« 「みつしま通信」より | トップページ | インドカレーのヌーラーニ »

2010.11.23

作品に付けられた音

吉岡洋さんの同志社での講義の付録のような感じで、京都岡崎のギャラリー16へ、越田博文「風景のむこうがわ2」を鑑賞に行きました。吉岡さんと学生3人。いつものビューの言葉による鑑賞を試みました。1つの絵に対して対立するような感想や意見が飛び出すとワクワクしてくるのはなぜだろう。

作品には、そのパーツをイメージする音も付けられていました。抽象的な音楽で絵がさらに広がったように思います。

|

« 「みつしま通信」より | トップページ | インドカレーのヌーラーニ »

鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「みつしま通信」より | トップページ | インドカレーのヌーラーニ »