« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017.10.05

第1回フォーラム 感覚×コミュニケーションでひらく、美術鑑賞の新しいかたち

10月7日14時から、
京都国立近代美術館 1階ロビーで以下のようなフォーラムがあります。

「第1回フォーラム 感覚×コミュニケーションでひらく、美術鑑賞の新しいかたち」
(感覚をひらく―新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業)
http://www.momak.go.jp/senses/forum01.html

「みる」ことだけにとらわれない美術鑑賞を実践している美術館、グループからの報告が三つ。
ミュージアム・アクセス・ビューからもたけうちさんと山川さんが活動紹介をしてくれます。

いずれも興味深い内容です。ぜひご参加ください。

28年目の「美術の中のかたち」展ーその取り組みと課題 橋本こずえ(兵庫県立美術館)

盲学校とともに歩んだ6年と、そこから生まれた"こと" 岡本裕子(岡山県立美術館)

色とりどりのことばによる対話 たけうちしんいち/山川秀樹(ミュージアム・アクセス・ビュー)

ぼくが、さわれる作品を求めて美術館めぐりを始めた頃、確か1988ねんぐらいだったと思うのですが、東京でフォーラムが開かれていました。当時は、まだことばで作品を鑑賞するというような発送はまったくなかったので、話題は触ると言うことに集中していたと思います。うろ覚えですが、パリのポンピドゥー・センターの人のレクチャーと中村雄二郎 さんの哲学的な話を聞いたのを覚えています。あれからもう30年が過ぎているのですね。間もなく兵庫県美での「美術の中のかたち展」がはじまり、すっかり常連の鑑賞者となりました。名古屋市美でさわれる企画展が行なわれたのも90年代前半でした。

90年代後半からは、言葉による鑑賞がスタートします。言葉による鑑賞に懐疑的だったぼくも2001年のミュージアム・アクセス・ビューの結成にいつの間にか参加することになっていました。いまだにさわると言葉の間でうろうろしていますが、どちらの鑑賞方法も身につけたことで美術への関わりは爆発的な広がりとなりました。

今、注目しているのは、さわる鑑賞と言葉での鑑賞を何とか結びつけて、見える人と見えない人が同じ立場で対話できる鑑賞のシステム作りです。
今回のフォーラムで何かヒントをもらえればと期待しています。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »