« 「あなたの感じている世界を手ざわりカードで表現してみよう!」(10/18) | トップページ | 本音で語り合いたいからかさ上げして見ないでね!! »

2014.12.04

甲南大学で講演会(12月15日18時)

気恥ずかしいようなタイトルですが、話してしまうことにしました。
年末の平日で遅い時間からになりますがぜひお越しください。

光島貴之 講演会
芸術家にとって創作はセラピーか
〜ぼくは創作活動で生活の危機を乗りきってきた

2014年12月15日(月) 18:00〜19:30

会場 甲南大学18号館3階講演室(申込不要、参加費不要)
司会 服部正(甲南大学文学部)
問合せ 甲南アーツ&セラピー研究会
kaatsg@live.jp

美術家・光島貴之さんが、視覚障がいとどのように向き合
い、そこに創作活動がどのような影響を与えたのか、一人の芸術家の
生活史をご自身の創作活動とからめて語っていただきます。
創作活動と治癒的効果の関係について考える貴重な機会です。

PDFのちらしはこちらから
http://kihs-konan-univ.org/categories/wp-content/uploads/2014/11/mitsushima2014.pdf

光島貴之さん(みつしま・たかゆき1954〜 )は、国内外の展覧会やワークショップなどで活躍中の全盲の美術家です。光島さんが本格的に創作活動に取り組むようになるのは、40代にさしかかる1990年代中頃のことでした。

全盲の光島さんが、敢えて視覚芸術と呼ばれる絵画や彫刻に取り組もうと考えるようになったきっかけは何だったのでしょうか。触覚で鑑賞する視覚芸術の創作に精力的に取り組むということは、視覚に頼らない生活を続けてきた光島さんにとって、どのような意味をもつのでしょうか。

この講演会では、光島さんご自身が視覚障がいとどう向き合い、そこに創作活動がどのような影響を与えたのかという観点から、一人の芸術家の生活史を語っていただきます。それは、アーティストが自作の意味を芸術論として語るという性質の講演会とは異なり、創作活動とセラピーの関係について考えるうえでの貴重な証言となることでしょう。

協力:甲南大学人間科学研究所

〒658-8501 神戸市東灘区岡本8 丁目9 番1 号 Tel/Fax 078-435-2683
http://kihs-konan-univ.org

・阪神神戸線岡本駅またはJR神戸線摂津本山駅下車、北西へ徒歩約10分

・会場には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください

本シンポジウムは、JSPS科学研究費助成事業(基盤研究(B))25284046「芸術学と芸術療法の共有基盤形成に向けた学際的研究」の助成を受けたものです

|

« 「あなたの感じている世界を手ざわりカードで表現してみよう!」(10/18) | トップページ | 本音で語り合いたいからかさ上げして見ないでね!! »

講演・トーク・シンポジウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「あなたの感じている世界を手ざわりカードで表現してみよう!」(10/18) | トップページ | 本音で語り合いたいからかさ上げして見ないでね!! »