« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年10月10日 (金曜日)

「あなたの感じている世界を手ざわりカードで表現してみよう!」(10/18)

前日の「てさぐる」展プレトーク 「藝術ってなんだすべ?」に呼んでいただくことにな
り、それならワークショップもさせてくださいとこちらからお願いして実現しました。
「手ざわりカード」を使ってのワークショップを全国展開中です。ぜひお越しください。

-------ここから案内文--------

ワークショップ参加者募集
 「あなたの感じている世界を手ざわりカードで表現してみよう!」

音や触覚に注目することで見ることを問い直す「タッチ・アート」ワークショップを開催
します。人の声や気持ち、日常の出来事を表現してみましょう。

講師:美術家 光島貴之

日時:2014年10月18日(土)午後14:00?16:30

場所:秋田公立美術大学 社会貢献センター 「アトリエももさだ」
   秋田市新屋大川町12-3

参加費:無料
募集人数:視覚に障害のある方・ない方(中学生以上)20名程度
※要予約
(FAX/メールにて) 定員になり次第締切らせて頂きます。

講師:光島貴之(みつしま たかゆき)
美術家・鍼灸師。10歳の頃に失明。1992年から粘土造形を、1995年より「さわる絵画」の
制作を始める。1998年「長野アートパラリンピック」大賞(立体部門)・銀賞(平面部門)

ワークショップのお申し込み/お問い合わせ

● FAX番号:
018-888-8109(秋田公立美術大学・インフォメーション)

● メールアドレス:
ikuko_ando@akibi.ac.jp
(担当:安藤)

※以下の項目をお知らせの上、FAXかメールにてお申込みください
(受付後、折り返しご連絡いたします)。

申込者のお名前とフリガナ
日中の連絡先 TEL あるいは、e-mail
障害の有無
障害のある方は同伴者の有無

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0)

「てさぐる」展プレトーク 「藝術ってなんだすべ?」(10/17)

初めての秋田です。楽しみにしています。アクル明くる18日にはワークショップもやりま
す。
会場を検索したら秋田の地ビールを愉しめるビアレストラン。「プラッツ(PLATZ)」とあ
りました。ますます楽しみですが、次の日のことも考えながら日本酒も飲まないとなぁ(
笑)


-------ここから案内文--------

「第29回国民文化祭・あきた2014」応援事業
 「てさぐる」展プレトーク 「藝術ってなんだすべ?」

出演: 高嶺格(現代美術家・演出家/秋田公立美術大学准教授)
    光島貴之(美術家・鍼灸師)
聞き手:石倉敏明(人類学者/秋田公立美術大学講師)

日時:10月17日(金)  18:00 開場  18:30 開始
会場:レストラン プラッツ2階
   (住所:秋田市大町1-2-40 あくらフォー・スクエア内)
参加費:500円(ワンドリンク付)
定員:30名/要予約
(*お電話でご予約ください。定員に達し次第、締切らせていただきます。)
お申し込み・お問い合わせ先:秋田公立美術大学 社会貢献センター 018-888-5478(8:30
-17:00/平日のみ)


■「てさぐる」展 開催概要
期間:平成26年11月23日(日)〜12月7日(日)(休館なし)
会場:秋田県立美術館 県民ギャラリー
主催:秋田公立美術大学 秋田県教育委員会

美術家・西村陽平の指導によって、視覚に頼らずに制作された盲学校生徒たちの粘土作品
群。メディアやジャンルを越えて、身体表現の新しい次元を開拓する現代美術家・高嶺格
。来る11月23日(日)より、両者のコラボレーションによる展覧会「てさぐる」が、秋田
県立美術館県民 ギャラリーにていよいよ始まります。この展覧会ではいったい何が行わ
れるのか? 秋田公立美術大学初の企画・主催となる展覧会を記念し て、日常の生活世界
の輪郭を触覚によって表現する美術家・光島貴之を迎え、 秋田の人々に「藝術とはなに
か?」を敢えて真っ正面から問 うプレトークイベントを行います。 題して「藝術ってな
んだすべ?」 ぜひご参加下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »