「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!」(報告)

2013年10月6日(日)14時~17時
大山崎ふるさとセンター 3階ホールで行なわれたダンス&ピープルとビューの共同企画「他者理解を楽しむワークショップシリーズ その2」の報告です。

     ミュージアム・アクセス・ビュー・阿部こずえ

10月とは思えない、とても暑い日。大山崎ふるさとセンターに見えない人、見えにくい人を含め15名の参加者が集まってきました。3人1組のグループになります。紐の先に音の鳴るものをつけ、それを見えない人、見えにくい人に投げて、キャッチしてもらいます。紐をたぐりよせる形で3人が集まり、自己紹介をしました。

前半の講師は、ミュージアム・アクセス・ビューから光島貴之さん。全盲のアーティストです。今回、絵を描く
キャンバスは、みんながいる部屋全体です。床、大きな窓ガラス、2本の柱、扉・・
・。テーマは1つ、思いっきりラインを描くということ。素材は、弱粘の養生テープで、6色あります。好きな色を選んで、ふんだんに線を描いてもらいました。グループによっては、「アミューズメントパーク」「人の顔」など具体的なテーマがあったところも。

ただ貼るだけでなく、テープの面にわざとシワをよせて貼っていったところや、窓から床にかけて空中を遮るように大胆に貼っていったところ、色を何色か使い分けていたところ、10~15分ですが、一気にみんなのエネルギーが飛び出したようでした。

身体を十分に動かしたところで、次は大きなオブジェづくり。新聞や段ボール、クッション材、ロープ、ネットや布などをくっつけていきます。あっという間に5つの不思議なオブジェができました。箱の中になにやらいろんな「哲学」を詰め込んだもの、長い段ボールをうまく利用してできたキリン、いろんな手触りのものをはりつ
けた塔、そしてこの塔からロープがのび空間が区切られました、また大きなこたつ?のような、チューブや紐が飛び出して、中に何があるのか想像が広がるもの。

もっとも印象的だったのは、人ごとオブジェです! 底の抜けた段ボールに人が入り、段ボールにも人にもかわいい装飾がついて、そして動き回れるオブジェでした。
そうして、空間にたくさんのカラフルなラインと不思議なオブジェで、舞台装置が出来上がりました。

後半の講師は、ダンス&ピープルから、ダンサーの黒子沙菜恵さんと伴戸千雅子さんです。まずは、光島さんはじめ数人が、言葉で出来上がったオブジェの鑑賞を始めました。
「これは洗濯物かな?」
「こんなところに塔みたいなのがあるな」
「この手触りは・・・曜日で例えるなら、金曜日の夜みたいな・・」
「わぁ!何この手触り、気持ち悪い!」
「未来の末期病院人間」
などなど。その様子を見て、みんな触りたくてうずうず、一斉に動き始めました。

見える人も多くは目をつむって、床のたくさんのラインをたどって、移動したり、オブジェに近づきます。オブジェを触っているうちに、人にも出会って、触って、また手だけでなく、足や顔や肘やいろんなところで触って、ねそべったり、はいつくばったりして、動きます。

「手で鑑賞している人を触って鑑賞しよう!」という指示で、一人一人の動きから、いくつかの団子状態になっての動きに変化していきました。誰もが、集中はしているけれど、顔がとても穏やかなのが印象的でした。安心してとても気持ちのいいところをゆったりゆったり探検し、人と出会ってもオブジェと出会っても、動きつづけている。動くこと、触ることが、とても自然に、そして身体の赴くままに、踊るという行為につながり、とても満たされた空気が流れていました。

盛りだくさんの内容で、あっという間の時間でした。もっと踊りたい、動きたい人もいたかも?また、機会があればぜひ、創作とダンスのコラボレーションをしましょう!ご参加いただいたみなさん、お誘いいただいたダン
ス&ピープルのみなさん、どうもありがとうございました!

|

アニメーション完成作品

創作ワークショップ『アニメーションを作ろう!〜香り&匂いでshort story〜』
2011年10月30日

5チームのアニメーション作品です。アニメの第2弾は、香りや匂いからイメージしたので、今回は再生しても、無音です。見えない方、見えにくい方、わかりにくくてすみませんが、30秒ぐらいの動画が再生されているはずです。
アニメーションの下にそのチームの匂いの素材とコメントがあります。再生の仕方などわからない場合はコメントください。

