは国宝二の丸御殿と収蔵館が
中心となります。二の丸御殿には狩野派による3000面以上の
障壁画が遺されていて、そのうち954面が重要文化財の指定を
受けています。(保存のため、現在は大広間と黒書院の全体、
白書院の一部が模写障壁画にはめ変えられています。)また
収蔵館では、修理を終えた障壁画の原画を見ることができます。
鑑賞ツアーの日は、ちょうど平成22年度第1期公開期間中
で、
「黒書院 桜の障壁画展」が開催されています。
 すべてをていねいに見ようとすると時間が足りなくなると
思いますので、何点か選んで鑑賞して頂き、その後は、
当日お渡しする二条城探訪マップを参考に、ぜひ新緑の
城内巡りもお楽しみ下さい!
      (コーディネーター:戸田直子・向平真由美)


■日時: 2010年5月16日(日) 午後1時~4時30分

■集合: 午後1時 地下鉄東西線「二条城前駅」改札前
  ※地下鉄には「二条城前駅」と「二条駅」があります。
   今回の集合場所は「二条城前駅」ですので、
   お間違えのないようにご注意下さい。

  ※バスで来られる方は、お申し込み時にその旨お伝えください。
   集合場所の最寄りのバス停は「二条城前」になります。

■参加費:   500円
  ※できるだけ釣銭が要らないようにお願いします。

 収蔵館入館料 100円
  ※入城料は参加費に含まれていますが、収蔵館入館は
   希望される方のみ、入館の際に各自お支払いをお願いします。
   なお収蔵館への入場に関しては障害者手帳は使用できず、
   小学生以上は一律料金となります。

■募集人数: 見えない人/見えにくい人 10名
       見える人         20名
       (定員になり次第締め切ります。)

■当日スケジュール

 1:00       地下鉄東西線「二条城前駅」改札前に
集合
 1:00~1:30  鑑賞スケジュールの説明
            グループ分け発表
            会費徴収
 1:30~1:40  二条城へ移動
 1:40~3:20  鑑賞
 3:30~4:30  感想会
            解散

■申し込み/問い合わせ 
 【ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部】まで
  お名前、ご住所、連絡先、障害の有無、同伴者の有無をお知らせ下
さい。

 ●携帯電話 080-5352-7005
 (留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの
番号へ)

●メールアドレス 
museum_access_view@yahoo.co.jp

   (受付後、折り返し確認メールを送ります)museum_access_view@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.13

Twitterを始めてみた

Twitterというのを始めてみた。
視覚障害者関係のメーリングリストでも話題になっていて、これなら使えそうと思って登録してみた。
パソコンからでは、画像認証がうまくいかなかった。
音声が流れてきてそれを聞き取って文字を書きこむ方法もうまくいかなかったので、携帯で認証することにしてうまくいった。
でもまだ何のこっちゃよくわからない状態だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »