「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!」

ダンス&ピープルさんからお声がけをいただき、ワークショップをさせてもらうことになりましたので、ご案内いたします!
ダンス&ピープルは、視覚障害のある人、高齢者、介助者などいろんな人を対象に、身体をとおして人とのつながりを広げるユニークな活動をしているグループです。ブログはこちら。http://blog.canpan.info/d_a_p/

気候のいい時です。ぜひどうぞ。
申込、お問合せは本文中のダンス&ピープルさんまで。

以下案内文
-----------------------------------------

他者理解を楽しむワークショップシリーズ その2

タイトル:
さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!
サブタイトル~見えない人と見える人が一緒に作って、カラダで見るワークショップ~

広々とした空間で、見える人・見えない人・見えにくい人が共同で
創作をします。そして言葉で対話をしたり、全身を使いながら、
出来た作品をいろんな方法で味わい、遊びます。
全盲の美術家とダンサーが参加者の皆さんをナビゲートします。
ワクワクドキドキ・・・子どもも大人も、ふるってご参加下さい。

日時:2013年10月6日(日)14時~17時
会場:大山崎ふるさとセンター 3階ホール
対象: 小学生以上 、障害の有無は不問
定員:20名 、要予約
費用(材料費として):大人500円、小中高生300円 
(身体介助の必要な方の介助者は不要)

ナビゲーター:前半・・・光島貴之(みつしまたかゆき・全盲の美術家) (サポート:ミュージアム・アクセス・ビュー)
       後半・・・黒子沙菜恵(くろこさなえ)・伴戸千雅子(ばんどちかこ)(共にコンテンポラリーダンサー)

続きを読む "「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!」"

|

「声の手ざわり?さまざまな素材で触覚コラージュを作ります」

「声の手ざわり?さまざまな素材で触覚コラージュを作ります」
【明倫ワークショップ】
※ ミュージアム・アクセス・ビュー連携プログラム

講師: 光島貴之

今回は、いつもの山科ではなく京都芸術センターでの創作ワークショップです。
申込先も違いますので、お間違いのないようにお願いします。
なお、HPからの申し込みが難しい方は、ビューが代理登録を致しますので
必要事項をお知らせください。

ワークショップの内容:
普段何げなく聞いている人の声を、手ざわりやかたちにして表現してみます。
声質は手ざわりで、しゃべり方はかたちで表現できるのではないでしょうか。
まずは、自己紹介を「手ざわりカード」で体験してみてください。
チーム分けして声のモデルになってもらう方を決め、みんなで作品に仕上げます。

日時:
2013年3月20日 (水) 14:00?17:00

会場: 京都芸術センター 制作室4
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
◆会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地図」はこちら
http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_1.html

材料費: 500円

定員: 15名

対象: 小学生高学年以上

◆集合場所:
1. 直接会場 13時40分
2. 地下鉄烏丸線四条駅北改札 13時30分

申し込みは、こちらからお願いします。
http://www.kac.or.jp/events/3188/

*当日の待ち合わせが必要な方や、芸術センターのHPからの申し込みが難しい人は、
「ミュージアム・アクセス・ビュー」までご連絡ください。
申し込みを代行させていただきますので、以下の事項をお知らせください。

1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無
4.同伴者の有無 5.集合場所をお知らせください。

◆携帯番号:
08053527005
(留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)

◆メールアドレス:
museum_access_view@yahoo.co.jp
(受付後、折り返し確認メールを送ります)

|

フロッタージュで触ったものを絵にしよう

創作ワークショップ第23弾
「フロッタージュで触ったものを絵にしよう」

日時:2012年10月21日(日)13時30分〜17時00分

フロッタージュって聞いたことありますか? ぼくは、まったく知らなかったの
ですが、見える人なら、遊びとして、あるいは、小学校の工作の時間などで経験
しているのではないでしょうか。

先日、カンバスにオイルクレパスを塗っていたら、「これ、フロッタージュにな
ってるじゃない」と言われました。
カンバスは、周囲や中央に支えになる角材が入ってますよね。その硬い部分に塗
りむらができていておもしろいと言うのです。
それならということで、カンバスの下にいろんな硬いものを敷いて、わざと塗
りむらを作って絵の下地にしました。
硬いものの上から塗ると、何かかたちが残るというのがぼくの実感でした。

今回のワークショップでは、「触ったものを見える形にしてみる」というコンセ
プトでいろんな表現を試みてみます。触ったものが、そのまま絵になるわけでは
ないようです。それがおもしろいらしいのですが、ぼくにはまだ分かっていませ
ん。みなさんと一緒にいろんな実験を重ねて、楽しんでみたいと思っています。

◆講師   光島貴之

◆日時 2012年10月21日(日) 13時30分〜17時00分

◆場所   京都市山科身体障害者福祉会館 1階会議室
 〒607-8086 京都市山科区竹鼻四丁野町34-1
 TEL 075-591-8821

◆行き方  JR・京阪・地下鉄東西線 山科駅より徒歩10分(駐車場あり)

◆集合場所 1. 直接会場 13時30分
        2. JR・地下鉄東西線 山科駅改札 13時15分

◆参加費 1,000円

◆募集人数 15名(見えない人も見えにくい人も、見える人も)

◆あれば持って来てください。あなたが、関心を寄せている硬い物


◆申し込み/問い合わせ
「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで
1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 
4.同伴者の有無 5.集合場所をお知らせください。

◆携帯番号 
08053527005
(留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)

◆メールアドレス:
museum_access_view@yahoo.co.jp
(受付後、折り返し確認メールを送ります)

◆会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地図」はこちら
http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_5.html

続きを読む "フロッタージュで触ったものを絵にしよう"

|

『コラージュしよう〜2012年宇宙の旅〜』

創作ワークショップ第22弾

『コラージュしよう〜2012年宇宙の旅〜』

日時:2012年5月20日(日)13時30分〜 17時00分

5月21日は「金環日食」が見られる日。その後6月と8月にも他の
珍しい天文現象が見られるという今年は”天文ゴールデンイヤー”です。
そこで、今回のビューの創作ワークショップは「宇宙」をテーマに制
作していこうと思います。誰も遠い宇宙には行ったことがありません
が…だからこそ!みんなで想像の翼を使い、宇宙旅行したつもりにな
って、どこかにあるかも知れない「とある星」を描いてみませんか?
宇宙は無限なほどに広いですが、想像力だって広大です。どんな、星
に出会うのか?さぁ、宇宙の旅の始まりです。
 今回はコラージュという技法に焦点をあてます。コラージュは「糊
付け」を意味する言葉です。
画面に写真や新聞の切り抜き、パッケージや雑多な物体など貼付けて、
造形していきます。難しく考えないで、好きな写真や物を自分の絵の
中に入れ込んでみようというもの。
 「とある星」の意外な様子をコラージュしてみましょう☆

◆講師   鈴木ともこ

◆日時   2012年5月20日(日) 13時30分〜17時00分

◆場所   京都市山科身体障害者福祉会館 1階会議室
      〒607-8086 京都市山科区竹鼻四丁野町34-1
      TEL 075-591-8821

◆行き方  JR・京阪・地下鉄東西線 山科駅より徒歩10分
(駐車場あり)

◆集合場所 1. 直接会場 13時30分
2. JR・地下鉄東西線 山科駅改札 13時15分

◆参加費  500円

◆募集人数 見えない人・見えにくい人 5名
      見える人         10名

◆持ち物  自分が関心を寄せている物、事柄にまつわる写真や雑誌・
新聞。商品パッケージ、木片や布などでもOKです。一人数点お持ち下
さい。(いずれも、糊付け可能なものでお願いします。) 

 *今回のワークショップは見えない人・見えにくい人・見える人共に
コラボレーションの形で制作します。みなさん、持ち物をご用意下さい。

◆当日のスケジュール
13:30 受付
13:40 自己紹介/グループ分け
14:00 コラージュってどんなもの?
作品鑑賞
14:30 宇宙の「とある星」を想像しよう
グループで話し合い
15:00 休憩
15:10 想像した宇宙をコラージュで描こう
    制作
16:20 鑑賞と振り返り

---

◆申し込み/問い合わせ
「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで
1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 4.同伴者 の有無 5.集合場所を
お知らせください。
◆携帯番号 080-5352-7005
(留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)
◆メールアドレス:museum_access_view@yahoo.co.jp
(受付後、折り返し確認メールを送ります)
◆会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地図」はこちら
http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_5.html

以上 案内終わり

| | コメント (0)

さわり言葉で絵を読み、物語を作ろう!

創作ワークショップ第20弾
さわり言葉で絵を読み、物語を作ろう!
日時: 2011年6月5日(日) 午後1時30分〜5時

見えないぼくは、当然指先が敏感になっていて点字なんかも読めたり
するわけです。だからと言って感性豊かなさわり心地を持っていると
は限りません。指先からどんな感覚が伝わってくるか、それをうまく
言葉にできるとうれしくなると思います。

さわったものを表現する言葉は、たくさんあります。「さらさら」
「ざらざら」「ぬるぬる」「ごつごつ」などさわり心地と共に気持ち
も動いていろんな記憶もよみがえって来ます。見える人も見えない人
も、さわり心地だけで楽しむプログラムです。

まずは、絵をさわり言葉で表現してみましょう。
次に、さわり言葉を組み合わせて、思い出に残っている情景や物語を
表現してみましょう。

◆講師  光島貴之

◆日時 2011年6月5日(日) 午後1時
30分〜5時

◆場所 京都市山科身体障害者福祉会館 1階会議室
    〒607-8086 京都市山科区竹鼻四丁野町34-1

◆行き方 JR/京阪/地下鉄東西線 山科駅より徒歩
     10分(駐車場あり)

◆集合場所  1.直接会場(1時30分)
       2.JR山科駅改札(1時15分)

◆参加費 500円

◆募集 25名(見えない人/見えにくい人/見える人)
    ※定員になり次第締め切らせて頂きます。

◆当日のスケジュール
13:30 受付
13:40 自己紹介/グループ分け
14:00 いろんな素材の触り心地を確かめる。
    触って気持ちいいもの、悪いもの、思い出す感覚や記憶。
14:30 絵を言葉で鑑賞しながら、さわり言葉に置き換えたり、
   サンプルピース(さわり言葉の素材)で絵のイメージを
   膨らませる
15:00 休憩
15:15 サンプルピースで、記憶に残っている情景や物語を作る
15:40 鑑賞と振り返り

----------------------------------------------

◆申し込み/問い合わせ
「ミュージアム・アクセス・ビュー/阿部」まで
1.お名前 2.連絡先 3.障害の有無 4.同伴者の有無
 (同伴者の参加の有無) 5.集合場所をお知らせください。
◆携帯番号 080-5352-7005
(留守電の場合はこちらから連絡します。当日の緊急連絡もこの番号へ)
◆メールアドレス:
 museum_access_view@yahoo.co.jp
 (受付後、折り返し確認メールを送ります)
◆会場までの「文字によるアクセスマップ」と「地図」はこちら
(2003年作成)
 http://www.nextftp.com/museum-access-view/map_5.html

| | コメント (0)

「お話しながら絵を描くコラボ銅版画」のご案内

♪みなさん、こんばんは。
ビューの阿部です。
とても寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
昨年に引き続き今年も銅版画のワークショップをすることにしました。
見えない人、見えにくい人にとって銅版画は描きやすい素材だとわかりました。
初めての方も安心してご参加ください。もちろん見える人もお待ちしています!

typhoon見える人の募集は定員になり締め切りました。ありがとうございました。

以下案内。

---

創作ワークショップ第19弾
「お話しながら絵を描くコラボ銅版画」

◆日時  2011年2月13日(日) 午後1時30分〜5時

◆講師  岸中延年(版画工房ENNEN FACTORY主宰)

◆場所  版画工房ENNEN FACTORY
     〒606-0916 京都市左京区松ヶ崎三反長町16
TEL 075-781-4228

続きを読む "「お話しながら絵を描くコラボ銅版画」のご案内"

| | コメント (0)

「朗読~物語からうまれる絵画のせかい~」のご案内

創作ワークショップ第18弾 「朗読~物語からうまれる絵画のせかい~」

  2010年8月29日(日) 午後1時30分~5時

今回は、物語の朗読を聞いて、感じたこと考えたことを絵に描いてみたいと思います。
物語から思うことは人それぞれに違うことでしょう。
どんな情景を思い浮かべたのか、どんな記憶と混ざり合ったのか…
そんなことを話し合いながら出て来る色や形を描いていきます。
言葉では上手く言えない部分を絵で表現したり、悩みながらも筆を動かしている内に、
次第に物語を深く味わうことがあるかも知れない。
物語との出会いと一緒に集まった人との言葉からうまれてくるものを楽しんでみましょう。
朗読は朗読家の方をお迎えしています。イマジネーションは更なる広がりを…!

♦講師    鈴木ともこ(ミュージアム・アクセス・ビュー)

♦朗読    馬場精子さん(プロフィール後述)

♦日時    2010年8月29日(日) 午後1時30分~5時

♦場所    京都市山科身体障害者福祉会館 1階食堂 
       〒607-8086 京都市山科区竹鼻四丁野町34-1
       TEL 075-591-8821

続きを読む "「朗読~物語からうまれる絵画のせかい~」のご案内"

| | コメント (0)

食べて、触って、色を感じるワークショップのご案内

アートは苦手、わからないという、見える人/見えない人/見えにくい人も対象に楽しめるプログラムでお送りします! 表現することで自分の世界がちょこっと広がります。もちろん、アートが大好きな人も大歓迎です。

--以下案内--転送歓迎


お絵描きワークショップ第17弾
 「食べて、触って、色を感じる」

2010年6月20日(日) 午後1時30分〜5時

今回のテーマは、食べること、触ることを通して色を感じることです。
形や、手触りや味覚から色が感じられるのだろうか。そんな疑問に答えを出してみたいという光島の新しい試みです。
どんなモチーフを持ち寄ってもらえるか? それぞれの感性を伝え合うことができるか?
参加者の想像力を最大限に発揮して、色を感じ、おもしろい形や物語をコラボレーションしましょう。
今回は、見える方もサポーターではなく、一人の参加者として一緒に制作してもらいます。

◆講師  光島貴之

◆日時  2010年6月20日(日) 午後1時30分〜5時

続きを読む "食べて、触って、色を感じるワークショップのご案内"

| | コメント (0)

銅版画で楽しむ のお知らせ

寒いですね。まだまだ寒い待った中、しかもバレンタイン!、ビューは銅版画のワークショップをします。今回は人数に制限があるので、興味の或る方はお早めに!

typhoon見えない人/見えにくい人の申込みは締め切らせて頂きました。
申込みありがとうございます!

-------
お絵描きワークショップ第16弾
「引っかいて、インクのせて、さぁプレス!〜銅版画で楽しむ〜」

◆日時  2010年2月14日(日) 午後1時30分〜5時

◆講師  岸中延年(版画工房ENNEN FACTORY主宰)

続きを読む "銅版画で楽しむ のお知らせ"

| | コメント (0)

「まる・さんかく・しかく で私をえがく」ご案内

今回は、何がなんでも抽象画を描いてもらう、内容です(笑)
美術館には抽象画の作品がいっぱい。それじゃぁ今度は自分が
抽象画にチャレンジしてみましょう。
逆に抽象画しか描けない人も改めて抽象画ってなんだろう、とむき合って下さい。
描く形は、まるとさんかくとしかくだけです!

見える方のサポーターも募集しています!

--------以下案内

お絵描きワークショップ第15弾
「まる・さんかく・しかく で私をえがく」

◆日時  2009年8月30日(日) 午後1時30分〜5時

◆講師  鈴木ともこ(アトリエ・サジ主宰)

続きを読む "「まる・さんかく・しかく で私をえがく」ご案内"

| | コメント (0)