カテゴリー「お知らせ」の99件の記事

2017年2月 9日 (木曜日)

障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって

「Dance&People」で行なわれた3つの活動の報告会と公開ミーティングです。
その中の一つが、ぼくも関わったco-jinでのワークショップでした。
サブタイトルに「障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップ」とありますね。いまさら、そうだったんだ!!はたしてナビゲートできていたのかと反省しながら参加したいと思います。

-------ここから案内文--------

活動報告会+公開ミーティング
≪障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって≫ 
 
日時:2017年2月12日(日)13時~16時 (終了後、交流会30分)

会場:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン (京都市南区東九条東岩本町31)
京都駅八条口から徒歩15分、地下鉄烏丸線「九条」駅から徒歩15分、
市バス「河原町九条」から徒歩5分。※来客用駐車スペースはありません。
     http://k-tabunka.com/access.html
※建物の北側の入口からお入りください。
 
参加無料  定員:50名  ※出来るだけお申込みをお願いします

お問合せ: d-a-p@muse.ocn.ne.jp

※当日連絡先:090-1155-8867(ごしま)

※アクセスのお問合せ:075‐671‐0108 (京都市地域・多文化交流ネットワークサロン

対象:アート・福祉・教育の現場にいる方、関心のある方、どなたでもご参加ください。

スピーカー:牛若孝治(カオエッセイスト・鍼灸マッサージ師)、
光島貴之(美術家・鍼灸師)
黒子沙菜恵(踊る人)、伴戸千雅子(舞踏家)、西脇秀典(間の会代表)、
古川友紀(ダンサー)、山本恭子(「からだをつかってあそぼ」メンバー)、
濱見彰映(NPO法人福井芸術文化フォーラム事務局)、
東野佳奈(TSUMUGU ART PROJECT代表)、五島智子(Dance&People代表) (順不同)
進行役:坪野えり子(京都YWCA会員)

 
Dance&People では、今年度、以下の3つの活動を行いました。

2016 年7月「からだをつかってあそぼin津」(★1)

2016 年10月
~見えない人と巡る触覚の旅、さわってみることから広がる世界~
「月の顏ってどんな顏?さわって、しゃべって、踊ってみる?」(★2)、

2017 年1月
~見えない人と見える人が一緒に作る、空間インスタレーションとパフォーマンス~
「co-jinの森をつくろう!そして、その中で、うごいてみませんか?」(★)3
 
報告会では、それぞれの活動を映像などで紹介しながら、アーティスト、制作者、
参加者など、多彩なスピーカーが、活動を通しての≪あれこれ≫を当事者の立場でお話します。(約1時間)

公開ミーティングでは、報告についてのご質問などを元に、たくさんの
やりとりが出来たらと思います。

あまり言葉でしゃべらない人、見えない人、見えにくい人にとっての世界の感じ方は?
アーティストと呼ばれる人たちは、何を考えてるんだろう?、実施地域の話など、
いろんなことが共有できればと思います。また、会場の皆さまが、日々の現場で感じたり考えておられることも気楽に話して頂けるような場となればと願っています。

昨夏の相模原事件を受けて、アートや障害を持つ人に関わる私たちが、今、どうして
いけばいいのか?・・・についても考えたいです。

是非とも、ご来場いただけますよう、ご案内申し上げます。           
 
詳細:Dance&Peopleブログ
http://blog.canpan.info/d_a_p/archive/295

―――――――――――――――――――――――――――

3 つのワークショップとは? ・・・・(   )は、スピーカー

★1「からだをつかってあそぼin津」
出前ワークショップvol.2 Dance&Peopleがやってくる
  2016 ,7,2 三重県津市中央公民館ホール

  大山崎で10年以上活動を続ける「からだをつかってあそぼ」は障害や年令ダンス経験
不問のメンバーが集っている。この時は、メンバー十数名全員がナビゲーターとして、三重県津市へ
出前ワークショップに出かけました。(黒子、西脇、古川、山本、五島)


