« 第1回フォーラム 感覚×コミュニケーションでひらく、美術鑑賞の新しいかたち | トップページ | ウッドノートでグループ展 »

2017.12.02

ビュー鑑賞ツアー 「岡本神草の時代」

2017年12月3日(日)13:00~16:30
京都国立近代美術館/ミュージアム・アクセス・ビュー 連携企画
平成29年度 第46回鑑賞ツアー 「岡本神草の時代」 
38歳の若さで亡くなった岡本神草(1894-1933)。
画家にとって初の大規模回顧展となる本展は、数少ない本画を可能な限り集め、素描、下図、資料類100点ほどを加えて画業を紹介するとともに、甲斐庄楠音など同時代に競い合った作家達や、師にあたる契月の作品も展示し、神草芸術の全貌だけでなく、時代性と特異性を知ることのできる展覧会です。
ツアーの前に、美術館スタッフから解説をしていただく予定でおりますので、是非ご参加ください。
中学生、高校生のみなさんのご参加も大歓迎です!
◆ウェブサイト(展覧会のページです)
?http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/422.html(http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/422.html)
(岡本神草の時代でも検索できます)。
◆鑑賞ツアーコーディネーター:ミュージアム・アクセス・ビュー 
お問い合わせ、お申し込みはこちらまで
museumaccess.view@gmail.com

◆日時
2017年12月3日(日)13:00?16:30
◆場所
京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町26(https://maps.google.com/?q=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%B7%A6%E4%BA%AC%E5%8C%BA%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E5%86%86%E5%8B%9D%E5%AF%BA%E7%94%BA26&entry=gmail&source=g)-1)
◆会場アクセス
※市バスは混雑が予想されます。なるべく地下鉄でお越しください。
※道が分からなくなったり、助けが必要な時は 080-5352-7005 までご連絡ください。
JR京都駅からバスをご利用の方
JR・近鉄京都駅前(A1のりばから) 市バス5番 岩倉行 (D1のりばから)市バス100番(急行)銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
阪急電鉄・京阪電鉄からバスをご利用の方
1.阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から 市バス5番 岩倉行
2.京阪祇園四条駅から 市バス46番 平安神宮行
それぞれ「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約10分
電車をご利用の方
1.JR京都駅と阪急烏丸駅からは、市営地下鉄烏丸線(国際会館行)に乗り換え、更に烏丸御池駅で、市営地下鉄東西線(六地蔵行)に乗り換え、東山駅下車
2.京阪三条駅から市営地下鉄東西線京阪三条駅へ移動し、(六地蔵行)に乗車し、東山駅下車
東山駅から徒歩10分
◆当日の集合場所/時間
1. 京都国立近代美術館入り口前 12:50
2. 地下鉄東西線「東山駅」改札 12:40
◆募集人数
見えない人・見えにくい人 10名 見える人? 20名
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
?
◆参加費 
500円(入場料を含みます)
?
◆当日のスケジュール
12:50?13:00 受付
13:00?14:00 グループ毎に座り、鑑賞の方法や視覚障害者の手引きをレクチャー
14:00?15:20 展覧会鑑賞
15:30?16:30頃まで ふりかえり
■■■ツアーのお申込み方法/お問合せ先■■■
以下の項目を、メールで送っていただくか、お電話にてお申込みください。
・1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 4.障害のある方は同伴者の有無 5.集合場所 6.過去の鑑賞ツアーへの参加の有無
・メールアドレス
museumaccess.view@gmail.com
 まで。確認後、折り返し確認メールを送ります。
・電話
080-5352-7005 まで。留守番電話になっておりますので、「参加します!」と録音してください。折り返しご連絡をいたします。
・当日欠席などの緊急の連絡は、この電話番号までお願いいたします。
?■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
?
ミュージアム・アクセス・ビューとは?
目の見えない人/見えにくい人と「ことば」を使った鑑賞ツアーを行っています。作品を介してお互いに会話を楽しむことを目的としています。
作品からのメッセージをさぐり、鑑賞を深め、またお互いの「見え方」「感じ方」の違いを発見し共有していきます。
一人で静かに鑑賞するのとは違って、いろいろな職業や、年齢、障害の有無、経験の違う人たちと、おしゃべりをしながら作品を見る新しい鑑賞の試みです。
「会話を楽しむ」こと ができる人なら誰でも参加可能です!
ホームページ 
http://www.nextftp.com/museum-access-view/(http://www.nextftp.com/museum-access-view/)
Facebook 「ミュージアム・アクセス・ビュー」で検索

|

« 第1回フォーラム 感覚×コミュニケーションでひらく、美術鑑賞の新しいかたち | トップページ | ウッドノートでグループ展 »

鑑賞」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。