« 5月15日(日) ビュー鑑賞ツアー/「オーダーメイド:それぞれの展覧会」 | トップページ | 『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』 »

2016年9月23日 (金曜日)

動きをめぐる研究会

こんな研究会(かたくるしくない話しあいの場)を立ち上げることになりました。
とりあえず3回連続で考えています。単発での参加もOKです。
場所が分かりにくいという方は、
出町柳駅(叡電)の改札前に18時30分にお越しください。

-------ここから案内文--------

動きをめぐる研究会

「動きのモチーフは、どうやって生まれて来るのか?」
 
 これは、全盲の美術家で鍼灸師の光島貴之さんの問い。
 見えない人にとって、表現としての動きは、どうやったら
 手に入る、身に付く、作り出せる、ものなのか?

 ここでは、光島さんからのいろんな言葉を受けて、
 からだがどう反応するか?
 動き出すのか?などなど、
 自由に試行錯誤できる場にしたいと思っています。
 
 見える人(晴眼者)にとっては、当たり前過ぎるような
 ありようの中に、未だ開拓されたことのない
 わが身の可能性に気付かされることもあるかも・・・!?
 
 既存のダンス表現に捉われることもなく、
 また、特に講師役などは設けないので、
 見える、見えない、ダンス経験の長さや有無にも
 こだわらず、興味ある方ならどなたでもご参加ください。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:
2016年 9月24日(土)19:00~21:00
(会議室2)

10月22日(土)18:00~20:00
(会議室3)

11月19日(土)18:00~20:00
(会議室3)

 場所:
左京西部いきいき市民活動センター
    〒606-8201 京都府京都市左京区田中玄京町149 
tel:
 075-791-1836
      出町柳駅と市バス「飛鳥井町」から、おおそよ徒歩で7分位です。
* 詳しい道順は、「本文続き」に記載しています。

 協力費:300円(1回)

 問合せ:
d-a-p@muse.ocn.ne.jp

当日連絡 
090-1155-8867(ごしま)

 ※尚、この研究会は、2017年1月7・8日に実施する
  アートスペースco-jinでの催しの準備企画でもあります。
 ※記録(映像や文字)協力者求む!
 ※最寄駅までの送迎も調整できれば可能です。
  早めにご相談下さい。
       

詳しい道順:

1. 京阪出町柳駅前から、徒歩約7分。
      京阪出町柳駅前から、歩道を北側に渡り、東へすすむ、コンビニ(セブンイ
レブ      ン)を超えると角に「タネゲンガーデン」あり、そこを北へ曲がるとす
ぐに道が二股に別れるので、右の方の細い道を進み、お寺「光福寺」の前を通りすぎ、そのま
ま寺の塀に沿って曲がりながらもずんずんいくと、三本の道が交差するところに出る
(六又路になっています)。東西の幅の広い道を渡り、南北の幅広の道の東側の歩道をそのま
ま北へ進む。寺を超え、乳児院を超えた、次の敷地の建物に左京西部いきいきセンターが
あります。
一階は養正保育所で、保育所の玄関前の階段を上がって行って、突き当りの右に扉があり
、開けたところが、いきいきセンターになります。入って左側が受付。部屋はいくつかあ
るので確認して下さい。

2. 市バス「飛鳥井町」(北行き)バス停から
バス停からそのまま少し北へすすむ、
一つ目の角にコンビニがあり、そこを西に曲がり、ひと筋目を超え(北側は公園)、公園を過ぎると、万里小路[マリこうじ]通りと交差してるので、そこを渡り、そこから三筋
目まで歩く。
三筋目を南へ(左手に)曲がったところの建物が、左京西部いきいき市民活動センターに
なります。

|

« 5月15日(日) ビュー鑑賞ツアー/「オーダーメイド:それぞれの展覧会」 | トップページ | 『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』 »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月15日(日) ビュー鑑賞ツアー/「オーダーメイド:それぞれの展覧会」 | トップページ | 『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』 »