« 2016年5月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年9月23日 (金曜日)

『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』

たんぽぽの家編『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』(学芸出版社)の中で吉岡さんとの対談記事を載せてもらいました。
2010年から現在までの展覧会を振りかえるような内容になっています。従来のラインテープとカッティングシートでの制作ではなく、新しい試みを作品にしてきた5年間なのですが……。
ぜひご一読ください。

アマゾンのサイト
http://www.amazon.co.jp/dp/4761526300

学芸出版社のサイト
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2630-6.htm

ちなみにこんな人が登場しています。ほとんど顔見知りだったりして!!

森下静香・光島貴之・吉岡洋・森田かずよ・大谷燠・ウルシマトモコ・中津川浩章
中島香織・木ノ戸昌幸・新澤克憲・山下完和・鈴木励滋・栗原彬・佐久間新
大澤寅雄・五島智子・富田大介・沼田里衣・永山智行・田野智子・中川真
久保田翠・新川修平・ほんまなおき・林建太・川上文雄・岡部太郎・井尻貴子
樋口龍二・柴崎由美子・若林朋子・播磨靖夫 著

藤田康平(Barber)
四六判・304頁・定価 本体2400円+税
ISBN978-4-7615-2630-6

■■内容紹介■■
障害のある当事者、福祉施設スタッフ、アーティスト、プロデューサー、音楽家、ダンサー、演出家らが実践する「アート×福祉×コミュニティ×仕事」25の現場。アーティストの原動力、スタッフによる創作のサポート、表現の魅力を発信する仕掛け、新しいアートの鑑賞法、創造的で多様な仕事づくりなど多彩に紹介。

| | コメント (0)

動きをめぐる研究会

こんな研究会(かたくるしくない話しあいの場)を立ち上げることになりました。
とりあえず3回連続で考えています。単発での参加もOKです。
場所が分かりにくいという方は、
出町柳駅(叡電)の改札前に18時30分にお越しください。

-------ここから案内文--------

動きをめぐる研究会

「動きのモチーフは、どうやって生まれて来るのか?」
 
 これは、全盲の美術家で鍼灸師の光島貴之さんの問い。
 見えない人にとって、表現としての動きは、どうやったら
 手に入る、身に付く、作り出せる、ものなのか?

 ここでは、光島さんからのいろんな言葉を受けて、
 からだがどう反応するか?
 動き出すのか?などなど、
 自由に試行錯誤できる場にしたいと思っています。
 
 見える人(晴眼者)にとっては、当たり前過ぎるような
 ありようの中に、未だ開拓されたことのない
 わが身の可能性に気付かされることもあるかも・・・!?
 
 既存のダンス表現に捉われることもなく、
 また、特に講師役などは設けないので、
 見える、見えない、ダンス経験の長さや有無にも
 こだわらず、興味ある方ならどなたでもご参加ください。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:
2016年 9月24日(土)19:00~21:00
(会議室2)

10月22日(土)18:00~20:00
(会議室3)

11月19日(土)18:00~20:00
(会議室3)

 場所:
左京西部いきいき市民活動センター
    〒606-8201 京都府京都市左京区田中玄京町149 
tel:
 075-791-1836
      出町柳駅と市バス「飛鳥井町」から、おおそよ徒歩で7分位です。
* 詳しい道順は、「本文続き」に記載しています。

 協力費:300円(1回)

 問合せ:
d-a-p@muse.ocn.ne.jp

当日連絡 
090-1155-8867(ごしま)

 ※尚、この研究会は、2017年1月7・8日に実施する
  アートスペースco-jinでの催しの準備企画でもあります。
 ※記録(映像や文字)協力者求む!
 ※最寄駅までの送迎も調整できれば可能です。
  早めにご相談下さい。
       

続きを読む "動きをめぐる研究会"

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年12月 »