« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.28

「ワークショップ ー さわることから生まれる形と動き」

ダンサーとのコラボでワークショップをします。
ぼくは、仙台方面のネットワークが希薄です。特に見えない人、見えにくい人へ、この案内を届けていただけれ
ばうれしいです。 
よろしくお願いします。

「ワークショップ ー さわることから生まれる形と動き」

日時: 2014年2月15日(土) 10:30 〜 16:00
会場: せんだい演劇工房10-BOX(box5)
http://www.gekito.jp/about-4.html

参加費: 無料
募集: 15名
   ※定員になり次第締め切らせていただきます。

見える人、見えない人、見えにくい人、みんなみんな集まろう!
段ボール・新聞紙・布きれ……。さまざまな素材の感触を楽しみながらオブジェをつくろう!
サラサラ、ザワザワ、パリパリとオブジェにさわり、オブジェを動かし、からだも触れあい、とけあって生まれ
る動き、生まれる踊り・・・・・ そんな時間をともに過ごしませんか?

講 師 光島 貴之(美術家・鍼灸師)
   里見 まり子(即興舞踊家・宮城教育大学教授)

せんだい演劇工房10-BOXへは、
仙台駅前西口バスプール4番乗り場より約25分
「卸町10-BOX前」下車、徒歩3分。
志波町・卸売市場経由。東部工場団地行き。
(発車時刻 9:52)

主催:国立大学法人宮城教育大学 里見研究室  協力:せんだい演劇工房10-BOX

お申込み/お問い合わせ
1.お名前
2.連絡先(あれば携帯番号)
3.ご住所
4.障害の有無
5.同伴者の参加の有無
 をお知らせください。
受付完了後、連絡を差し上げます。

連絡先(里見)
Mail:
bws0215@gmail.com 
Tel/Fax: 022-743-8395

| | コメント (0)

2014.01.23

2/16(日)「あなたの顔って、どんな顔?」 ー 触って発見!顔の新しい魅力 ー のご案内/Dance&Peopleより

Dance&Peopleの五島さんから、こんな案内が届きました。
現在注目のワークショップです。
ぼくは、前日に仙台でワークショップをしていて残念ながら参加できないのですが、ぜひお近くの方はご参加を!!

-------ここから案内文--------

さて、来る2月16日に「他者理解を楽しむワークショップシリーズその3」を大山崎で実施します。
今回のナビゲーターは、現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科後期博士課程在籍中の
牛若孝治(うしわかこうじ)氏(視覚障害を持つ)と、コンテンポラリーダンサーの伴戸千雅子(ばんどちかこ
)氏(晴眼者)です。
二人は、京都市内の看護学校で、ジェンダーや身体に関する授業を共同でやっているそうです。

「理解に苦しむ」という言葉は、よく聞きます。
理解とは、概ね「苦しいもの」・・・だからでしょうか。
他者を理解することは、たやすいことではありません。
が、先入観や既成概念や、まあ好き嫌いも、ちょっと置いといて、
「へ〜、これはどういうことなん?」「え〜、なんか、不思議やけど、びっくり」「うーーん、へ〜」・・・
なんていうような、まず身体を通して、自分と違う他者の感覚や世界観に近づいてみることを楽しむワークショ
ップです。

情報は、以下の通りです。
転送歓迎。ふるってご参加ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜他者理解を楽しむワークショップシリーズその3〜

「あなたの顔って、どんな顔?」

〜触って発見!顔の新しい魅力〜

「もう少し目がぱっちりしてたら…」「シワが気になる」などなど、

自分の顔を鏡で見ると悩みは尽きません。

でも、それは五感の中の「視覚」だけの世界かも???

講師の牛若孝治(視覚障害を持つ)は、人に出会うと「顔を触ってもいいですか?」と声をかけ、

顔を触ることからコミュニケーションを展開、人や社会をリサーチするユニークな研究者。

牛若氏の顔触り術から、触ることで得た数々の発見や洞察などの楽しいトークを交えて、

顔の興味深さや魅力への新しい扉を開いてみましょう!

