« 2016年12月 | トップページ

2017年2月 9日 (木曜日)

障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって

「Dance&People」で行なわれた3つの活動の報告会と公開ミーティングです。
その中の一つが、ぼくも関わったco-jinでのワークショップでした。
サブタイトルに「障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップ」とありますね。いまさら、そうだったんだ!!はたしてナビゲートできていたのかと反省しながら参加したいと思います。

-------ここから案内文--------

活動報告会+公開ミーティング
≪障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって≫ 
 
日時:2017年2月12日(日)13時~16時 (終了後、交流会30分)

会場:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン (京都市南区東九条東岩本町31)
京都駅八条口から徒歩15分、地下鉄烏丸線「九条」駅から徒歩15分、
市バス「河原町九条」から徒歩5分。※来客用駐車スペースはありません。
     http://k-tabunka.com/access.html
※建物の北側の入口からお入りください。
 
参加無料  定員:50名  ※出来るだけお申込みをお願いします

お問合せ: d-a-p@muse.ocn.ne.jp

※当日連絡先:090-1155-8867(ごしま)

※アクセスのお問合せ:075‐671‐0108 (京都市地域・多文化交流ネットワークサロン

対象:アート・福祉・教育の現場にいる方、関心のある方、どなたでもご参加ください。

スピーカー:牛若孝治(カオエッセイスト・鍼灸マッサージ師)、
光島貴之(美術家・鍼灸師)
黒子沙菜恵(踊る人)、伴戸千雅子(舞踏家)、西脇秀典(間の会代表)、
古川友紀(ダンサー)、山本恭子(「からだをつかってあそぼ」メンバー)、
濱見彰映(NPO法人福井芸術文化フォーラム事務局)、
東野佳奈(TSUMUGU ART PROJECT代表)、五島智子(Dance&People代表) (順不同)
進行役:坪野えり子(京都YWCA会員)

 
Dance&People では、今年度、以下の3つの活動を行いました。

2016 年7月「からだをつかってあそぼin津」(★1)

2016 年10月
~見えない人と巡る触覚の旅、さわってみることから広がる世界~
「月の顏ってどんな顏?さわって、しゃべって、踊ってみる?」(★2)、

2017 年1月
~見えない人と見える人が一緒に作る、空間インスタレーションとパフォーマンス~
「co-jinの森をつくろう!そして、その中で、うごいてみませんか?」(★)3
 
報告会では、それぞれの活動を映像などで紹介しながら、アーティスト、制作者、
参加者など、多彩なスピーカーが、活動を通しての≪あれこれ≫を当事者の立場でお話します。(約1時間)

公開ミーティングでは、報告についてのご質問などを元に、たくさんの
やりとりが出来たらと思います。

あまり言葉でしゃべらない人、見えない人、見えにくい人にとっての世界の感じ方は?
アーティストと呼ばれる人たちは、何を考えてるんだろう?、実施地域の話など、
いろんなことが共有できればと思います。また、会場の皆さまが、日々の現場で感じたり考えておられることも気楽に話して頂けるような場となればと願っています。

昨夏の相模原事件を受けて、アートや障害を持つ人に関わる私たちが、今、どうして
いけばいいのか?・・・についても考えたいです。

是非とも、ご来場いただけますよう、ご案内申し上げます。           
 
詳細:Dance&Peopleブログ
http://blog.canpan.info/d_a_p/archive/295

―――――――――――――――――――――――――――

3 つのワークショップとは? ・・・・(   )は、スピーカー

★1「からだをつかってあそぼin津」
出前ワークショップvol.2 Dance&Peopleがやってくる
  2016 ,7,2 三重県津市中央公民館ホール

  大山崎で10年以上活動を続ける「からだをつかってあそぼ」は障害や年令ダンス経験
不問のメンバーが集っている。この時は、メンバー十数名全員がナビゲーターとして、三重県津市へ
出前ワークショップに出かけました。(黒子、西脇、古川、山本、五島)


★2「月の顏ってどんな顏?さわって、しゃべって、おどってみる?」
~見えない人と巡る触覚の世界 触ってみることから広がる世界~
2016 ,10,29・30  福井市総合ボランティアセンター・JR福井駅前~商店街

初日は「あなたは今どんな顏で?」(ナビ:牛若)は顏に触って会話するWS、
「触ることからダンス?」(ナビ:伴戸)は触感の共有をテーマにWSが展開されました。

二日目は『感覚地図』作りをめざし、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて路上を歩きました。

(牛若、伴戸、濱見、東野)
 

★3「co-jinの森をつくろう!そして、その中で、うごいてみませんか?」
~見えない人と見える人が一緒につくる、空間インスタレーションとパフォーマンス~
    2017,1,7・8  アートスペース co-jin (京都市)

見えない人の「表現としての動き」はどうやって生まれて来るのか?という問いから
始まった研究会を経て、視覚以外の感覚をフル稼働した美術と身体のWSとパフォーマンスの二日間。初日のナビは、光島、五島。2日目のパフォーマンスは、光島、黒子、かつふじ、
WS 参加者で展開されました。(光島、五島)
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

主催・企画制作:Dance&People  

協力:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン 

助成:日本財団 

(公開ミーティング/京都府地域力再生プロジェクト支援事業・申請中)

続きを読む "障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって"

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