« 「翔」作品展 | トップページ | 仙台方面のみなさまご協力お願いします »

2010.08.19

「朗読〜物語からうまれる絵画のせかい〜」

創作ワークショップ第18弾
 「朗読〜物語からうまれる絵画のせかい〜」

  2010年8月29日(日) 午後1時30分〜5時

今回は、物語の朗読を聞いて、感じたこと考えたことを絵に描いてみたいと思い
ます。
物語から思うことは人それぞれに違うことでしょう。どんな情景を思い浮かべた
のか、どんな記憶と混ざり合ったのか…
そんなことを話し合いながら出て来る色や形を描いていきます。
言葉では上手く言えない部分を絵で表現したり、悩みながらも筆を動かしている
内に、次第に物語を深く味わうことがあるかも知れない。
物語との出会いと一緒に集まった人との言葉からうまれてくるものを楽しんでみ
しましょう。
朗読は朗読家の方をお迎えしています。
イマジネーションは更なる広がりを…!

■講師    鈴木ともこ(ミュージアム・アクセス・ビュー)

■朗読    馬場精子さん(プロフィール後述)

■日時    2010年8月29日(日) 午後1時30分〜5時

■場所    京都市山科身体障害者福祉会館 1階食堂 
       〒607-8086 京都市山科区竹鼻四丁野町34-1
       TEL 075-591-8821

■行き方   JR・京阪・地下鉄東西線 山科駅より徒歩10分(駐車場あり)

■集合場所  1.直接会場(1時30分)
       2.JR山科駅改札(1時15分)

■募集    見えない人/見えにくい人:7名
       見える人:14名
      (今回も見える方はサポーターではなく、参加者として一緒に
制作をしていただきます。)

■参加費   500円

■持ち物   特になし。汚れても大丈夫な服装でお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■申し込み/問い合わせ
「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで

1.お名前 
2.連絡先 
3.障害の有無 
4.同伴者の有無 
5.集合場所
をお知らせください。

■携帯番号 
080-5352-7005(留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡も
この番号へ)

■メールアドレス:
museum_access_view@yahoo.co.jp
(受付後、折り返し確認メールを送ります)

■会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地
図」はこちら
http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_5.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■年3回のペースで実施してきた「お絵描きワークショップ」も今回で17回目と
なりました。当初は、見えない人が絵(平面)を描くというタブーに挑戦するとい
う意味合いでこのようなタイトルを付けていたと思います。しかし、回を重ねる
ごとにリピーターも増え、参加者のレベルもドンドン上がってきました。それに
伴い、内容もアニメ・布・銅版画と広がりを見せています。
ここらで「お絵描き」という初心者的な名前を改め「創作ワークショップ」とい
う名前で再スタートを切りたいと思います。
「見えなくてもいろんなアートが楽しめる」というコンセプトで、よりおもしろ
い内容を提供していきたいと思っています。

■当日のスケジュール
  1時30分  受付 
  1時40分  自己紹介 グループ分け 
  1時50分  朗読を聴く 
  2時05分  制作(ラインテープを使って)
  2時50分  休憩
  3時10分  制作(絵の具を使って)
  4時10分  描いた絵の鑑賞&感想 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

馬場精子さん プロフィール
朗読家。京都生まれ。1988年京都放送劇団に研究生として入団。
府民ホール アルティのこけら落し公演主演が初舞台。
樋口一葉作「大つごもり」「十三夜」、宮澤賢治作「注文の多い料理店」など、
朗読、放送劇などの劇団公演に多数出演。
ピアノ、ヴァイオリン等とディナーショーに出演、邦楽やアイリッシュ音楽など
とのコラボレーションも。
また、宇治市源氏物語ミュージアムでは「源氏物語」 の原文を平安時代の発音
・アクセントにより朗読したものを収録。
またTVの歴史番組に出演、奈良時代の復元音で万葉集を朗詠する。
精選「春の語り芸2009」(心斎橋そごう劇場)に出演。
映像、CDでのナレーション、劇団以外の公演にも出演、独演会も。
「上方芸能・関西朗読家名鑑」掲載。
『お話しPod&ラジオデイズ朗読賞2007』「特別賞」受賞。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« 「翔」作品展 | トップページ | 仙台方面のみなさまご協力お願いします »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「翔」作品展 | トップページ | 仙台方面のみなさまご協力お願いします »