« 見せ方にこだわった方がいいようだ | トップページ | ザラザラの電柱にチュー »

2010.11.03

公然とやればアートかも

メディアテークの「なぞる展」の話。

自販機の丸シール(タッチメモで読みとるタグ)をいたずらで貼り替える人がいるらしい。作品をインタラクティブに楽しんでいるのかもしれないけど、これは、バリアを作り替えるという試みでもあるので止めてほしい。

見えないと商品のキャッチコピーも知らずに買っているし、それがまあ、ゲーム感覚で少しスリリングでもある。そのあたりを気付いてほしいのだ。

この展覧会は、見えない人にも体験してほしいと思っている。
でも、実際に見えない人が、音声を頼りに買ってみたらぜんぜん別なものが口に飛び込んだらどうだろう。ぼくなら、裏切られたような気分になる。
せっかく展覧会に来ても、楽しむどころか、関係ないところでイヤな気分になってほしくないから、こういういたずらは止めてください。
意識的に点字ブロックの上に自転車を止めるようなものです。

と、ここまで攻撃的なメッセージを書いてきたが、ぼくはいたずらを公然とやっているに過ぎない。放置自転車や、電柱を置いたり、公然とやればアートで、隠れてやればいたずら。秩序への挑戦という遊び心を残しておく必要ありだなぁ。
次回やるときがあれば、感想やコメントを、音の壁に貼れるようにしてみよう。

|

« 見せ方にこだわった方がいいようだ | トップページ | ザラザラの電柱にチュー »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見せ方にこだわった方がいいようだ | トップページ | ザラザラの電柱にチュー »