« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.13

言葉で鑑賞「すべての僕が沸騰する-村山知義の宇宙-」

 すべての僕が沸騰するー「村山知義の宇宙」展のご案内

■ 日時:  2012年4月30日(月/祝)1時30分から4時30分

■ 場所:  京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)

■ 集合場所/時間: 
  1)京都国立近代美術館 入口 1時30分
  2)京都市営地下鉄 東西線「東山」駅改札 1時15分

■ 参加費: 500円(入館料含む)

■ 募集人数
  見えない人/見えにくい人 10名
  見える人 20名
  ※ 定員になり次第締め切らせていただきます。

■ スケジュール:
1時30分〜2時15分 受付/グループ分け/学芸員による説
明(1階講堂)
2時15分〜3時45分  鑑賞   
3時45分〜4時30分  感想会(1階講堂)

■ 内容:
 造形作品、ダンスパフォーマンス、舞台美術、ポスターなど、
多種多様なジャンルで活躍した、村山知義(1901-1977)は、
大正末期から昭和初期の日本の近代美術に大きな影響を与えた
作家です。
 村山は、哲学を学ぶための留学先のドイツで突然、前衛芸術
に目覚めて帰国します。現存する造形作品は少ないですが、代
表作である版画『サディスティッシュな空間』、写真や物体を
張り込んだ『コンストルクチオン』は、既存の感覚にとらわれ
ない彼の多彩な表現方法が伺えます。また演劇にも力を入れ、
舞台装置、ポスター、自らも女装したトランスジェンダーなダ
ンスパフォーマンスなど含め写真や資料で紹介します。
 さらに村山は、絵本の挿絵画家としても有名です。お洒落で、
ぷぷぷと笑いのでるイラスト、またアニメーションの上映もし
ています。

「すべての僕の情熱と思索と小唄と哲学と絶望と病気とは
表現を求めようとして具象されようとして沸騰する」
いまなおこの時代に影響を与え続ける、村山知義の回顧展をお
楽しみください。
(コーディネーター:阿部こずえ/中山登美子)

■ 申し込み/問い合わせ
  「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで
1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 4.同伴者の有無
5.集合場所 6.感想会への参加・不参加をお知らせください。

■ 携帯番号: 
080−5352−7005
 (留守電の場合はこちらから連絡します。必ずメッセージを入れて
ください。当日の緊急連絡もこの番号へ)

■メールアドレス: 
museum_access_view@yahoo.co.jp
 (受付後、折り返し確認メールを送ります)

| | コメント (0)

2012.04.09

2012年度スケジュール

光島個人のものとミュージアム・アクセス・ビューの企画によるものがあります。場所など予約の都合で確定できないものが多いです。予定ですので、変更などありましたら随時連絡します。

究めて個人的なことまで書いています。書いてしまえばやれるかもというもくろみです。今年度は、計画的にやってみよう。
ワークショップやトーク、展覧会などの企画お待ちしてます。

<2012年>
毎週水曜の午後は、京大で吉岡洋さんの「美学講義」を聴きます。

作る/4月 「刺繍糸でカンバスに描く」
4月22日・日曜 コーナン六地蔵店に触覚素材を探しに行く
4月30日・祝日 鑑賞ツアー「すべての僕が沸騰する-村山知義の宇宙-」
  (京都国立近代美術館)

聴く/ 5月12日・土曜~13日・日曜 聴く 記号学会
5月20日・日 創作ワークショップ「コラージュ」(京都市山科身体障害者福祉会館)
未定/5月27日・日曜 作品展示

作る/6月 「触覚コラージュ」とオイルクレパスの絵
6月3日・日曜 個展で使う板パネル4枚を制作
6月10日・日曜 鑑賞ワークショップ「見えない人が見える人のめがねになる」(京都)

作る/7月 個展作品の追い込み

8月19日・日曜 鑑賞ワークショップ「ポエトリーリーディング」(京都)
8月27日・月曜~9月8日・土曜 個展Gallery K

9月23日・日曜 鑑賞ツアー「三条界隈ギャラリ―めぐり」(京都)

10月 仏教大学ゲスト講義(未定)
10月21日・日曜 創作ワークショップ「フロッタージュ」(京都)

11月18日・日曜 鑑賞ツアー「行き先未定」

<2013年>
2月11日・祝日 ビュー、創作ワークショップ「触覚絵画」(未定)

3月3日・日曜 鑑賞ツアー「金沢21世紀美術館」

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »