« 東洋陶美術館 | トップページ | 聞くように、ぶつかりながら撮る »

2011.01.08

正月は引きこもって

今頃あけましておめでとうございます。昨日から、鍼仕事始めました。ほぼ1週間の完全休息でした。その間に、絵は6枚ほど描きました

引きこもり傾向で迎える正月が多いのは、なぜだろう。
仕事始めて、患者さんに絵を見せたら少し元気になったようだ。
今回元気なかったのは、メディアテークでの展示がいまいちだったのではないかという疑心暗鬼から始まっている。2008年の高嶺格さんの展覧会のアテンド体験からインスパイアーされてどうしても体験型の作品がやってみたくなった。
それ以前にも視覚障害者を意識した作品などを体験して、これならぼくの方がもっとすばらしいものが作れる、何て思っていた。ところが、やってみるとソウうまくはいかないことが分かった。力不足なのだ。力不足はどうしようもない。インスタレーションをやるには、もっと線が太くないとダメなんだろうと思う。ちまちました絵を描いているようでは、まだまだほど遠いということが分かった。

|

« 東洋陶美術館 | トップページ | 聞くように、ぶつかりながら撮る »

作品・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東洋陶美術館 | トップページ | 聞くように、ぶつかりながら撮る »