日時:2014年2月16日(日)14:00〜17:00

会場:大山崎ふるさとセンター 3階南ホール

(阪急「大山崎」駅前、JR「山崎」より徒歩5分)

※ 駅集合を希望する方は、お早めにご連絡下さい。

対象:小学生以上、 障害の有無は不問

定員:15名 要予約

参加費:500円 (高校生以下300円)

ナビゲーター:牛若孝治(アート・パフォーマー、立命館大学大学院先端総合学術研究科)

伴戸千雅子(コンテンポラリーダンサー)

■ワークショップ内容

1.顔のマッサージ。まずは自分の顔をよくほぐそう。自己紹介。

2.「顔」について思うことあれこれ、グループセッション。

3.牛若氏の、顔にまつわる体験談。

4.自分以外の人の顔を触る時の注意(?!)事項の確認。そして実践!

5.ゲームを通してさらに触覚を磨きましょう。

6.シェア。今日の感想を共有しましょう。

※ お化粧をしている方は、顔に触るワークがあることをご了解ください。

■ナビゲーター プロフィール

牛若孝治(うしわかこうじ)
立命館大学大学院先端総合学術研究科後期博士課程。男性のジェンダー・セク
シュアリティー・「顔」という部位を、「見る」という方法と、「触る」という
方法との間にどのような共通点や相違点があるかを、特に触覚的な視点で考える。
 鍼灸マッサージ師、中学校社会科・高等学校地理歴史科・高等学校公民科教員
免許取得。2010年度から現在まで、看護学校や大学などで、年に数回、ジェ
ンダー論やボディーワーク(身体に触れる・自分の意見を言葉にするなど)の講
師をしている。

伴戸千雅子(ばんどちかこ)

コンテンポラリーダンサー。ミュージシャンとの即興セッションや作品創作のほか、

さまざまな障害を持った人、ダンスから縁遠い人を対象に、身体を動かすことの楽しさを伝えるワークショップ
を行っている。

牛若氏とはエイブルアート・ジャパン主催の公演で、一緒に作品づくりをして以来の縁。

暇を見つけては喫茶店で会い、身体、社会のこと、ジェンダーのことなど、語り合う。

09年から看護専門学校で共同の授業を行っている。
http://chikakobando.jimdo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■問合せ・申込み:ダンス&ピープル

T/F 075−802−9060

メール 
d-a-p@muse.ocn.ne.jp

当日連絡 
090−1155−8867(ごしま)

申込方法:1.お名前2.連絡先(あれば携帯番号)3.住所4.年令・年代5.障害の有無6.介助同行者の
有無を添えお
申込み下さい。

(同行者が参加される場合もその旨を明記して下さい)

以前に参加された方は、お名前と連絡先だけで結構です。

受付完了後に連絡を差し上げます。

■主催:Dance&People  助成:(公財)倶進会

後援(申請中):大山崎町・大山崎町教育委員会・大山崎町社会福祉協議会

協力:大山崎町知的障害者育成会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Dance&Peopleブログ 
http://blog.canpan.info/d_a_p/

昨年10月6日のWSの様子は、こちらです→ 
http://blog.canpan.info/d_a_p/archive/260

情報は、ここまでです。

|

2014.01.07

こどものてつがく美術館 @熊本市現代美術館

「アール・ブリュット」と呼ばれている絵を、こどもの言葉で伝えてくれます。
ぼくは、それらの言葉から触覚的なイメージを引き出すお手伝いをします。

■こどものてつがく美術館 @熊本市現代美術館

絵をみながらおはなししよう、おはなししたことを、絵にしてみよう!
熊本市現代美術館で現在開催中の「アール・ブリュット・ジャポネ」展の作品を、哲学者の高橋綾さんとアーティストの光島貴之さんと一緒に言葉で表現していきます。またみんなの言葉から生まれた表現を、触って面白い素材をつかって、触角絵画を作ります。美術作品へさまざまなアプローチ方法や、人との関わり方を学ぶワークショップです。

■会期:2014年1月18日(土)13:00〜16:00(休憩含む)

■会場:熊本市現代美術館

■対象:小学3〜6年生 15名/参加費無料・要申込

◎詳細、お問合せはこちら
http://www.camk.or.jp/event/exhibition/japonais/

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »