« 写真作品「街歩き、そして森で」をGallery PARCでご覧ください | トップページ | 創作ワークショップ「からだで遊ぶ・からだで描く」 »

2012.01.13

女子美での展覧会 「input → output 溝田コレクション×光島貴之」

Inputoutput_4

Inputoutput_5

相模原の女子美での展覧会です。
メールでの案内をしておきながら、すっかりブログでの更新を忘れていました。

学生にも手伝ってもらって実現した新しい素材を使った触覚コラージュの80号の作品や、
絵のやりとり、「連画-リレー創作プロジェクト」を見てもらえます。
2月5日までです。

1月21日の公開制作では、全盲の和太鼓奏者片岡亮太さんをお招きして、演奏を聴きなが
らの即興制作で連画を完成させたいと思っています。
詳細は、以下をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

展覧会名: input → output 溝田コレクション×光島貴之
会   期: 2011年12月9日(金)〜2012年2月5日(日)
会   場: 女子美アートミュージアム
休 館 日: 火曜、および年末年始12/28(水)〜1/9(月)
入 館 料: 300円 (学生、未就学児、65歳以上、身体障がい者手帳をお持ち
の方は無料)
主   催: 女子美術大学美術館
協   力: イーノックス株式会社、日本赤十字社神奈川県ライトセンター、
株式会社らくだスタジオ、
ミュージアム・アクセス・ビュー
後   援: 相模原市、相模原市教育委員会

概要
2006年、本学名誉教授・溝田コトヱによって収集された作品が「溝田コレクショ
ン」として当館に
収蔵されました。本展覧会では、溝田が作家活動を通じて交流のあった江口週、
建畠覚造、保田春彦
などを中心に、コレクション作品を、当館にて初めて公開いたします。
また当館では、本学学生サポートスタッフを中心に、視覚にハンディのある方と
一緒に作品を鑑賞する
プログラムを2009年から年に1〜2回のペースで実施しています。このプログラム
からの展開として、
本展では、作家・光島貴之と学生サポートスタッフが一緒にコレクション作品を
鑑賞し(input)、
鑑賞の体験をもとに光島が作品を制作する(output)という、新たな試みに挑み
ます。

展覧会 関連プログラム 
※全て当日先着順、参加費無料(ただし入館料必要)。会場は展示室。
●光島貴之  公開制作     
12月10日(土)13:30〜
●溝田コトヱ ギャラリートーク 
12月14日(水)13:30〜
●片岡亮太×光島貴之  即興演奏・制作「紡ぎ合いのリフレクション」
1月21日(土)15:00〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

« 写真作品「街歩き、そして森で」をGallery PARCでご覧ください | トップページ | 創作ワークショップ「からだで遊ぶ・からだで描く」 »

作品・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真作品「街歩き、そして森で」をGallery PARCでご覧ください | トップページ | 創作ワークショップ「からだで遊ぶ・からだで描く」 »