★2「月の顏ってどんな顏?さわって、しゃべって、おどってみる?」
~見えない人と巡る触覚の世界 触ってみることから広がる世界~
2016 ,10,29・30  福井市総合ボランティアセンター・JR福井駅前~商店街

初日は「あなたは今どんな顏で?」(ナビ:牛若)は顏に触って会話するWS、
「触ることからダンス?」(ナビ:伴戸)は触感の共有をテーマにWSが展開されました。

二日目は『感覚地図』作りをめざし、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて路上を歩きました。

(牛若、伴戸、濱見、東野)
 

★3「co-jinの森をつくろう!そして、その中で、うごいてみませんか?」
~見えない人と見える人が一緒につくる、空間インスタレーションとパフォーマンス~
    2017,1,7・8  アートスペース co-jin (京都市)

見えない人の「表現としての動き」はどうやって生まれて来るのか?という問いから
始まった研究会を経て、視覚以外の感覚をフル稼働した美術と身体のWSとパフォーマンスの二日間。初日のナビは、光島、五島。2日目のパフォーマンスは、光島、黒子、かつふじ、
WS 参加者で展開されました。(光島、五島)
 
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

主催・企画制作:Dance&People  

協力:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン 

助成:日本財団 

(公開ミーティング/京都府地域力再生プロジェクト支援事業・申請中)

続きを読む "障害を持つアーティストがナビゲートするワークショップをめぐって"

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金曜日)

手ざわりカードの制作にご協力を!!

20日(日)・21日(月)の予定に余裕がありましたらお手伝いをお願いできませんか? 2、3時間でもOKです。

最近「手ざわりカード」なるものを使ってワークショップを試行錯誤しています。
この際カードを一新して、40人ぐらいの参加者にも対応できるようにしたいので、連休にパッチワークをお借りしてスタッフで作業をします。
つるつる・さらさら・ザラザラ・ネバネバ・ゴツゴツ・ひんやりなどなど24種類のカードを作る予定です。
当初、足りない分を補充するぐらいのイメージでいたのですが、どんどん話しが広がり前面見直しになり、作業量が増えてしまいました。
暑い中ですが、もしちょっと手伝ってやろうかという余裕がありましたらご連絡ください。
artmitsushima@gmail.com

時間は、10時半から夕方7時ぐらいまでを考えています。

アトリエパッチワーク | Facebook
http://www.facebook.com/pages/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF/349078908462987?_fb_noscript=1

京都市上京区河原町通今出川上る青龍町221-3。青白のテントが目印。
出町市営駐車場/ファミリーマートから北へ三件目。
市バス205・37・1系統、「葵橋西詰」南行き下車。進行方向に10メートル。
京阪電車出町柳駅下車徒歩5分

| | コメント (0)

2014年4月28日 (月曜日)

第1回京都ユニバーサル・ミュージアム『触る学ぶ展覧会−子供を護る守り紙−』

こんな案内が届いてます。もう始まってますが、いつ行こうかな?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1回京都ユニバーサル・ミュージアム『触る学ぶ展覧会−子供を護る守り紙−』

【日時】2014年4月26日(土)〜5月5日(月祝)午後1時〜午後7時30分※4月30日(水)休

【場所】3F PROJECT ROOM
京都市中京区柳馬場御池下ル柳八幡町75-6TNCビル3F

【関連イベント】※事前申し込み不要
◎寺岡茂樹(中世日本研究所研究員)によるギャラリートーク
【日時】4月26日(土)、27日(日)、29日(火祝)午後4時〜

◎沙加戸弘先生(大谷大学名誉教授)による講演
【講演タイトル】『文学に見る疱瘡』
【日時】5月3日(土祝)午後5時〜

◎作ってみよう!親子でワークショップ※事前申し込みは不要ですが、参加人数をご連絡
いただければ助かります。
【日時】5月4日(日祝)、5日(月祝)午後2時〜(1時間程度)

【お問い合わせ】
Tel:(090)75403695 Mail: kyoto.um@gmail.com

京都ユニバーサルミュージアム:
https://www.facebook.com/#!/kyoto.universal.museum

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0)

2014年3月31日 (月曜日)

はねうさぎ在廊予定(2014/04/08)

予定外ですが、本日12時過ぎから15時まで在廊します。
明日、水曜は、在廊できなくなりました。申しわけありません。

以下、最新の在廊予定です。

1日(火)12時〜
3日(木)12時〜16時
5日(土)16時〜
6日(日)15時〜

8日(火)12時~15時
10日(木)16時〜
12日(土)15時〜
13日(日)14時〜

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木曜日)

2/16(日)「あなたの顔って、どんな顔?」 ー 触って発見!顔の新しい魅力 ー のご案内/Dance&Peopleより

Dance&Peopleの五島さんから、こんな案内が届きました。
現在注目のワークショップです。
ぼくは、前日に仙台でワークショップをしていて残念ながら参加できないのですが、ぜひお近くの方はご参加を!!

-------ここから案内文--------

さて、来る2月16日に「他者理解を楽しむワークショップシリーズその3」を大山崎で実施します。
今回のナビゲーターは、現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科後期博士課程在籍中の
牛若孝治(うしわかこうじ)氏(視覚障害を持つ)と、コンテンポラリーダンサーの伴戸千雅子(ばんどちかこ
)氏(晴眼者)です。
二人は、京都市内の看護学校で、ジェンダーや身体に関する授業を共同でやっているそうです。

「理解に苦しむ」という言葉は、よく聞きます。
理解とは、概ね「苦しいもの」・・・だからでしょうか。
他者を理解することは、たやすいことではありません。
が、先入観や既成概念や、まあ好き嫌いも、ちょっと置いといて、
「へ〜、これはどういうことなん?」「え〜、なんか、不思議やけど、びっくり」「うーーん、へ〜」・・・
なんていうような、まず身体を通して、自分と違う他者の感覚や世界観に近づいてみることを楽しむワークショ
ップです。

情報は、以下の通りです。
転送歓迎。ふるってご参加ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜他者理解を楽しむワークショップシリーズその3〜

「あなたの顔って、どんな顔?」

〜触って発見!顔の新しい魅力〜

「もう少し目がぱっちりしてたら…」「シワが気になる」などなど、

自分の顔を鏡で見ると悩みは尽きません。

でも、それは五感の中の「視覚」だけの世界かも???

講師の牛若孝治(視覚障害を持つ)は、人に出会うと「顔を触ってもいいですか?」と声をかけ、

顔を触ることからコミュニケーションを展開、人や社会をリサーチするユニークな研究者。

牛若氏の顔触り術から、触ることで得た数々の発見や洞察などの楽しいトークを交えて、

顔の興味深さや魅力への新しい扉を開いてみましょう!

日時:2014年2月16日(日)14:00〜17:00

会場:大山崎ふるさとセンター 3階南ホール

(阪急「大山崎」駅前、JR「山崎」より徒歩5分)

※ 駅集合を希望する方は、お早めにご連絡下さい。

対象:小学生以上、 障害の有無は不問

定員:15名 要予約

参加費:500円 (高校生以下300円)

ナビゲーター:牛若孝治(アート・パフォーマー、立命館大学大学院先端総合学術研究科)

伴戸千雅子(コンテンポラリーダンサー)

■ワークショップ内容

1.顔のマッサージ。まずは自分の顔をよくほぐそう。自己紹介。

2.「顔」について思うことあれこれ、グループセッション。

3.牛若氏の、顔にまつわる体験談。

4.自分以外の人の顔を触る時の注意(?!)事項の確認。そして実践!

5.ゲームを通してさらに触覚を磨きましょう。

6.シェア。今日の感想を共有しましょう。

※ お化粧をしている方は、顔に触るワークがあることをご了解ください。

■ナビゲーター プロフィール

牛若孝治(うしわかこうじ)
立命館大学大学院先端総合学術研究科後期博士課程。男性のジェンダー・セク
シュアリティー・「顔」という部位を、「見る」という方法と、「触る」という
方法との間にどのような共通点や相違点があるかを、特に触覚的な視点で考える。
 鍼灸マッサージ師、中学校社会科・高等学校地理歴史科・高等学校公民科教員
免許取得。2010年度から現在まで、看護学校や大学などで、年に数回、ジェ
ンダー論やボディーワーク(身体に触れる・自分の意見を言葉にするなど)の講
師をしている。

伴戸千雅子(ばんどちかこ)

コンテンポラリーダンサー。ミュージシャンとの即興セッションや作品創作のほか、

さまざまな障害を持った人、ダンスから縁遠い人を対象に、身体を動かすことの楽しさを伝えるワークショップ
を行っている。

牛若氏とはエイブルアート・ジャパン主催の公演で、一緒に作品づくりをして以来の縁。

暇を見つけては喫茶店で会い、身体、社会のこと、ジェンダーのことなど、語り合う。

09年から看護専門学校で共同の授業を行っている。
http://chikakobando.jimdo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■問合せ・申込み:ダンス&ピープル

T/F 075−802−9060

メール 
d-a-p@muse.ocn.ne.jp

当日連絡 
090−1155−8867(ごしま)

申込方法:1.お名前2.連絡先(あれば携帯番号)3.住所4.年令・年代5.障害の有無6.介助同行者の
有無を添えお
申込み下さい。

(同行者が参加される場合もその旨を明記して下さい)

以前に参加された方は、お名前と連絡先だけで結構です。

受付完了後に連絡を差し上げます。

■主催:Dance&People  助成:(公財)倶進会

後援(申請中):大山崎町・大山崎町教育委員会・大山崎町社会福祉協議会

協力:大山崎町知的障害者育成会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Dance&Peopleブログ 
http://blog.canpan.info/d_a_p/

昨年10月6日のWSの様子は、こちらです→ 
http://blog.canpan.info/d_a_p/archive/260

情報は、ここまでです。

|

2013年12月 5日 (木曜日)

「なんとなく、クリスマス」展

こんなチャリティー展に出品してみました。みなさま落札を!!
開催中!「なんとなく、クリスマス」展 |たんぽぽの家
http://popo.or.jp/info/2013/12/post-133.html

なんとなくクリスマスのオークションが、ネットでもできるようになったそうです。ぼくの作品番号は81~84です。

「なんとなく、クリスマス」展
─ 有縁のすみか」チャリティーオークション企画 ─

<展示会場>
たんぽぽの家アートセンターHANAギャラリー
〒630-8044奈良県奈良市六条西3-25-4

【会  期】
2013年12月1日(日)~12月21日(土)
開館時間11:00~17:00 ※日、月は休館。
作品は会期中、「サイレント・オークション形式」で入札、最終日の時点で最高額を入札している方が落札となります。
※最低落札価格は、500円とさせていただきます。

クリスマスは、どこかソワソワ。まちはお祭り騒ぎ。
道行く人たちも、カップル以外は、どこか所在なさげ。
手帳を開いて何も予定がないと、罪悪感さえありますね。
でもでも。本当は、クリスマスはイェスキリストの降誕を祝う厳粛な祝日。
クリスチャンの家庭では、教会のミサに行ったり家族でゆっくり過ごすのが一般的です。それにならっで、今年くらいは、なんとはなしにクリスマスを過ごされてはいかがですか?

