« シャチハタを一緒に洗濯したことありますか? | トップページ | 音の壁を描く »

2010.10.14

デコラに描いてみよう

やっとブログにTwitterがダイレクトに反映できるようになった。これだけのことをするだけでも、人の眼を借りなくてはならない。ちょっとだけ落ち込み。

今度、ストリートギャラリーでの展示に使う木製パネルの色を考えた。7歳頃遊んでいたクリーム色のスポーツカーの色にしたいのだが、その色が伝えられない。白と黄色の間と言ってもたくさんあると言われる。レモン色ではないように思うのだが。

そうなんだ。レモン色の記憶がないのだ。レモン色は、オレンジに近い色だと大人になっても思い込んでいた。ああ、あのクリーム色のスポーツカーよ、もう一度目の前に現れてくれ。

いろんな支持体に描いてきた。画用紙、ケント紙、アクリル板、ガラス、画用紙を水バリした木製パネル、カンバス。ぼくの場合は、描くというより貼り付けると言った方がいいかもしれない。カンバスの方が、絵らしく見えて評判はいいのだが、コーティングがあまくなり定着が悪い。パネルで風合いを出すことは、出来ないのだろうか。金属には描いたことないなぁ。

street-galleryでは、パネルにデコラを貼ってもらうことにした。色は、クリーム色。手触りは、レザータッチ。

|

« シャチハタを一緒に洗濯したことありますか? | トップページ | 音の壁を描く »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャチハタを一緒に洗濯したことありますか? | トップページ | 音の壁を描く »