« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.06

「さわり・サワリ 心ざわざわ−光島貴之の世界−」

Photo_2

10月22日まで京都市北区にあるツラッティ千本で展覧会をしています。
ぼくが通い慣れた京都府立盲学校のすぐ近くにある人権資料館です。
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000106560.html

千北交差点から北大路通りを西に30メートルぐらい進むと駐車場のような道のような上り
坂があります。そこを北に向かって登っていくと何となく右に曲がるところがあり、また
上り坂。もう一度右に曲がると到着ですが、残念ながら入り口にしか点字ブロックはあり
ません。見えない人が1人で行くのは難しそうです。近付いたら電話して迎に出てもらう
ことをお勧めします。
小高いおかの上のようなところなので、入り口付近で千北交差点の音を聞くとちょっといい感じですよ。

9月10日には、公開制作で六曲一双の屏風絵を仕上げることになっています。
この屏風が、思ったより大きくて悩んでいます。

-------ここから案内文です--------

「さわり・サワリ 心ざわざわ−光島貴之の世界−」
 ツラッティ千本2011年度企画展

開催期間: 2011年9月6日(火曜日)〜10月22日(土曜日)
開館時間: 午前10時〜午後4時30分

開催場所: ツラッティ千本
京都市北区紫野花ノ坊町23番地1
 (千本北大路交差点、北西)
電話 075-493-4539
入館料: 無料
*休館日: 日曜日・月曜日・祝日

■特別企画
公開制作: 9月10日(土曜日)午前10時から午後4時半まで

ギャラリートーク「マチノキオク〜光島貴之,手で見るアート〜」: 9月30日(金曜日)
午後7時〜午後9時
いずれも、場所は、ツラッティ千本第1展示室

ツラッティ千本は、同和問題をはじめ広く人権問題を学習する場として1994年に開設され
ました。
常設展では、被差別部落・千本の歴史や教育、住民参加のまちづくりなどについて紹介し
、また企画展では様々な人権課題に焦点を当てた展示を行っています。

今回は「さわり・サワリ 心ざわざわ−光島貴之の世界−」と題して、ツラッティ千本に
近接する京都府立盲学校で青春を過ごした光島貴之氏の絵画等の展示を中心とした企画展
を開催する運びとなりました。
 光島氏は、自身にとっての「障り」をきっかけに、見る作品だけにとどまらず手で「触
る」作品にも取り組まれており、その作品に触れると、目では見ることができない広がり
を感じ、心のざわめきを呼び起こします。今回の企画が自身と他者がふれあう入り口,「
さわり」になればと思います。

主催:京都市/NPO法人くらしネット21

問合せ先
 京都市文化市民局市民生活部人権文化推進課
 (TEL 366−0322 FAX 366−0139)

| | コメント (3)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »