« 『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』 | トップページ | 障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって »

2016年12月25日 (日曜日)

co-jinの森をつくろう!

クリスマスが終わって、年末までの数日、何となく気が抜けたような、それでいて気ぜわ
しいこの時期をみなさまはどのようにお過ごしでしょうか。
30日から鍼灸院はお休みに入ります。ぼくに取っては、それまでに体調を整えておきたい
とおっしゃる患者さんに対して、気持ちを引き締めて向かわねばならない時期でもありま
す。

さて、年明け早々のご案内です。

1月7日(土)、8日(日)に、京都市上京区河原町通り荒神口にあるアートスペース co-
jin(コージン)というギャラリーで、見えない人と見える人を対象としたワークショッ
プとパフォーマンスを行います。

1日目は、朝10時半から夕方16時まで、昼休みをはさんで、ゆったりと冬の一日を使って
のワークショップです。タイトルは「co-jinの森をつくろう!そして、その中で、うごい
てみませんか?」です。何もないギャラリーの空間を全身で感じること、窓や壁や床など
空間全体を様々な素材を使って共同でインスタレーションに取り組むこと、出来た空間に
ついて感想を話し合ったり、実際にそこで動いてみたりします。見えない人と見える人が
グループになって、その時々でやりとりをしながら、触覚や音や振動などを共有しながら
、・・・さて、どんなことが生まれるんでしょう?・・・美術、身体、うごき、ダンスな
どと呼ばれるあたりのことをそれぞれのからだで自由に楽しんでもらえたら、と考えてお
ります。

2日目は、午後1時からパフォーマンス、続いてアフタートークとなっておりますが、初日
のワークショップの延長のようなゆるい感じでとらえていただけたら幸いです。
では、みなさまのご参加をお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

なお、チラシで案内させてもらっている里見まり子さんは、今回は体調不良のため出演さ
れません。
以下詳しい案内です。

-------ここから--------


見えない人と見える人が一緒につくる、
空間インスタレーションとパフォーマンス

coーjin(コージン)の森をつくろう!
そして、その中で、うごいてみませんか?
         
◆ワークショップ 
 1月7日(土)10:30~16:00(12~13時:昼休み)  
        ナビゲーター:光島貴之(美術家・鍼灸師)
              五島智子(ワークショップ企画者)

◆パフォーマンス 
  1月8日(日)13:00~14:00
        出演:光島貴之、黒子沙菜恵(ダンサー)、
           かつふじたまこ(音作家)、ほか
        ※里見まり子さんは、今回は体調不良のため出演されません。
         チラシにはお名前がございますが、ご了承ください。
  アフタートーク 14:15~15:30
 ※8日は、10:00~17:00 インスタレーションは自由にごらんいただけます

会場:art space co-jin(京都市上京区河原町通荒神口上?宮垣町83レ・フレール1F

   京都市バス「荒神口」下車、北へ徒歩1分、
   京阪神宮丸太町駅、出町柳駅より徒歩12分、河原町通西側(河原町荒神口の交差点
から一筋北角)
   ※最寄バス停・駅での集合希望の方は、お早めにご連絡ください。   
対象・定員:(7日)中学生以上、15名(動きやすい服装でお越しください)
      (8日)どなたでもOK、30名
材料費:300円(7日ワークショップ)

お申込み・問合せ: d-a-p@muse.ocn.ne.jp(Dance&People) 
         090-1155-8867(るす電の場合、後でかけなおします)
 ①お名前 ②連絡先(携帯など)③年代(学年)④介助の有無を添えお申込みください
        
◆当日連絡先 :050-1110-7655(art space co-jin) 

主催・企画制作:Dance&People  共催:きょうと障害者文化芸術推進機構 
助成:日本財団 

詳細は、ブログ
http://blog.canpan.info/d_a_p/
やFacebookでごらんください。

art space co-jin きょうと障害者文化芸術推進機構
〒602-0853
京都市上京区河原町通荒神口上ル宮垣町83レ・フレール1F
TEL・FAX|050-1110-7655
MAIL|info2015cojin@gmail.com
HP|
http://artspacecojin2016.wix.com/kyoto

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プロフィール
光島貴之(みつしまたかゆき) 美術家・鍼灸師。1954年生まれ。10歳の頃に失明。
1995年よりラインテープとカッティングシートを使った さわる絵画の制作を始める。
タッチ・アートワークショップや、音の作家、ダンサーとのコラボレーションにもとり
組んでいる。

黒子 沙菜恵(くろこさなえ) 
東京生まれ大阪育ち。京都在住。踊る人。NYにダンス留学をしたりして踊り始めて
20年以上が経過。多くの出会いの中、変わる環境、変わる身体、変われない自分。
ただこのようにしか居られないカラダを感じながらそれを探す。


かつふじたまこ
音作家。街や自然、生活の中で拾い集めた音で作り出す音作品は、日常の隣のちょっとへんてこな世界を表現する。鍵盤ハーモニカや、日用雑貨を使っての即興演奏でのコンサートや、身の回りの日用品を使っての音探し、合奏、作曲などのワークショップも展開中。
http://hello-tsukineco.jimdo.com


五島智子(ごしまともこ)ダンスワークショップや公演の企画制作を行う。障害者ヘル
パー。舞踏(白虎社)を経て2001年Dance&People設立。ある脳性マヒ女性の介助経験
を機に「介護はダンスだ!?」等の企画を始める。自分と違う身体性の人との出会いや
探求心から、何か一緒にオモシロイ場を作ろうと活動をしている。

Dance&People (だんす あんど ぴーぷる)
「ひととダンスの縁結び」をモットーに多様な身体が交流できる場作りをする非営利任
意団体。介護者対象ワークショップ「介護はダンスだ!?」、見える人と見えない人が
作るダンス、「からだをつかってあそぼ」等、2001年より京都を拠点に活動。
詳細は、ブログhttp://blog.canpan.info/d_a_p/ や Facebookでごらんください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
art space co-jinは、障害のある方の作品に出会えるギャラリー兼、交流の場です。2016年1月にオープンし、きょうと障害者文化芸術推進機構(事務局:京都府障害者支援課)が運営をしています。絵画、写真、陶芸など様々な作品を展示するとともに、ワークショップや講座などを開催しています。

art space co-jin きょうと障害者文化芸術推進機構
〒602-0853
京都市上京区河原町通荒神口上ル宮垣町83レ・フレール1F
TEL・FAX|050-1110-7655
MAIL|info2015cojin@gmail.com
HP|http://artspacecojin2016.wix.com/kyoto
情報は、Facebook、Twitterでもごらんいただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|

« 『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』 | トップページ | 障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって »

ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

群馬県桐生市のガイドヘルパー粕川京子(62)です。去年京都造形大通信を卒業し臨床美術士の新米です。桐生市の視障協のグループから絵を描きたい、何か簡単な作品を作りたいと依頼があり色々調べて光島さんのブログに辿り着きました。5月26日京都へ出掛けるので、もしできましたら作品を見る、或いは皆さんの創作しているところを見学することは可能でしょうか?突然で失礼しました。

投稿: 粕川京子 | 2017年4月 1日 (土曜日) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』 | トップページ | 障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって »