ブログを引っ越しました

ミュージアム・アクセス・ビューのブログを引っ越しました。
新しいお知らせは、こちらからご覧ください

|

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015美術鑑賞ツアー

4月12日(日)と、5月2日(土)の鑑賞ツアーの案内です。どちらか一方の参加でも可能です。
今回は、申込先が「京都芸術センター」となります。お気をつけください。
ご参加お待ちしています。

以下案内--

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015美術鑑賞ツアー
@堀川団地会場  @京都市美術館会場

2ヶ月間にわたり京都市美術館の全館と京都文化博物館を主会場に、複数の会場を有機的に連携させながら開催される京都で初めての大規模な現代芸術の国際展、PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015。そのいくつかある会場の中から、堀川団地、京都市美術館の2会場を2日に分けてツアーで巡ります。
現代アートと言うと難しいという印象があるかも知れませんが、見えない人・見えにくい人とおしゃべりしながら鑑賞することで、もっと身近なものとしてアートに触れあえるようになるかもしれません。
コーディネーター:ミュージアム・アクセス・ビュー

①パラソフィア堀川団地会場鑑賞ツアー

◆日時
2015年4月12日(日)14:00~16:30

◆場所
パラソフィア堀川団地会場
〒602-8242 京都市上京区西堀川通上長者町上る皀莢町 堀川団地上長者棟1階

◆集合場所/時間

1. 市バス「堀川下長者町」北行きバス停 13:50
*なるべくこちらの集合場所へお越しください。
・市バス「京都駅前」B1乗り場より9系統二条城・西賀茂車庫行き乗車。「堀川下長者町」下車
・地下鉄東西線「二条城」下車。市バス「二条城前」より9系統西賀茂車庫行き乗車。「堀川下長者町」
・市バス「四条烏丸」C乗り場(南西側)より12系統金閣寺・立命館大学行き乗車。「堀川下長者町」下車

2. 京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅北改札 13:40
(1.の場所へ来ることが困難な方は、こちらへお越しください)

◆募集人数
見えない人・見えにくい人 5名 見える人 10名
※定員になり次第締め切らせて頂きます。

◆参加費
無料

◆スケジュール
14:00~14:30 受付、チーム分け、鑑賞の方法について。
14:30~15:40 鑑賞
15:40~16:30 ふりかえり

②パラソフィア京都市美術館会場鑑賞ツアー

◆日時
2015年5月2日(土) 14:00~16:45

◆場所
パラソフィア京都市美術館会場
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)

◆集合場所/時間
1. 京都市美術館入口 13:50
2. 地下鉄東西線「東山駅」改札 13:40
(当日は市バスの混雑が予想されますので、なるべく地下鉄でお越しください)

◆募集人数
見えない人・見えにくい人10名 見える人 15名
※定員になり次第締め切らせて頂きます。

◆スケジュール
14:00~14:30 受付、チーム分け、鑑賞の方法について。
14:30~16:00 鑑賞
16:00~16:45 ふりかえり

◆展覧会内容

PARASOPHIAは、多様な表現や思考と出会う場であり、異質なものを容認し、排除ではなく敬意ある距離感を見つけていく経験のプロセスです。
既に知っていることを再度確認する場=娯楽/エンターテインメントではなく、参加作家と鑑賞者の双方を巻き込みながら、10年後、20年後の文化資産に繋がる、思考と創造の継続的で世界に開かれたプラットフォームを京都に根付かせることを目指します。

関連項目リンク

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015(開催概要)
http://www.parasophia.jp/about/

パラソフィア堀川団地会場
http://www.parasophia.jp/visit/horikawa/

パラソフィア京都市美術館会場
http://www.parasophia.jp/visit/kmma/

■■■ツアーのお申込み/お問合せ■■■

※今回、ツアーのお申込み/お問合せは京都芸術センターとなっています。お間違えのないようご注意ください。

●1.お名前
2.連絡先
3.障害の有無
4.障害のある方は同伴者の有無
5.集合場所

以上の項目を、京都芸術センター 担当:山本・松本まで、お電話又はメールにてお 申込ください。

●電話075-213-1000(京都芸術センター)

●メールアドレス:
info@paravol.jp
(折り返し確認メールを送ります)

●当日の緊急連絡先
08044867506
(パラソフィア・サポートスタッフセンター)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ミュージアム・アクセス・ビューとは?
http://www.parasophia.jp/visit/kmma/
目の見えない人/見えにくい人と「ことば」を使った鑑賞ツアーを行っています。作品を介してお互いに会話を楽しむことを目的としています。作品からのメッセージをさぐり、
鑑賞を深め、またお互いの「見え方」「感じ方」の違いを発見し共有していきます。一人で静かに鑑賞するのとはまた違った、いろいろな職業や、年齢、障害の有無、経験の違う人たちとおしゃべりをしながら作品を見る、新しい鑑賞の試みです。「会話を楽しむ」ことができる人なら誰でも参加可能です!

以上です。

|

第35回美術鑑賞ツアー 小谷元彦 個展 『Terminal Moment』 @京都芸術センター

第36回美術鑑賞ツアー
小谷元彦 個展 『Terminal Moment』 @京都芸術センター

今回は京都芸術センターに行きます。
展示内容は、映像と立体作品で構成されるインスタレーションです。案内文を読んでいる
と難しそうな現代アートのように思われますが、みんなの言葉を駆使しておもしろさを解
明してみましょう。
会場の大きさを考慮して、今回もこじんまりとしたツアーにさせていただきました。
参加ご希望の方は、どうぞお早めにお申し込み下さい!

(コーディネーター:光島貴之、たけうちしんいち)


◆日時:2014年11月30日(日) 午後1:30~4:00

◆場所:京都芸術センター

◆集合場所/時間
1.京都芸術センター 入口・エントランス付近 1:30
2.京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」 北改札 1:15

◆参加費:500円
◆募集人数:見えない人・見えにくい人 6名
見える人 12名
※定員になり次第締め切らせて頂きます。

◆スケジュール
1:30~2:00 受付、グループ分け、説明
2:00~3:00 鑑賞
3:00~4:00 感想会

◆展覧会内容
京都の中心部で生まれ育ち、今や世界的に活躍する現代美術家・小谷元彦による個展を開
催します。映像作品や巨大インスタレーションを駆使しながらも、立体の制作を通して彫
刻の問題を問い続けてきた小谷は今回、彫刻における「欠落」と人体の関係を軸として、
そこに彫刻のイコンや運動の問題を重ね合わせた新作を発表します。東京芸術大学入学で
京都を
離れてほぼ四半世紀、琳派400年を機に再び京都に対峙する小谷がもたらす衝撃にご期待
ください。

関連項目リンク
京都芸術センター(イベント内容)
http://www.kac.or.jp/events/13456/

小谷元彦 プロフィール
http://www.phantom-limb.com/cv/index.html

琳派400年祭
http://www.rimpa400.jp/

■■■ツアーのお申込み/お問合せ■■■
以下の項目をお知らせの上、ミュージアム・アクセス・ビュー
(担当:たけうち、阿部)までお申込ください。

1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 4.障害のある方は同伴者の有無 5.集合場所

●携帯番号:
080-5352-7005
(留守電の場合はこちらから連絡します。必ずメッセージを入れてください。
当日の緊急連絡もこの番号へ)

●メールアドレス:
museum_access_view@yahoo.co.jp
(受付後、折り返し確認メールを送ります)

以上です。

|

第35回美術鑑賞ツアー 「ホイッスラー展」@京都国立近代美術館

第35回美術鑑賞ツアー
「ホイッスラー展」@京都国立近代美術館

 昨年10月の「ビリー・カウィー展、高嶺格展」以来、1年ぶりに鑑賞ツアーを実施します。今回はこれまでの半分の人数でのこじんまりとしたツアーになります。参加ご希望の方は、どうぞお早めにお申し込み下さい!

◆日時:2014年10月5日(日) 午後1:30~4:30

◆場所:京都国立近代美術館

◆集合場所/時間
  1.京都国立近代美術館入口  1:30
  2.京都市営地下鉄東西線「東山駅」改札 1:15

◆参加費:500円

◆募集人数:見えない人・見えにくい人 5名
      見える人        10名
   ※定員になり次第締め切らせて頂きます。

◆スケジュール
  1:30~2:00 受付、グループ分け、説明
  2:00~3:15 鑑賞
  3:20~4:20 感想会(1階講堂)

◆展覧会内容
  ホイッスラーが活躍した19世紀後半のイギリス、それは当時主流であった歴史や教訓を伝達するメディアとしての絵画を否定し、絵画そのものの表現力、つまり絵画における純粋な視覚的効果を追求する「芸術のための芸術」に向けた胎動の場所でした。そしてこの果敢な挑戦に大いなる示唆を与えたのが、浮世絵をはじめとする日本の芸術作品です。ホイッスラーはこの渦中で、絵画、そして版画、さらには室内装飾の分野で数々の作品を制作し、広く世界中に影響を与えました。本展では、世界各地から集められたホイッスラーの代表作約130点と、関連する浮世絵・資料によって、ジャポニズム、そして近代絵画の先駆者としてのホイッスラーの全貌を、日本で初めて本格的に紹介します。

http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2014/405.html
http://www.jm-whistler.jp/


■■■ツアーのお申込み/お問合せ■■■

以下の項目をお知らせの上、ミュージアム・アクセス・ビュー
(担当:阿部)までお申込ください。

1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 4.障害のある方は同伴者の有無 5.集合場所

●携帯番号: 
080-5352-7005
(留守電の場合はこちらから連絡します。必ずメッセージを入れてください。
当日の緊急連絡もこの番号へ)

●メールアドレス: 
museum_access_view@yahoo.co.jp
 (受付後、折り返し確認メールを送ります)

|

ビューの活動が、NTT西日本ルセントの【ドリームアーク】で紹介されました

ビューの活動が、NTT西日本ルセントの障がい者・高齢者向け情報サイト【ドリームアーク】で紹介されました

対話しながらアートを体感 ミュージアム・アクセス・ビュー インタビューレポート|夢にチャレンジ 夢への懸け橋 ドリームアーク
記事ダイレクトページ
http://www.dreamarc.jp/archives/2080/

ドリームアークのトップページはこちら
http://www.dreamarc.jp/

ツアーやらなければ……。

|

「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!」(報告)

2013年10月6日(日)14時~17時
大山崎ふるさとセンター 3階ホールで行なわれたダンス&ピープルとビューの共同企画「他者理解を楽しむワークショップシリーズ その2」の報告です。

     ミュージアム・アクセス・ビュー・阿部こずえ

10月とは思えない、とても暑い日。大山崎ふるさとセンターに見えない人、見えにくい人を含め15名の参加者が集まってきました。3人1組のグループになります。紐の先に音の鳴るものをつけ、それを見えない人、見えにくい人に投げて、キャッチしてもらいます。紐をたぐりよせる形で3人が集まり、自己紹介をしました。

前半の講師は、ミュージアム・アクセス・ビューから光島貴之さん。全盲のアーティストです。今回、絵を描く
キャンバスは、みんながいる部屋全体です。床、大きな窓ガラス、2本の柱、扉・・
・。テーマは1つ、思いっきりラインを描くということ。素材は、弱粘の養生テープで、6色あります。好きな色を選んで、ふんだんに線を描いてもらいました。グループによっては、「アミューズメントパーク」「人の顔」など具体的なテーマがあったところも。

ただ貼るだけでなく、テープの面にわざとシワをよせて貼っていったところや、窓から床にかけて空中を遮るように大胆に貼っていったところ、色を何色か使い分けていたところ、10~15分ですが、一気にみんなのエネルギーが飛び出したようでした。

身体を十分に動かしたところで、次は大きなオブジェづくり。新聞や段ボール、クッション材、ロープ、ネットや布などをくっつけていきます。あっという間に5つの不思議なオブジェができました。箱の中になにやらいろんな「哲学」を詰め込んだもの、長い段ボールをうまく利用してできたキリン、いろんな手触りのものをはりつ
けた塔、そしてこの塔からロープがのび空間が区切られました、また大きなこたつ?のような、チューブや紐が飛び出して、中に何があるのか想像が広がるもの。

もっとも印象的だったのは、人ごとオブジェです! 底の抜けた段ボールに人が入り、段ボールにも人にもかわいい装飾がついて、そして動き回れるオブジェでした。
そうして、空間にたくさんのカラフルなラインと不思議なオブジェで、舞台装置が出来上がりました。

後半の講師は、ダンス&ピープルから、ダンサーの黒子沙菜恵さんと伴戸千雅子さんです。まずは、光島さんはじめ数人が、言葉で出来上がったオブジェの鑑賞を始めました。
「これは洗濯物かな?」
「こんなところに塔みたいなのがあるな」
「この手触りは・・・曜日で例えるなら、金曜日の夜みたいな・・」
「わぁ!何この手触り、気持ち悪い!」
「未来の末期病院人間」
などなど。その様子を見て、みんな触りたくてうずうず、一斉に動き始めました。

見える人も多くは目をつむって、床のたくさんのラインをたどって、移動したり、オブジェに近づきます。オブジェを触っているうちに、人にも出会って、触って、また手だけでなく、足や顔や肘やいろんなところで触って、ねそべったり、はいつくばったりして、動きます。

「手で鑑賞している人を触って鑑賞しよう!」という指示で、一人一人の動きから、いくつかの団子状態になっての動きに変化していきました。誰もが、集中はしているけれど、顔がとても穏やかなのが印象的でした。安心してとても気持ちのいいところをゆったりゆったり探検し、人と出会ってもオブジェと出会っても、動きつづけている。動くこと、触ることが、とても自然に、そして身体の赴くままに、踊るという行為につながり、とても満たされた空気が流れていました。

盛りだくさんの内容で、あっという間の時間でした。もっと踊りたい、動きたい人もいたかも?また、機会があればぜひ、創作とダンスのコラボレーションをしましょう!ご参加いただいたみなさん、お誘いいただいたダン
ス&ピープルのみなさん、どうもありがとうございました!

|

ビリー・カウィー展/高嶺格展ご案内

気がつけば、秋。ようやく1回目のツアーの案内です☆
最近の悩みは、毎回30名の団体で鑑賞することで、ひとりひとりとあまりしゃべれないな、と思っていたこと。実際、私も作品の感想をみんなとしゃべりたい!けれど、時間や人数の関係でなかなかしゃべれないジレンマがありました。
今回のツアーは、3D映像のインスタレーションや映像による舞台表現なので、見えない人と見るのは難しいかなと思いつつ、とても興味深い展覧会であったことで、参加人数を減らし、ゆっくり話す時間を作ることにしました。鑑賞+作品についてゆっくり話そうというので、興味のある方ぜひいらして下さい!

(ビュー/阿部こずえ)


以下案内---

 第34回 鑑賞ツアー
 ビリー・カウィー展、高嶺格展 @京都芸術センター

■ 日時:  2013年10月20日(日)2時から4時すぎ

■ 場所:  京都芸術センター(京都市中京区室町通蛸薬師下る東側)

» 続きを読む

|

「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!」

ダンス&ピープルさんからお声がけをいただき、ワークショップをさせてもらうことになりましたので、ご案内いたします!
ダンス&ピープルは、視覚障害のある人、高齢者、介助者などいろんな人を対象に、身体をとおして人とのつながりを広げるユニークな活動をしているグループです。ブログはこちら。http://blog.canpan.info/d_a_p/

気候のいい時です。ぜひどうぞ。
申込、お問合せは本文中のダンス&ピープルさんまで。

以下案内文
-----------------------------------------

他者理解を楽しむワークショップシリーズ その2

タイトル:
さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!
サブタイトル~見えない人と見える人が一緒に作って、カラダで見るワークショップ~

広々とした空間で、見える人・見えない人・見えにくい人が共同で
創作をします。そして言葉で対話をしたり、全身を使いながら、
出来た作品をいろんな方法で味わい、遊びます。
全盲の美術家とダンサーが参加者の皆さんをナビゲートします。
ワクワクドキドキ・・・子どもも大人も、ふるってご参加下さい。

日時:2013年10月6日(日)14時~17時
会場:大山崎ふるさとセンター 3階ホール
対象: 小学生以上 、障害の有無は不問
定員:20名 、要予約
費用(材料費として):大人500円、小中高生300円 
(身体介助の必要な方の介助者は不要)