以下アニメーション作品

●《光島チーム》「香りの行方」

匂いの素材:材木・カシス

香りや匂いは、広がりながら消えて行きます。
年輪と香りの実が、画面に現われ、それらは、外側に向かって
広がって行きます。
画面からはみ出してすべてが消えた後、たった一つの実が現われます。

ーーーーー
●《茨木の風太郎チーム》「モグラとシナモンケーキ」

匂いの素材:枯れ葉・シナモン

枯葉が積もった秋色の公園。枯葉の下からはモグラが顔を
のぞかせています。女の子がシナモンケーキを手に
ブランコにのって遊んでいるとブランコの勢いあまって、
シナモンケーキがフォークの先から飛んでいってしまいました。
それと同時に女の子の姿が消えて...
モグラはしっかりケーキをキャッチ!ごちそうさま。

ーーーーー
●《とのたチーム》「フレグランスパーティー」

匂いの素材:ユリの花・コーヒー

とある部屋の中
コーヒーカップからは深い珈琲の香り
花瓶に挿した花からは優しい香りも流れてきて...
2つの香りは手を取りあって
テーブルの上で輪になってダンスを始めます。
美しい音楽も流れて、楽しいパーティーが続きますが
やがて1つ、2つと花が散り始め、
すべての花が散った時、香りもサッと姿を消します。
あとに残るのは、窓辺で寄り添う2つの残り香...

ーーーーー
●《山川チーム》「日曜日の午後」

匂いの素材:オレンジ・バニラエッセンス

日曜日の午後、落ち着いた雰囲気の昔ながらの喫茶店の木製チェア。
オレンジの浮かんだアイスティーを飲みながら、思いにふける彼女。
すると携帯電話に着信が。「○○君からのめーるやわ。」
間もなく彼もドアを開けて入ってくる。
弾む会話、コーヒーにおかわり。
やがて彼と彼女のことばは溶け合い重なり合っていく。

ーーーーー
●《たぬこチーム》「お茶目な動物と種」

匂いの素材:ギンナン・お香

大きなイチョウの樹からギンナンが落ちてきました。
そこへ散歩に来た犬が「おいしそう!」とギンナンを食べると...
あまりの匂いにびっくり!思わず吐いてしまいました。
逃げ帰った犬の後には鳥が飛んで来て、ギンナンを食べますが、今度は鳥のフンとなって地面に落ちて...
フンの中にあった種から芽が出て次第に花が咲きました。

| | コメント (0)

アニメーションWS終りました。

アニメーション作りのワークショップ終りました。
いい香りや、顔をしかめたくなるような匂いなど10種類用意して、そのうち2種類をグループでくじで選んでもらい、そこからイメージする短いお話、本当に短くて30秒〜1分のアニメに仕上げました。時間もないくて、でもアイデアがぽんぽん飛び出したりしてすごい集中力で時間が過ぎました。
出来上がったアニメーションは、近日中に見てもらえるようにアップします。お楽しみに。


383531_184120231671176_1000021960_3

ワークショップ報告 | | コメント (3)

朗読〜物語から生まれる世界 終わりました。

朗読〜物語から生まれる世界が終わりました。

朗読は、ミヒャエル・エンデの「鏡のなかの鏡ー迷宮」からのある一章を朗読家の馬場精子さんに読んでいただき、その物語を描くというワークショップでした。
約10分。朗読の力はすごい。最初の一言目で、一気に物語の世界にどぶーんと入りこみました。すこし不思議で意味深な物語は、解釈がいろいろできました。自分の心の残ったことをそれぞれのグループ内で相談し一枚の絵を描きます。5グループの絵ができあがってみると、全く違う世界が生まれていて、とても愉快でした。詳しくはHPに報告します。しばしお待ちください〜。講師の鈴木さん、ゲストの馬場さんどうもすてきな時間をありがとうございました。暑い中、参加していただいたみなさんもありがとうございました。

出来上がった作品は、5組中3組がだれもいらないと言って置いて帰られました。なんでだろう。木のパネルだったからかな。

| | コメント (8)

食べて、触って、色を感じるワークショップの報告

食べて、触って、色を感じるワークショップが終わりました。
食べたり、触ったりして色を感じるのは難しいかも?とおもいましたが、意外とイメージが浮かんでいました。また今回は、見える人と見えない人が一緒に制作するということで、それぞれのアイデアをぶつけながらの制作は、なかなかスムーズに楽しめた様子でした!
また詳しくはHPにアップします!

| | コメント (0)

銅版画のワークショップを終わりました

2月14日(日)銅版画のワークショップが終わりました。
見えない人/見えにくい人の参加者5名。
見える人5名、スタッフ6名でした。
講師の岸中延年さんの素敵なアトリエにおじゃましての制作。
銅版画という素材は、線が細すぎて、難しいのでは?という予想は外れ、見えない人、見えにくい人は、自分のひっかいた線を確かめられるということが大きかったようで、作業の手助けはほとんどいりませんでした。インクまみれになって、あちゃーとなる人も出ずに、ほっとしました。刷りの工程もしっかり体験してもらい、それぞれの個性が刻まれ、しみ込んだ素敵な作品が5点で出着上がりました。鑑賞もじっくり行いました。銅版画ならではの、線のラインやインクの感じなど、どう伝わったでしょうか?またまた参加者の感想を聞いてみて、写真と一緒にHPでアップします!

| | コメント (2)

アニメを作ろう!終わりました。

アニメのワークショップが終わりました。
見えない人/見えにくい人にまさかのアニメーション。
アニメーションの仕組みを理解してもらえるか、楽しんでもらえるか、作った映像にリアルな感覚は得られるのか、と不安いっぱいの無謀な挑戦でしたが、講師の山田千愛さんの完ぺきな下準備と、いろんな方に助けられて、無事に終わりました。いやいや、無事どころか、すばらしい作品が出来上がってびっくり大成功です。参加者のみなさんのセンスに脱帽。そしてサポーターさんやアドバイザーさんたちのチームワークもすばらしかった!
地味な努力の末、生まれた10〜20秒のアニメーション作品は、もう少ししたら、報告とともにHPにアップしたいと思います!
みなさん、お疲れ様でした。

P.S. ブルーの透明の持ち手のはさみをなくした方、お預かりしていますのでご連絡ください。

| | コメント (0)

女子美のワークショップが終わりました

PhotoPhoto_2

2009年5月1日、神奈川県の女子美術大学芸術学科「ユニバーサルアート研究」の授業で、学生約50名と、神奈川在住の見えない人/見えにくい人(他府県の方もいらっしゃいました)との、出張創作ワークショップ「音の街・さわる街・見る街」をしてきました。学生50名・・・多い!!

ビューとしては、創作ワークショップの出張も初めてでしたが、50名を対象というのも初めての試みでした。関心のある外部の人や、他の学科の学生、教授などもオブザーバー参加されていました。
緊張と熱気の中、無事終わりました。

続きを読む "女子美のワークショップが終わりました"

| | コメント (0)

布のワークショップ終わりました

25日の布のワークショップ終わりました。
いや〜、ホッチキスで服。けっこう作れるものですね〜。びっくりしました!

細部までこだわり、かっちょいい服を作られた方、
海のような爽やかなテーマで作られた方、
そんなにいいですか?、と半信半疑でみんなに披露されていた方、
もしかして変身願望の表れ? 高貴なエリザベス調の服を作られた方、
一番のこだわり、しかしそれを隠して見えないおしゃれで服を作られた方、

ぱっちんぱっちんと、あまりにも手軽なもので、出来上がった服は、自分の世界観が思いっきり織り込まれた作品でした。布の手触りの違いを楽しんでもらえたいいかなぁ、なんて企画前に考えていた自分がみみっちく思えた程・・。恐れ入りました!

また、おいおいHPに参加者の豹変ぶりを報告してもらいます!


Img_0211
←誰?
Img_0210特別ちびっこも参戦、かわいい服!

| | コメント (4)

えのぐで遊ぶ/色で遊ぶ2終わりました

あぁ、面白かった〜。タイトル通り、えのぐで遊びましたね!
畳4枚分ぐらいの大きな紙に、描いたのは海の色。
手と足と使ってぬるぬるとのばし、人にぶつかり、色もまざりあい、
さらに珊瑚やイカや波や灯台の明かりが描き込まれ、巨大な海が完成。
休憩のあと、今度は一人ずつ、さっき完成した巨大な海をちょきちょき切り、
それぞれの思う「貝殻」のカタチを作り出し、台紙に貼付けました。
海いろのユニークな貝の絵に、タイトルをつけて完成です。

今回、面白かったのは、他の人の作品をじっくり触って鑑賞したこと。
自分が作ったのと比較し、また刺激を受けたようです。

絵の具まみれで参加したみなさんお疲れ様でした!
裏方スタッフもお疲れ様〜!
F1000326

| | コメント (3)