« ビュー鑑賞ツアー 「岡本神草の時代」 | トップページ | ウッドノートの在廊予定など »

2018.05.19

ウッドノートでグループ展

今回ウッドノートという喫茶店(アイリッシュカフェ)でグループ展を開催することになりました。
若い人たちに誘われるまま出品を決めました。
あふれ出すような思いをコントロールできないまま描き始めたあの頃の原点に立ち返って、ラインテープとカッティングシートで制作を進めています。
あの頃とは20年も前のことですが、なにかが違うとしたら同じテーマを反復して描けるようになったことでしょうか。

さて4人のキーワードは何か? 多様性という言葉で括るしかないようですが、ぼくとしては若い人のエネルギーをもらいながら、作品を通しての対話ができればいいなぁと思っています。おいしいチャイでも飲みながらゆっくりご覧ください。

-------ここから案内文--------

「Komorebi展」

■出展作家

光島貴之
つじのゆうこ
Toshihiko Kitaguchi
Xiao mogui (小鬼)

■会期 6月2日(土)から6月10日(日)
営業時間: 12時30分 から 23時 (定休日火曜日)
初日 6月2日(土)18時からオープニングパーティーを開催します。

* 6 月3日(日)は、ウッドノート35周年イベントにつき、大変な混雑が予想され、本展をゆっくりとご覧いただけないことが予想されます。どうしてもこの日という方は、14時ぐらいまででお願いできればと思います。
 最終日 6月10日(日)は、17時頃から搬出作業を始めます。

会場 喫茶店 ウッドノート
TEL 075-722-9302
〒606-8187 京都市左京区一乗寺大原田町23-3
(叡山電鉄 一乗寺駅)から徒歩5分
市バスの場合は、「高野」下車。北大路通を東へ。叡山電鉄の踏切の手前を北へ60メートル。東側。

最後に、この展覧会タイトルを決めるに当たってのエピソードを、呼び掛け人でもある北口さんの一文から紹介させていただきます。

■「komorebi 展」について

タイトルと言えば、最初に入って来る言葉ですし、やや妄想的に " どうせ始めるなら、先々に繋がるものにしていきたい。 " なんて想いがあったもので、企画が動き出した初期から、一言で想いを端的に伝えられる言葉はないものかと、ずっと探していました。

今回会場として使わせてもらう " 喫茶店・ウッドノート " ですが、その名前からも感じられるように、外観、内装共に木の様子がふんだんに感じられるようなものになっていまして、それが年季が入って、ほどよくくたびれて、いい感じに落ち着ける空間になっております。

ここをスタートにするのなら、それにちなんだ名前にしようと、そこに集まって言葉探しをしていた中で、 " 木漏れ日 " なんて言葉にたどり着いたのですが、枝葉をすり抜けていく条もの光が大地に降り注ぐ様子が、まさに今ここでしようとしている事にぴったりとはまるように感じられたので、この名前にしました。

良いと感じられる言葉は、多くの人達も良いと感じる物のようです。

ほんの数日前、フライヤーも仕上がって来て、いよいよ準備も大詰めに入って来たところで、日仏を股にかけた大規模なアール・ブリュット展と名前がまるかぶりだと言う事を知り、頭を抱えているところです。

偶然の一致とは言え、不勉強だった、詰めが甘かったと反省しております。

とは言え、そもそも規模もはるかに違う話でもありますし、今回ばかりはご容赦願いたいと、このまま話を進める事に致しました。

どうぞ、ご理解頂けますよう、よろしくお願いします。

2018年5月10日

|

« ビュー鑑賞ツアー 「岡本神草の時代」 | トップページ | ウッドノートの在廊予定など »

作品・展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビュー鑑賞ツアー 「岡本神草の時代」 | トップページ | ウッドノートの在廊予定など »