ナビゲーター:前半・・・光島貴之(みつしまたかゆき・全盲の美術家) (サポート:ミュージアム・アクセス・ビュー)
       後半・・・黒子沙菜恵(くろこさなえ)・伴戸千雅子(ばんどちかこ)(共にコンテンポラリーダンサー)

» 続きを読む

|

「声の手ざわり?さまざまな素材で触覚コラージュを作ります」

「声の手ざわり?さまざまな素材で触覚コラージュを作ります」
【明倫ワークショップ】
※ ミュージアム・アクセス・ビュー連携プログラム

講師: 光島貴之

今回は、いつもの山科ではなく京都芸術センターでの創作ワークショップです。
申込先も違いますので、お間違いのないようにお願いします。
なお、HPからの申し込みが難しい方は、ビューが代理登録を致しますので
必要事項をお知らせください。

ワークショップの内容:
普段何げなく聞いている人の声を、手ざわりやかたちにして表現してみます。
声質は手ざわりで、しゃべり方はかたちで表現できるのではないでしょうか。
まずは、自己紹介を「手ざわりカード」で体験してみてください。
チーム分けして声のモデルになってもらう方を決め、みんなで作品に仕上げます。

日時:
2013年3月20日 (水) 14:00?17:00

会場: 京都芸術センター 制作室4
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
◆会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地図」はこちら
http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_1.html

材料費: 500円

定員: 15名

対象: 小学生高学年以上

◆集合場所:
1. 直接会場 13時40分
2. 地下鉄烏丸線四条駅北改札 13時30分

申し込みは、こちらからお願いします。
http://www.kac.or.jp/events/3188/

*当日の待ち合わせが必要な方や、芸術センターのHPからの申し込みが難しい人は、
「ミュージアム・アクセス・ビュー」までご連絡ください。
申し込みを代行させていただきますので、以下の事項をお知らせください。

1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無
4.同伴者の有無 5.集合場所をお知らせください。

◆携帯番号:
08053527005
(留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)

◆メールアドレス:
museum_access_view@yahoo.co.jp
(受付後、折り返し確認メールを送ります)

|

奈良県障害者芸術祭「おしゃべり鑑賞ツアー」のご案内

2月16日(土曜)、奈良での鑑賞ツアーのご案内です。
ぜひお誘い合わせの上、ご参加お待ちしております。

※いつもとは申込先が異なりますので、お間違いのないようにお願いします。

以下案内--------------------------------------------------------------------
-
見えない人との美術鑑賞ワークショップ

奈良県障害者芸術祭「おしゃべり鑑賞ツアー」のご案内

2月16日(土) 14:00?16:00

■内容:今年で2年目になる奈良県障害者芸術祭。障害のある人とアーティストが一
定期間過ごし、制作した9組の「アートリンク・プロジェクト」や、病院や自宅、学
校などにアーティストが出向いた「アートクル!ドキュメント」をはじめ多彩なプロ
グラムの作品や映像記録が展示されています。今回は、メイン会場の奈良県文化会館
で、上記の2つのプログラムを鑑賞します。個性あふれる自由な表現を、見える人、
見えない人が一緒におしゃべりしながら、気軽に鑑賞するプログラムです。アートリ
ンクには、奈良盲学校の山田翔登さんと、ビューの光島貴之さんも参加されています
。ぜひご参加お待ちしています。ファシリテーター ミュージアム・アクセス・ビュー

■会期:2月16日(土) 14:00?16:00

■対象:30人(見える人20人、見えない人/見えにくい人10人)

■会場:奈良県文化会館 2階展示室(集合場所も同じ) 

 ※見えない人、見えにくい人で、最寄り駅「近鉄奈良駅」からの手引きが必要な方
はお知らせください。

■参加費、入場料:無料

■詳細はこちら 
http://popo.or.jp/happyspotnara/

■申込先:奈良県障害者アート創出事業実行委員会 事務局
〒630-8044 奈良市六条西3-25-4 ?財団法人たんぽぽの家 内
Tel.0742-43-7055 Fax.0742-49-5501?

E-mail
happyspot@popo.or.jp

|

«京都とっておきの芸術祭に出展します