このたび、「アートセンターHANAギャラリー」では、
田中康夫著、『なんとなく、クリスタル』になぞらえて、「なんとなく、クリスマス」展を行います。

そこで、吉野のスギやヒノキの端材など、木材を使った「なんとなく、クリスマス」を思わせるような作品を募集します。
たんぽぽの家は現在、地域の人、住む人、ケアする人みんなが「縁」をシェアする地域の拠点「有縁のすみか」づくりを進めています。

今回の企画は、みなさまに作品をお寄せいただき、展示会場でチャリティーオークションにかけることで、オークションの収益を「有縁のすみか」建設費用に充てさせていただこう、という試みです。

2_3

3_3

4_2

5_2

主催:たんぽぽ
吉野製材工業協同
センターHANAギャラリー
株式会社丸商店

お問い合わせ先
たんぽぽの家アートセンターHANAギャラリー「なんとなく、クリスマス」展実行委員会
〒630-8044奈良市六条西3-25-4
Tel.0742-43-7055
Fax.0742-49-5501

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火曜日)

「世界を触れ!ーー見える人にこそ伝えたい」(関西テレビ9月14日深夜)

全盲の民族学研究者である、国立民族学博物館の広瀬さんから下記の連絡いただきました。

件名: 関西テレビの番組案内(9月14日深夜)
みなさん、こんにちは。国立民族学博物館の広瀬です。
8月5日からシカゴ大学の客員研究員として、米国に滞在中です。
シカゴ生活にもだいぶ慣れて、少しずつ行動範囲を広げているところです。
帰国は来年3月末。いろいろとネタを仕入れて、みなさんにおもしろい報告が
できるよう、ぼちぼち頑張ります。

さて、「所変われば品変わる」はずなのに、どうやら「下品」というのは、ど
こに行っても変わらないようですね。
いつものごとく宣伝メールにて失礼します。
9月14日(土)の深夜に僕の活動を紹介するドキュメンタリー番組「世界を
触れ!ーー見える人にこそ伝えたい」(関西テレビ)が放送されます。
放送時間は、14日の25:50~26:45(15日の午前1:50~2:
45)です。
休日とはいえ深夜なので、生で見ていただくのは難しいかもしれません。
夜更かしに自信のない方には、今から予約録画をお願いいたします。
また、関西エリアのみでの放送なので、残念ながら他の地域の方は視聴できま
せん。ご了承ください(要望が多ければ、後日全国放送という可能性もあるかも!?)

6月初めから密着取材が始まり、テレビクルーはシカゴまで追いかけてきまし
た。
8月8日~14日にはシカゴの美術館、視覚障害団体、自宅アパート周辺で撮
影をしました。
たぶん、番組で僕のシカゴ生活の一部も紹介されるはずです。
その他、6月~7月に全国各地で行なった講演やイベントの様子がコンパクト
にまとめられています。
大げさな言い方をすると、僕の半生を総括する番組を作っていただき、関西テ
レビには感謝しています。
もちろん、個人的な記念というのみでなく、「世界を触れ!」という番組タイ
トルには「さわる世界」のすばらしさ、奥深さを多くの人に伝えたい僕のメッセ
ージが込められています。
たくさんの方々に本番組を見ていただき、社会に何らかのインパクトを与える
ことができれば幸いです。

高校時代からの僕の密かな夢は、障害者関係のお堅い番組でなく、民放の深夜
放送に出演することでした。
中高時代、ラジオの深夜放送のちょっとエッチな番組に興奮しつつ、果てしな
く妄想を広げていたのは懐かしい思い出です。
幸か不幸か(?)今回のドキュメンタリーは、ちょっとエッチな番組ではあり
ませんが、めでたく深夜の放送枠に進出することができ、素直に嬉しいです。
ディレクターやカメラマンの努力により、妄想でなく、視聴者の想像力と創造
力を刺激する番組になったと、僕は手応えを感じています。

「さわる世界」を映像として、どこまで表現できるのか。
番組をご覧になって、みなさんから率直な感想、ご意見をいただければありが
たいです。
本メールの転送・転載を歓迎します。
一人でも多くの方にドキュメンタリー番組を見ていただきたいと切望していま
す。
放送当日まで1週間。ぜひ広報にもご協力ください!
では、シカゴで楽しい体験ができたら、また不定期に報告しますね。 広瀬浩
二郎

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火曜日)

在廊予定「みる/さわるだけではわからない、かもしれない」(VOICE GALLERY)

6月1日まで京都のVOICE GALLERYで個展を開催しています。
在廊予定は、

22日・水曜14時〜
24日・金曜14時~ (17時より吉岡さんとの対談)
25日・土曜17時〜
30日・木曜17時~
31日・金曜12時~ (13:30より、京芸、構想設計の高橋悟ゼミとのワークショップ)
6月1日・土曜15時〜

奥の事務所にいる場合もありますので、お気軽にお声かけください。
ご来場お待ちしております。

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月曜日)

展示作業を手伝ってもらえませんか?

いよいよ14日から VOICE GALLERY での個展が始まります。
しかし、まだ一つ乗り越えなければなりません。今回は、ラインテープとカッティングシートの絵ではなく、大がかりなインスタレーションです。2月末から芸術センターで制作を続けてきましたが、まだまだやり残しています。
そして搬入当日にも作業が続きます。
ぜひご協力よろしくお願いします。

-------ここから展示作業募集の案内です--------

5月11日午後、12日に VOICE GALLERY にて、光島貴之個展「みる/さわるだけではわ
からない、かもしれない」の展示作業を行ないます。
http://www.voicegallery.org/exhibition_event.php

今回、初めて大がかりなインスタレーションを試みようとしています。
しかし、まだ多くの作業を開場で行なわなければなりません。
それで、作業に関わってもらえる人を探しています。
なにぶん予算がなくて、交通費として1000円ぐらいしかお支払いすることができない
のですが、このような条件で手伝ってもらえる方を募集しています。
時間許せば、ぜひお願いします。

連絡先は、光島貴之までメールか電話でお願いします。
artmitsushima@gmail.com
09010223626

なお、作業内容は、以下のようなものです。

1.木製点字ブロックの床面と壁面への敷設。

2.カッティングシートの活字と点字の壁面への貼り付け。それぞれ4メートル×3.5メ
ートル(半分は、リタックシートに仕込んでいる)

3.約90センチ×180センチのパネル4枚の壁面への設置。
(一部現地での制作を残しているパネルあり)

4.角材と布・エアキャップなどで「対物知覚」を呼び覚ます通路を組み立てる。

5.立体作品の設置と制作。(90センチ角の強化ダンボールでの立体物の設置)

以上です。

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月曜日)

芸術センターでのサポートボランティア募集

5月14日からのVOICE GALLERYでの展覧会の準備で京都芸術センターの制作室をお借り
してインスタレーションの作品を作り始めました。

ぼくのこれまでのスタイルは、ラインテープとカッティングシートを使っての「触る
絵画」でした。今回は、すべてを自分でやる必用はないかろ思い、いろんな人に手伝ってもらいながらやって行こうと思っています。
そして、指示を出すには、コンセプトがしっかりしていないとダメだということも痛
感するようになってきました。

まだまだ作り始めたばかりですが、今後いろんなサポートが必用になってきます。
具体的には、ペンキ塗り、ボンドでの接着、ノミを使っての角落とし、丸シールを使
っての点字作り、などなどです。

バイト代を支払える状態でもないのですが、もし時間許す範囲で手伝ってもらえる方
がありましたらご連絡ください。
芸術センター1階の前田コーヒーでお昼ご飯をごちそうさせてもらうか、交通費とし
て1000円お支払いします。

こちらの希望は、日曜・月曜・木曜です。
それ以外でも日時が調整できれば、随時作業日を設定していきたいと思います。
今後、5月の連休や搬入時も作業できる人が必用になるかと思いますので、そちらの
方もよろしくお願いします。

もし手伝っていいよって方は、
artmitsushima@gmail.com
までご連絡お願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